ベトナムで使えるWiFi事情・レンタル情報

ベトナムで使えるWiFi事情・レンタル情報

ベトナム ハロン湾

海外のデータ通信料は日本と比較して高額なので、海外に行くのであれば海外パケ放題への加入、もしくはWiFiを準備しておく必要があります。しかし、ベトナムに関しては知る人ぞ知るWiFi天国なので、その必要はありません。

ベトナムの方にとっては、街中でWiFiが使用できるのは当然のことといえます。なぜなら、カフェやレストラン、ホテル、スーパー、空港などさまざまなお店にWiFiサービスが導入されており、IDとパスワードを入力すれば無料で使うことができるためです。WiFiによってはパスワードが不要で、こういった場所には日々多くの方が立ち寄っています。

こうした背景から、ベトナムでは国民のスマホ利用率が急速に高まっています。パソコン代わりにスマホを使ったり、テレビ電話やオンラインゲームを楽しんだりと、さまざまな用途でスマホが使われています。必ずしもすべての家庭にネット回線が引かれているわけではないので、カフェやレストラン、スーパーなどのフリーWiFiを活用してスマホを楽しむ方もいます。

フリーWiFiでも速度が早い

ベトナムで広く普及しているフリーWiFiに対し、「インターネットの接続スピードが遅い」というイメージを持っている方は多いのではないでしょうか。場所やWiFiを使用する人の数により差はありますが、一般的にベトナムのインターネットの接続スピードは、東南アジアの国々で最速といわれています。そのため、旅行中もストレスなくインターネットやSNSなどのサービスを楽しむことができます。

WiFi環境が非常に充実しているベトナムですが、食堂や屋台に関してはWiFi環境が整っていない場合があります。そのため、めずらしい料理を写真に撮り、LINEやSNSで知人に共有するなどの楽しみ方ができない可能性があるのです。そのため、「場所を問わずWiFiを使用したい」という方にはレンタルWiFiをおすすめします。

レンタルWiFiを取り扱うレンタル会社はいくつかあります。レンタル会社により選択できるプランや料金、アフターサービスの内容などが異なるので、しっかりと比較した上で決めましょう。

ベトナムでフリーWiFiを使える場所

ベトナムの町並み

前述した通り、ベトナムにはフリーWiFiを使える場所が数多くあります。基本的にフリーWiFiが引かれているのは屋内ですが、屋外がWiFiポイントになっている場合もあります。そこで、ベトナムにあるフリーWiFiスポットをご紹介します。

ホテル

ゲストハウス、ミニホテル、5つ星のホテルなど、基本的にはどのホテルにもWiFiが引かれています。接続スピードが速く、フロアごとにルーターが設置されているホテルであれば、よりスピーディにインターネットを楽しめます。ベッドでくつろぎながら、ブログやFacebookなどの更新を済ませてしまいましょう。

飲食店

ベトナムにあるカフェやレストランの99%は、WiFi環境が整えられています。これは、WiFiの有無を基準にお店選びをするベトナム人が多く、他店に負けないためWiFiの設置が必要不可欠と考える店舗が多いためです。インターネットの接続スピードは飲食店により差があります。スタッフからパスワードをもらい、料理が運ばれてくる間にゆっくり旅行プランを立てるとよいでしょう。

イベント会場

ベトナムでは、年間を通して数々のイベントが開催されています。サーフィン大会やコーヒーフェスティバル、マラソン大会、ランタン祭りなど参加型のイベントも多くあり、タイミングが合えば旅行中に楽しむことができます。大規模なイベントの場合、屋外でもWiFiポイントが設置されることがあります。ただし、多くの人が使用するため接続スピードはあまり期待できません。イベントの様子を日本にいる知人にリアルタイムで共有したいという方は、レンタルWiFiを持っておきましょう。

空港

ベトナム空港のWiFiにはパスワードがないため、手元のスマホで設定すれば気軽にインターネットを利用できます。ただし、空港のフリーWiFiは接続スピードが非常に遅いといわれています。空港からホテルまでの場所をマップで調べたり、日本にいる家族へ帰省の連絡を入れたりする際など、接続が遅くてストレスを感じることがあるので、心配な方はレンタルWiFiの使用がおすすめです。もしくは、空港内にあるお店を利用し、お店ごとに設置されているWiFiを使用するのも、ひとつの方法です。

このように、ベトナムの至る所でフリーWiFiを使用することができます。一見すると「これだけ充実していれば、レンタルWiFiは必要ない」と感じる方もいるかもしれません。レンタルWiFiを使用するか否かは個人の自由ですが、フリーWiFiのみを使用するのであれば、フリーWiFiのデメリットをきちんと把握しておく必要があります。

フリーWiFiのデメリット

安全性が低い

フリーWiFiの多くはセキュリティが甘く、自身のスマホの情報が外部に漏洩する怖れがあります。クレジットカード情報や口座番号、SNSアカウントのパスワードなど大切な個人情報が盗まれてしまうと、重大なトラブルにもなり得ます。その点、個人で使用するレンタルWiFiはセキュリティ面が万全で、安心して使用することが可能です。

接続スピードが遅い

何度か前述している通り、フリーWiFiは使用する人が多いほど接続に時間がかかります。ベトナムのフリーWiFiの接続スピードは東南アジア最速といわれていますが、空港の搭乗口や待合ベンチ、多くの人が集うイベント会場などは電波が弱く、ほとんど使用できないと考えられます。接続を待つ間にバスに乗り遅れ、スケジュールが狂ってしまうということがないよう、レンタルWiFiのルーターを持ち歩くようにしましょう。

時間制限が設けられている場合がある

フリーWiFiによっては、使用できる時間が決められています。例えば、スターバックスなどのカフェが該当します。終了時間になった瞬間にWiFi接続専用ページにスキップするため、調べ物や動画視聴、SNS更新も途中でストップされることになります。こういった制限を煩わしいと感じる方は、やはりレンタルWiFiの使用がおすすめです。

レンタルWiFiであれば、上記のようなストレスを感じることなく、安心してインターネットを楽しめます。

ベトナムで使えるレンタルWiFi比較

レンタルWiFiは、海外用のルーターをレンタルすることで、常に快適なインターネット環境が手に入るサービスです。レンタルWiFiがあれば、ベトナムの食堂や屋台でもLINEやSNSを利用することができます。また、レンタルWiFiがあれば、GoogleマップやGmailといったGoogleサービスも利用可能です。ビジネスでベトナムまで来ている方の場合、旅行中にGmailやGoogleドライブを確認できないことで重大なトラブルにつながる怖れがあります。こうしたトラブルを未然に防ぐためにも、レンタルWiFiはなるべくレンタルしておくべきといえます。なお、レンタルWiFiはひとつで複数人による使用も可能です。そのため、グループで使用すればレンタル費用を抑えることができます。

1日あたりの料金

  通常プラン 大容量プラン 大容量以上
イモトのWiFi 【3G】980円
グローバルWiFi 【3G】670円 【3G】970円
テレコムスクエア 【3G】390円 【3G】690円 なし
JALエービーシー 【4G-LTE】1,150円 なし なし
エクスモバイル 【3G】550円 なし なし
フォートラベル 【3G】670円 【3G】970円
ジャパエモ

受取り・返却の手数料について

空港受取り手数料 宅配受取り手数料 宅配返却の送料
イモトのWiFi 500円 500円 送料自己負担
グローバルWiFi 500円 500円 送料自己負担
テレコムスクエア 540円 無料 送料自己負担
JALエービーシー 無料 750円 送料自己負担
エクスモバイル 1,080円 540円 360円(レターパック利用)
フォートラベル 500円 500円 送料自己負担
ジャパエモ なし

ベトナムに対応している周遊プラン

周遊プラン料金
イモトのWiFi アジア周遊プラン
1,280円

世界周遊プラン
1,580円
グローバルWiFi アジア周遊プラン
3G-LTE・500MB 1,780円
4G-LTE・1GB 1,880円

世界周遊プラン
2,180円
テレコムスクエア アジア周遊Wi-Ho!3G 980円
アジア周遊Wi-Ho!4G 1,280円

世界周遊Wi-Ho!Lite 3G 1,380円
世界周遊Wi-Ho!4G 1,980円
JALエービーシー 周遊プラン
1,990円
エクスモバイル アジア周遊プラン
通常(200MB)プラン:950円
大容量(500MB)プラン:1,250円

世界周遊WiFiプラン
通常(200MB)プラン:1,100円
大容量(500MB)プラン:1,450円
フォートラベル アジア周遊プラン
3G-LTE・500MB 1,780円
4G-LTE・1GB 1,880円

世界周遊プラン
2,180円
ジャパエモ なし

利用可能オプション・保障プランについて

  モバイルバッテリー 保障プラン その他オプション
イモトのWiFi エネループ 216円/日
エネスマート 270円/日
エネハイパー 388円/日
あんしんパックフル 324円/日
あんしんパック 216円/日
シガーソケット充電器 108円/日
3口電源タップ 194円/日
セルカレンズ 108円/日
中国VPN 324円/日
グローバルWiFi 216円/日 MAX 540円/日
フル 324円/日
ミニ 216円/日
カーチャージャー 216円/日
マルチ変換プラグ 54円/日
360°カメラ 1,080円/日
iPadレンタル 540円/日
テレコムスクエア 216円~324円/日 安心保障パック 216円/日 USBカーチャージャー 108円/日
セルカレンズ 108円/日
JALエービーシー 価格不明 安心保証料 210円 なし
エクスモバイル 500円/日 なし
フォートラベル 216円/日 MAX 540円/日
フル 324円/日
ミニ 216円/日
変換プラグ 400円/日
ジャパエモ 500円/日 2,000円 カーチャージャー 216円/日
マルチ変換プラグ 54円/日
360°カメラ 1,080円/日
iPadレンタル 540円/日

ベトナムで5日間レンタルした場合の料金比較

レンタル料金 補償料 受取手数料 合計費用
イモトのWiFi(3G) 980円×5日
=4900円
216円×5日
=1080円
500円保障あり 6480円
保障なし 5400円
グローバルWiFi(4G) 670円×5日
=3350円
216円×5日
=1080円
500円保障あり 4930円
保障なし 3850円
テレコムスクエア 390円×5日
=1950円
216円×5日
=1080円
540円保障あり 3570円
保障なし 2490円
JALエービーシー(4G) 1150円×5日
=5750円
210円×5日
=1050円
0円保障あり 6800円
保障なし 5750円
エクスモバイル/th> 550円×5日
=2750円
2,160円(受取・返却手数料) 保障なし 4,910円
フォートラベル(4G) 670円×5日
=3350円
216円×5日
=1080円
500円保障あり 4930円
保障なし 3850円
ジャパエモ

レンタルWiFiの受取場所

WiFiのレンタル業者の中には、現地での受取・返却を行っている業者も存在します。しかし、海外用WiFiの中でも人気のある「イモトのWiFi」や「グローバルWiFi」をはじめ、多くのレンタル業者は現地での受取・返却ができません。日本国内の主要空港や宅配・本社での受取になるので、旅行やビジネスなどでベトナムを訪れる際には、事前に確認・予約をしておきましょう。なお、レンタルには受取手数料や宅配費用などが含まれるため、レンタルする際にはそちらも併せて確認することが大切です。

変圧器・コンセントアダプタのレンタル

ベトナムの電圧は220Vで、コンセントアダプタはAタイプおよびCタイプです。Aタイプは日本と同じ形状で、Cタイプは丸い二本足をしています。ホテルなどのコンセントアダプタがAタイプであればそのまま使用できますが、ベトナムではCタイプの割合が高いので、Cタイプ用のコンセントアダプタを事前に準備することをおすすめします。加えて、変圧器は利用する電化製品の対応できる電圧によって必要かどうかが決まります。携帯やパソコン、WiFiの充電器がベトナムの電圧に耐えられる仕様なのか、前もって確認しましょう。なお、「海外でしか使わないものだから購入したくない」という方にはレンタルがおすすめです。

利用者の声

WiFi天国といわれるベトナムですが、フリーWiFiのセキュリティ面や接続スピードに不安を感じ、レンタルWiFiを使用する方も多くいます。調べ物やSNS更新の他、翻訳アプリや地図アプリを使って現地の人とコミュニケーションをとる際にもレンタルWiFiは重宝します。ここで、実際にレンタルWiFiを使った利用者の声をご紹介します。

boy

海外旅行に行くビジネスマンにとって必需品です

仕事で海外出張に行くことになり、初めて利用させてもらいました。いまいちよく分かっていなかったのですが、知人から話を聞き、出張中にGoogleが使えなくなると困るなと思ったので。知人は過去に現地のWiFiを使おうと思って失敗したらしいですが、私はレンタルWiFiがあったので人混みでもネットが軽かったです。さすがに大容量の資料を送るときは時間がかかりますが、普通に使う分には全く問題ありませんでした。次回はもっとプランにもこだわってみようと思います。

boy

どこにいてもネットが使えたので不便さはありませんでした

ホーチミンを旅行する際、レンタルWiFiを利用しました。どこにいても問題なく使えましたし、つながらないとかつながりにくいというトラブルはなかったです。通信速度とデータ量にも不満はないのですが、SNSやアプリなどネットをたくさん使うなら大容量プランがいいかもしれません。バッテリーのもちには多少不安があったので、持ち運びできる充電器を常に持ち歩いていました。ただ、つけっぱなしにせず、必要なときにだけ利用していたので、途中で充電切れになることはありませんでした。

boy

初めて使用しましたが、本当に持っていって正解でした

大学の同級生と休みを合わせてベトナムのホーチミンに旅行してきました!ホテルや飲食店で無料のWiFiが使えると聞いてはいましたが、観光場所によっては使えないところがあるかもしれないということで、レンタルWiFiを初めて利用することにしました。接続がとても速くて驚きました!ベンタイン市場で家族と友達へのおみやげを購入したのですが、その場で写真を撮ってLINEで本人にすぐ確認することができたので、みんなに無事に喜んでもらうことができました。あと、みんなで1台を使えるのもよかったです!

boy

2人で接続してもスムーズでした

友達と2人でダナンに旅行に行きました。レンタルWiFi1台を2人で使い、インターネットでおいしいベトナム料理のお店やショッピングが楽しめるスポットを検索しましたが、バッテリーが切れることもなく、さくさく使えたのでとても助かりました。ダナンからホイアンに移動するとき、ちょっとだけつながりにくいことがありましたが、その後は問題なく使えました。空港で受取と返却ができるのも魅力ですね。また海外旅行に行くときには利用させてもらおうと思います。

boy

モバイルバッテリーとレンタルWiFiで旅行中もサクサクでした

私は海外旅行が好きで、今回は夫と一緒に初のベトナム旅行をしました。何度も海外旅行をしているおかげで、必需品のリストアップも慣れたものです。ベトナム情報を調べていた夫からは、WiFiはいらなくない?と言われましたが、どうにか説得して無事に契約できました。結果、利用して大正解でした。夫が試しにフリーWiFiとレンタルWiFiを使い比べていましたが、やはりこっちのほうが断然使いやすい!とのことです。モバイルバッテリーがあれば本体の充電もラクラクなので、思いきり観光するなら絶対にモバイルバッテリーを一緒に持ち歩くのがおすすめです!

素朴な風景とおいしい食事!ベトナムの観光地

ダナンの海辺

ベトナムはおいしい食べ物がたくさんあるグルメな国です。生春巻きやフォーなど日本でも人気のグルメはもちろん、ベトナム風お好み焼き・バインセオなども観光客に人気です。加えて、ビーチリゾートやショッピングを楽しめる他、世界遺産巡りも満喫できます。

さまざまな楽しみ方ができるベトナムから、人気の高い観光地をご紹介します。

都心

ダナン

ダナンは、世界中で注目されている観光都市のひとつです。リンウン寺と五行寺の他、北には歴史的遺跡が残る古都・フエ、南には日本人街もあったとされる港町・ホイアンがあります。ダナンを中心にさまざまな観光地を巡ることができるので、5日間ほどの日程で旅行を計画している方にはおすすめの都市です。さらに、ダナンの最大の魅力に夜景があります。ハン川に沿って歩けば、色とりどりのネオンに輝く5つの橋を見ることができます。なお、レンタルWiFiを持ち歩けば、ダナンのおすすめスポットをすぐに調べられる他、翻訳アプリを使用して現地の人とコミュニケーションをとることも可能です。

ハノイ旧市街

ハノイ旧市街は、ベトナムらしさを感じられる人気の観光地です。レストランやカフェなどはもちろん、貴金属店や服屋、靴屋や下着屋など、さまざまなお店が集まる通りがあり、ショッピングやグルメを楽しめます。複数のお店があるため、伝統工芸品を扱うお店を探したり、人気のレストラン情報を探したりと、インターネットを活用する機会も増えるはずです。レンタルWiFiを活用すれば、いつでも知りたい情報をスピーディに検索できます。

ドンコイ通り

ホーチミン市の中心に位置しているドンコイ通りは、観光スポットとして人気です。ショッピングが楽しめるお店はもちろん、ベトナム料理を堪能できるレストランなども数多く立ち並んでいます。
夜になるとまた違った雰囲気が楽しめるため、ゆっくりと歩いているだけでも楽しめるはずです。

アウトドア

ニャチャン

ニャチャンは、美しい砂浜とヤシの木が約7kmも続く、ベトナム屈指のビーチリゾートです。ゆっくりとリゾート気分を味わいたい方におすすめです。ベトナム人観光客はもとより、世界中から外国人観光客が訪れるニャチャンではレンタルWiFiが大活躍します。翻訳アプリなどを活用し、コミュニケーションを図ってみてはいかがでしょうか。

バムサット

ホーチミン市中心部から近いバムサットにはマングローブ林があり、ジャングルツアーを楽しむことができます。猿を見たり、ワニ釣りを楽しんだりと、ドキドキのアクティビティを満喫できます。フェリーで川を渡るので移動中も退屈することはありません。なお、都心から近いのでレンタルWiFiも問題なく接続できます。SNSに写真をアップしたり、友達や家族にLINEしたりと感動をすぐに共有できます。

フーコック島&コンダオ島

この2つの島は、たくさんの自然が残るベトナムの楽園ともいえる島です。清々しい空気と透き通った海、息を飲むほどに美しいサンセットは、見る人をとりこにする魅力であふれています。黒こしょうとヌックマム(魚醤)の産地としても知られており、工場見学も楽しめます。

世界遺産

ハロン湾

海面から奇岩が突出した、幻想的な風景が広がっているハロン湾は、まるで山水画のように美しい観光地です。3,000もの巨石や奇岩が並ぶ様子は圧倒的で、龍の親子が吐いた宝石だという伝承も残されているほどです。また、湾内にあるカットバ島は景勝地として人気が高く、国立公園にも指定されるほど豊かな自然が残されています。

ミーソン聖域

古代チャンパ王国のヒンドゥー教文化が残るミーソン聖域は、7~13世紀の遺構が残されている歴史深い世界遺産です。レンガで作られた塔をはじめ、多数の遺跡が残されており、その建築技術の高さに驚かされます。ベトナムを訪れる際には、ぜひ立ち寄りたい観光地です。

ホイアン

ホイアンは、かつて日本人街があったとされる古きよき港町です。旧市街には木造家屋が立ち並び、趣のある街並みを堪能できます。また、ホイアンでは夕暮れ時になると道端に色とりどりのランタンが飾られます。そのランタンにより、アンホイ橋周辺には言葉を失うほどに幻想的な景色が広がります。さらに、ホイアンには欧米の観光客から大人気のクアダイビーチがあります。独特の趣がある港町とはまた違った表情を楽しめます。この他、日本人が作ったとされる来遠橋も見どころのひとつです。

これらの他にも、ベトナムにはたくさんの観光スポットがあります。そのため、現地で交通機関やルート、値段などをインターネットで調べる機会も多いはずです。公共のフリーWiFiだけでなく、レンタルWiFiも併せて活用することで、よりスムーズにベトナム旅行を楽しめます。

まとめ

ベトナムでは、フリーWiFiを使用できるのが当たり前といえるぐらいスポットが充実していますが、小さなお店や屋台などでは使えないことも多々あります。また、フリーWiFiはセキュリティ面にリスクがある他、回線がつながりにくいこともあります。その点、レンタルWiFiはいつでも安定してインターネットに接続できるので、スマートフォンやタブレット端末を日本にいるときと変わらず快適に使用できます。ストレスフリーにベトナム旅行を楽しむためにも、レンタルWiFiの活用をぜひご検討ください。

渡航国データ ベトナム

主な通信規格分布 3G回線 通貨 VND(ベトナムドン)
コンセントタイプ Aタイプ,Cタイプ 税率 10%
電圧・周波数 220V 50Hz 両替レート
※2017/7/20現在
VND=0.004円
日本(東京時間)との時差 -2時間 気温 最低気温21℃~最高気温35℃
東京成田からホーチミンまでの
フライト時間
6時間 気候 北部では四季があり、南部では熱帯性モンスーン気候。
成田出発日から到着日時例 7月20日10時30分→7月20日14時00分着
主な交通手段 飛行機/バス/バイクタクシー/タクシー/シクロ/路線バス