台湾wifi比較|海外で使える!Wi-Fiレンタル比較サイト

海外で使えるレンタルwifiを比較【台湾】

日本や中国などの様々な文化が融合した台湾は、パワースポットとしても知られる有名な寺院や日本統治時代につくられたレトロな建築物など見所が数多くあります。歴史資料として古い日本建築の写真を撮りに行くのも良いでしょう。台湾にはWi-Fiのフリーホットスポットが多くありますが、レンタルWi-Fiを使えばより安定した通信が可能です。パノラマ撮影したくなるような荘厳な建物や、活気があふれる夜市などの様子を高解像度写真に撮って、すぐにインスタなどのSNSで紹介することもできます。

Wi-Fi規格と利用可能範囲

台湾では4G-LTEが広く普及しており、多くの場所をカバーしており、台北などの主要観光地では高速通信でマップなどの表示もサクサクと快適に進めることができます。気になっていた占いスポットや、市場、観光地などを探すのもスマホの地図アプリやネットのマップ機能があれば簡単です。一方、主要な観光地以外の場所や郊外などに行く場合には3Gに対応しているルーターを選んでおくと安心です。「山間への旅行に3GのレンタルWi-Fiを利用してみたが、問題なく繋がっていた」などの利用者の声もあり、3Gタイプならより安定した通信が可能です。4G-LTE・3G対応の両方対応できる機種をレンタルしておくと、いつでも快適にネットを利用することができるでしょう。

台湾のWi-Fi環境

台湾は、街中ならレンタルWi-Fiなしでも無料接続が可能になっています。重要な取引やデイトレード、ネットバンキングの利用やネットショップでのクレジット支払いといったとくにセキュリティを重視する通信を旅行中に行なわないのであれば、そのまま街のWi-Fiを利用するのも良いでしょう。Taipei-Freeやi-taiwanといった無料Wi-Fiスポットサービスを利用することで、街中でも無料Wi-Fiが利用できます。日本語サイトもあるので日本で事前登録しておくと、台湾到着後から利用が可能です。ただし、繋がりにくい場所も多くあります。また、フリーホットスポットのため、回線の混雑も考えられます。快適に利用したい人や、セキュリティ面に注意したい人、登録エリア以外のスポットへの旅行を検討しているという人は、レンタルWi-Fiを持っておく方が便利でしょう。

台湾のWi-Fi事情についてはこちら

主に利用できる台湾のWi-Fiスポット

台湾は、多くの場所でインターネット環境が整備されており、ホテルやカフェなどでなら無料ホットスポットの利用ができます。さらに前述のTaipei-Freeやi-taiwanに登録することでMRT駅や夜市、公園、地下街、公共の郵便局や図書館などで無料ホットスポットが使えます。i-taiwanを登録しておくと馬祖、金門島などの離島まで利用ができますよ。場所によっては電波の弱さや、繋がりにくい場所も多いなどの問題点もありますが、旅行者にとって比較的アクセスしやすい環境といえるでしょう。ただし、現在高級ホテルのネット環境には有料のところが多くなり、逆にゲストハウスや安価なホテルのネットは無料になっているという逆転現象も起きているので、宿泊先のネット環境については事前に確認しておくことをおすすめします。

台湾のレンタルWi-Fi対応会社

グローバルWi-Fi・イモトのWi-Fi・テレコムスクエア・台湾データ・エクスモバイル・フォートラベル・ジャパエモ

レンタルWi-Fiの受取場所

現地対応
グローバルWi-Fi・フォートラベル
(それ以外は日本国内主要空港や宅配)
受渡手数料:540円(税込)
台北松山国際空港 受取返却可能
台北市内のみ ホテル配送のみ可能

変圧器・コンセントアダプタのレンタル

台湾の電圧は110V、周波数が60Hzです。コンセントの形状は、日本と同じAタイプが多く扱われています。ただし、場所によってはCタイプ・Oタイプなどの形状のコンセントになっている場合もあるので、念のためコンセントアダプタと変圧器は用意しておくことがオススメです。カフェなど充電が可能なところも結構あるので、旅行中の電池切れの心配は少ないでしょう。

海外携帯レンタル 詳細・ご予約
海外携帯レンタル 詳細・ご予約
  • イモトのWiFi
  • テレコムスクエア
  • JAL ABC
  • グローバルwifi
  • エクスモバイル

台湾(レンタルWi-Fi比較)

イモトのWiFi グローバルWiFi テレコムスクエア JALエービーシー エクスモバイル フォートラベル ジャパエモ ユーロデータbasic
取り扱い通信規格 3G回線
4G-LTE回線 
3G回線
4G-LTE回線 
3G回線 3G回線
4G-LTE回線 
4G-LTE回線  3G回線
4G-LTE回線 
4G-LTE回線  なし
モバイル通信速度 3G 1.4Mbps~7.2Mbps
※1
1.4Mbps~7.2Mbps
※1
1.4Mbps~7.2Mbps
※1
1.4Mbps~7.2Mbps
※1
- 1.4Mbps~7.2Mbps
※1
- なし
4G-LTE 25Mbps~75Mbps
※1
25Mbps~75Mbps
※1
- 25Mbps~75Mbps
※1
25Mbps~75Mbps
※1
25Mbps~75Mbps
※1
25Mbps~75Mbps
※1
ルーター1個あたりのレンタル価格 通常プラン 【3G】680円/日
【4G-LTE】1,280円/日
【3G】870円/日
【4G-LTE】1,170円/日
590円/日 【3G】1,150円/日
【4G-LTE】1,250円/日
750円/日 【3G】510円/日
【4G-LTE】740円/日
プランによる
※8日間3GBプランの場合
535円/日
-
大容量プラン 【3G】680円/日
【4G-LTE】1,280円/日
【3G】1,170円/日
【4G-LTE】1,370円/日
890円/日 なし 850円/日 【3G】510円/日
【4G-LTE】740円/日
-
大容量以上のプラン 【ギガプラン】
1,880円/日
※4G-LTEのみ
【超大容量プラン】
1,570円/日
※4G-LTEのみ
なし なし なし 【超大容量プラン】
1,340円/日
※4G-LTEのみ
-
利用可能データ容量 通常 400MB 250MB 250MB 無制限 300MB 250MB プランによる
※8日間3GBプランの場合
3GB
なし
大容量 500MB 500MB 500MB 500MB 500MB
大容量
以上
【ギガプラン】 1GB
※4G-LTEのみ
【超大容量プラン】
1GB 
- - 【超大容量プラン】
1GB 
通信制限データ量 通常 133MB/日 250MB/日 250MB/日 無制限 300MB/日 250MB/日 プランによる
※8日間3GBプランの場合
3GB/8日
なし
大容量 500MB/日 500MB/日 500MB/日 500MB/日 500MB/日
大容量
以上
【ギガプラン】1GB/日
※4G-LTEのみ
【超大容量プラン】
1GB/日
なし - 【超大容量プラン】
1GB/日
周遊プラン 世界周遊プラン
1,580円/日
アジア周遊プラン
3G・250MB
1,380円/日
3G・500MB
1,480円/日
4G-LTE・250MB
1,680円/日
4G-LTE・500MB
1,780円/日
4G-LTE・1GB
1,880円/日

世界周遊プラン
2,180円/日
アジア周遊Wi-Ho!3G
980円/日

世界周遊Wi-Ho!Lite 3G
1,130円/日

世界周遊Wi-Ho! 4G
1,980円/日
56ヶ国周遊プラン
1,780円/日

周遊プラン
1,990円/日
アジア周遊プラン
通常(200MB)プラン:950円/日
大容量(500MB)プラン:1,250円/日

世界周遊WiFiプラン
通常(200MB)プラン:1,100円/日
大容量(500MB)プラン:1,450円/日
アジア周遊プラン
1,680円/日

世界周遊プラン
1,870円/日
※特定の組み合わせを除く
アジア8日以内 4G プラン
535円/日
なし
人数と日数の料金
(データ通信料・本体レンタルのみの金額比較)
通常 ▼通常プラン ▼通常プラン ▼通常プラン ▼通常プラン ▼通常プラン ▼通常プラン (例)
8日間3GBプランの場合
1人×3日:1,605円/人
5人×3日:321円/人
なし
1人×3日 【3G】2,040円/人
【4G-LTE】3,840円/人
【3G】2,610円/人
【4G-LTE】3,510円/人
1,770円/人 【3G】3,450円/人
【4G-LTE】3,750円/人
2,250円/人 【3G】1,530円/人
【4G-LTE】2,220円/人
5人×3日 【3G】408円/人
【4G-LTE】768円/人
【3G】522円/人
【4G-LTE】702円/人
354円/人 【3G】690円/人
【4G-LTE】750円/人
450円/人 【3G】306円/人
【4G-LTE】444円/人
大容量 ▼大容量プラン ▼大容量プラン ▼大容量プラン なし ▼大容量プラン ▼大容量プラン
1人×3日 【3G】2,040円/人
【4G-LTE】3,840円/人
【3G】3,510円/人
【4G-LTE】4,110円/人
2,670円/人 2,550円/人 【3G】1,530円/人
【4G-LTE】2,220円/人
5人×3日 【3G】408円/人
【4G-LTE】768円/人
【3G】702円/人
【4G-LTE】822円/人
534円/人 510円/人 【3G】306円/人
【4G-LTE】444円/人
その他 ▼ギガプラン ▼超大容量プラン なし なし ▼超大容量プラン
1人×3日 5,640円/人 4,710円/人 4,020円/人
5人×3日 1,128円/人 942円/人 804円/人
国別長期パック料金 30日パック
【3G】
14,200円 /30日

【4G/LTE】
23,000円 / 30日
30日プラン
【Aプラン】
15,000円 /30日
長期プラン
【マンスリーTelecom Wi-Fi】
15,000円 / 1ヶ月
1ヶ月ごとの契約自動更新
※ビジネス用
※初回契約期間は3ヶ月
なし 7日間パック:1日分無料
※7~13日の渡航に適用可

14日間パック:2日分無料
※14~29日の渡航に適用可

30日パック:4日分無料
※30日以上の渡航に適用可
なし 8日間3GBプラン【4G-LTE】
4,280円/8日
なし
利用可能キャンペーン
(公式サイト情報)
★新規登録キャンペーン(2017/1/15締切)
カードホルダー付きiPhone6/6sケースを抽選で500名様にプレゼント
なし ★学生・卒業旅行応援キャンペーン
(2016/01/25締切)
Twitterをフォロー&リツイートすると、抽選で総額100万円相当の豪華賞品プレゼント
★年末年始旅行応援キャンペーン
(2017/01/16  16:59申し込み分 迄)
マイレージ200マイル/台進呈+
単国プラン利用料10%OFF
韓国通常プラン
1,150円→1,035円
なし なし なし なし
テザリング・複数台接続 可能(最大5台) 可能(最大5台) 可能(5~10台) 可能(最大5台) 可能(5~10台) 可能(最大5台) 可能(最大5台) なし
バッテリ耐久時間 約4~5時間 約3~5時間 約8~10時間 約4.5時間 約8時間 約3~4時間 約3~4時間 なし
オプションバッテリ モバイルバッテリー
エネループ:216円/日
エネスマート:270円/日
エネハイバー:388円/日
モバイルバッテリー
216円/日
モバイルバッテリー
216円~324円/日
モバイルバッテリー
(価格不明)
モバイルバッテリー
500円/個
モバイルバッテリー
216円/日
モバイルバッテリー
500円/個
なし
安心保障プラン あんしんパックフル

324円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用100%を補償。ただしエネループなどのモバイルバッテリーと、電源プラグは補償外)

あんしんパック

216円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用80%を補償。ただしエネループなどのモバイルバッテリーと、電源プラグは補償外)
安心補償パック

MAX:540円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用+再調達費用の100%を補償。さらに携行品の盗難・紛失・破損に最大10万円分の補償)

フル:324円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用+再調達費用の100%を補償)

ミニ:216円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用+再調達費用の80%を補償)
あんしん保証パック

216円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用100%を補償。現地国内の警察署や公的機関からの紛失証明書や盗難届の情報などがない場合は加入時でも弁済費用50%が発生する)
安心補償料

210円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用を63,000円軽減。加入していた場合、弁済費用は15,750円)
あんしん補償

レンタル料の10%
(紛失・破損・盗難時の弁償費用の軽減)
安心補償パック

MAX:540円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用+再調達費用100%を補償。さらに携行品の盗難・紛失・破損に最大10万円分の補償)

フル:324円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用+再調達費用100%を補償)

ミニ:216円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用+再調達費用80%を補償)
レンタル安心補償

1,500円
(紛失・破損・盗難時の弁償費用100%を補償。ただし、現地の紛失証明書取得が必須。紛失証明書がない場合は補償加入していても50%の弁済費用が発生する)
なし
その他オプション シガーソケット充電器
108円/日

3口電源タップ
194円/日

セルカレンズ
108円/日

中国VPN
324円/日
2ポートUSB
カーチャージャー
216円/日

マルチ変換プラグ
54円/日

360°カメラ
THETA S
1,080円/日

iPadレンタル
540円/日
USBカーチャージャー
108円/日

セルカレンズ
108円/日
なし


変換プラグ
400円/日

スマホ・ipad
レンタルあり
費用詳細なし
(レンタルパックプランでの申し込み)
2ポートUSB
カーチャージャー
216円/日

マルチ変換プラグ
54円/日

360°カメラ
THETA S
1,080円/日

iPadレンタル
540円/日
なし なし
現地受取 なし 可能 なし なし なし 可能 なし なし
現地受取可能空港・場所 なし 台北松山国際空港 
受取返却可能

台北市内ホテル
配送可能
なし なし なし 台北松山国際空港 
受取返却可能

台北市内ホテル
配送可能
なし なし
現地受取手数料 なし 540円 なし なし なし なし なし なし
イモトのWiFi
詳細へ
グローバルWiFi
詳細へ
テレコムスクエア
詳細へ
JALエービーシー
詳細へ
詳細ページ
準備中
詳細ページ
準備中
詳細ページ
準備中
ユーロデータbasic
詳細へ

※1 最高速度は理論値であり、実際の速度を保証するものではありません。通信環境(国や地域、利用するネットワーク等)により、通信速度は変わります。

渡航国データ 台湾

主な通信規格分布 4G-LTE(一部3G) 通貨 元(台湾元・台湾ドル)
コンセントタイプ Aタイプ(一部C・Oタイプ) 税率 5%
電圧・周波数 110V 60Hz 両替レート
※2016/12/09現在
1元(圓・塊):3.63円
日本(東京時間)との時差 一1時間 気温 最低気温13℃~最高気温34℃
温暖な気候で冬でも13℃前後と過ごしやすい
東京成田から台湾までの
フライト時間
4時間強 気候 夏の季節が長く4月から10月まで夏。
冬が12月から2月までと短い。
成田出発日から到着日時例 12月07日17時→12月07日20時35分着
(例:台北・桃園行4時間35分)
主な交通手段 バス/電車/MRT地下鉄/レンタカー
レンタルバイク/タクシー
台湾
空港のホットスポット情報
無料Wi-Fi利用可能 無料Wi-Fi利用可否不明 無料Wi-Fi利用可能(時間制限あり)
台湾桃園国際空港
高雄国際空港
台北松山国際空港
台中空港

花蓮空港
嘉義空港
馬公空港
台南空港
金門空港
台東空港
馬祖南竿空港
緑島空港
屏東空港
恒春空港
馬祖北竿空港

(i-taiwan、Taipei-Freeなどの無料Wi-Fiの利用が可能な場所は台湾各地に多数あり)
なし
携帯キャリア海外定額制比較 au docomo ソフトバンク
通信規格 W-CDMA・CDMA2000(3G相当) W-CDMA(3G相当) W-CDMA(3G相当)
通信制限量 海外ダブル定額:なし
世界データ定額:国内で契約している
データ定額サービスによる
海外パケ・ホーダイ:なし
海外1dayパケ:30MB/24時間
なし
プラン 海外ダブル定額
世界データ定額
海外パケ・ホーダイ
海外1dayパケ
海外パケットし放題
料金 海外ダブル定額
1,980円~2,980円/日
世界データ定額
980円/24時間
海外パケ・ホーダイ
1,980円~2,980円/日
海外1dayパケ(台湾)
980円/24時間
1,980円~2,980円/日
テザリング・複数台接続
人数と日数の料金 海外ダブル定額(2,980円/日)
1人×3日:8,940円/人
5人×3日:8,940円/人

世界データ定額
1人×3日:2,940円/人
5人×3日:2,940円/人
海外パケ・ホーダイ(2,980円/日
1人×3日:8,940円/人
5人×3日:8,940円/人

海外1dayパケ(980円)
1人×3日:2,940円/人
5人×3日:2,940円/人
2,980円/日
1人×3日:8,940円/人
5人×3日:8,940円/人

台湾で長期旅行・ロングステイするなら?

アジア圏の親日国として、人気アニメ映画の舞台として、さらには日本から4時間で行けるなど比較的気楽に行ける観光地・留学先としても人気の台湾。無料Wi-Fiスポットも多い場所ですが、長期滞在ならレンタルWi-Fiの利用がオススメです。

長期旅行での滞在

台湾には国内旅行と同じくらい、あるいは国内旅行よりも短いフライト時間で移動できます。成田から沖縄が3時間程度なので、4時間の台湾は比較的近い国だといえるでしょう。渡航費も便を選べば20,000円前後です。また2週間~4週間の滞在ならビザなしで楽しむことが可能です。物価も安く、台湾内の移動手段の費用も安いので、長期間の滞在コストも比較的少なく済みます。長期旅行用の期間固定パックでレンタルWi-Fiを選ぶのも良いでしょう。

留学での滞在

台湾留学のメリットは北京語(中国語)・英語が学べることです。日本と文化が近く、欧米に比べて滞在費用や学費が安い傾向にあります。大学の1タームが3ヶ月程度であり、5日~3週間程度のプチ留学もありますが、本格的に語学を就学するのなら長い期間が必要です。まとまった期間でレンタルWi-Fiを利用するなら、長期割引や期間固定プランで契約するとお得です。

仕事での滞在

海外進出や出張において、台湾はオススメの環境です。法人税が安く、物価が低いので低コストでの生産が見込めます。さらに英語や中国語など多国語に対応できる人材が多い、コンピュータ機器が日本よりもお手頃な値段で手に入るといったメリットもあります。月契約のアパートも安いので、短期の滞在費用も低く抑えられます。レンタルプランはビジネス用の大容量プランや、長期割引など目的に合わせて選ぶと良いでしょう。

長期割引・期間固定プランと日数×レンタル費用プランはどちらが得?

語学留学や仕事での長期滞在者も多い台湾。日数に合わせてレンタルプランを選ぶことで、よりお得にレンタルWi-Fiを利用することができます。プランごとの1日あたりの利用額を比較して、しっかり選ぶようにしましょう。

長期割引プラン

一定期間を過ぎても、料金が加算されないかたちのプランです。グローバルWi-Fiの長期割引プランではレンタル日から23日までの金額で30日までの利用が可能になるので、24日以上30日以下の利用なら、何日使っても費用は同じです。31日以上利用する場合は、31日目から再度レンタル日数による料金加算が始まり、45日目に加算が停止します。そのため、毎日契約が更新されるレンタル日数基準のプランよりも安く、1ヶ月契約なら15,000円、2ヶ月契約では30,000円で利用することができます。留学で3ヶ月などの長い期間を予定している場合はこのプランを利用すると良いでしょう。

期間固定プラン

利用期間を固定したプランです。こちらもレンタル日数×料金のプランよりはかなり安く金額を抑えることが可能です。イモトのWi-Fiでは30日パックプランが14,200円、4G-LTEの30日プランが23,000円で利用できます。また7日から2週間の短期ツアーやプチ留学ならエクスモバイルの期間固定パックもお得です。エクスモバイルの場合は7日パックでは1日分のレンタル料金が無料になり、台湾用のWi-Fiルーターを8日間レンタルした場合でも7日間分の4,500円で済みます。14日プランでは2日分無料となるので、16日間のレンタルでも14日分の9,100円でのレンタルが可能です。

日数×レンタルプラン

台湾で使えるWi-Fiルーターを30日間、通常のレンタル日数基準のプランで借りると長期割引プランや期間固定プランよりも高くなります。たとえば3Gプランの場合、イモトのWi-Fiでは20,400円、テレコムスクエアでは17,700円、JALエービーシーでは34,500円となります。長期間の利用となる場合は、必ず長期向けの利用プラン、レンタルWi-Fi業者を選ぶようにしましょう。2泊3日など、5日以下の旅行日程の場合は、レンタル日数×料金のプランを利用する方がお得です。イモトのWi-Fiの3G通常プラン(680円/日・容量400MB)だと、5日なら3,400円の利用料金となります。

Wi-Fiレンタルの現地情報(台湾)

基本的にフリーWi-Fiスポットやサービスの多い台湾ですが、回線が込み合っていると満足にネットに繋がらないことも多くあります。常に快適なネット環境を維持したいなら、レンタルWi-Fiが必要です。日本でレンタルWi-Fiを用意したとしても、とくに長期滞在の場合だと故障や盗難等に遭うこともありえます。念のため、現地でレンタルできるWi-Fiを把握しておくと良いでしょう。

現地でレンタルできる日本のレンタルWi-Fi会社

海外に行く場合、言葉やサポートなどに不安を抱えることも多いものです。台湾での主な会話は英語と北京語です。現地で利用できるレンタルWi-Fiやオフィスのある日本のレンタルWi-Fi会社を選べば、現地で急なトラブルに見舞われても安心して相談ができます。

グローバルWi-Fi

グローバルWi-Fiは、台湾の松山国際空港カウンターにて、レンタル・受取・返却を行なっています。空港のフリースポット利用で満足できない場合にも、在庫があれば当日レンタルができます。ただし、イベントなどで利用者が多い場合は難しいこともあります。予約や事前連絡をしておく方がスムーズに対応してもらえるでしょう。空港で受取返却ができるので、現地でわざわざ受取や返却のために移動することなく、到着時に専用カウンターから受取って、帰国時に専用カウンターで返却ができます。飛行機での手荷物を減らせるというメリットもあります。また台北市内であればホテルへの配送ができるので、故障した場合の代替品配送や現地ホテル到着後にレンタルして端末を配送してもらうこともできます。なお、現地レンタルの場合、手数料540円(税込)がかかります。

フォートラベル

グローバルWi-Fiがサポートするフォートラベル会員向けのレンタルWi-Fiです。グローバルWi-Fiと同じく松山国際空港の専用カウンターが利用できるので、現地でレンタルすることが可能です。また、フォートラベル会員の場合は手数料もかかりません。

現地で契約・利用できる台湾の通信会社

日本のレンタルWi-Fi業者だけでなく、台湾の通信会社と直接契約することで、現地の回線を使う方法もあります。台湾の大手通信業者のプリペイドSIMカードを利用すれば、現地の人と同じように快適にインターネットを使うことができます。使用期限を過ぎたSIMカードでも後日チャージすれば再度利用できるようになるので、複数回台湾を訪れる方にはとくに便利でしょう。ただし、あらかじめSIMフリーのスマートフォンやWi-Fiルーターを用意する必要があります。

台湾大哥大(Taiwan Mobile)

台湾大手通信会社、台湾大哥大(Taiwan Mobile)。台湾大哥大は松山国際空港、桃園国際空港に専用カウンターがあり、プリペイドのSIMカードを購入することができます。価格は4G-LTE回線利用なら3日間で300台湾元(約1,089円)、5日間なら500台湾元(約1,815円)となっています。3日から30日まで複数のプランがあります。SIMカードやWi-Fiにそれほど詳しくない方や慣れていない方は受付で端末を渡せばひと通りの設定をまかせることができることもあるので、お願いしてみるといいかもしれません。

中華電信(Chunghwa Telecom)

中華電信(Chunghwa Telecom)は、台湾最大大手通信会社です。こちらは松山国際空港、桃園国際空港の他、台中空港、高雄空港にもサービスカウンターがあります。価格は台湾大哥大と同じく300台湾元/3日、500台湾元/5日などとなっていますが、こちらは日本語に対応したサイトがあり、出発前に日本で予約したり、わからないことを日本語(電話)で問い合わせたりすることができます。現地でもよりスムーズに契約・設定することができるでしょう。

現地レンタルのメリット

1日以上のレンタル日数でレンタルWi-Fiを利用する場合は、台湾現地の方が安く設定されています。英語、中国語での意思疎通が可能であればこうした現地のプランを利用するのも良いでしょう。サポート体制やオプション、通信規格や利用データ量などから検討してみましょう。

利用者の声

台湾には、観光客も利用できるTaipei-Freeやi-taiwanなどの登録制無料スポットサービスがあります。「それならレンタルWi-Fiは不要?」とも考えられますが、多くの旅行客がレンタルWi-Fiを活用しています。台湾でのレンタルWi-Fi利用者の声を聞いてみましょう。

駅と駅の間は無料ホットスポットではない

駅構内までは登録していたTaipei-Freeで接続できたが、駅から駅までの乗車期間は繋がりませんでした。ちょっとエリアを出ると通信が途切れるので、2回目の台湾旅行からはレンタルWi-Fiを利用することにしました。駅構内とか繋がりやすいところはTaipei-Free、繋がらないところはレンタルWi-Fiという風に併用するのがオススメです。データ量の大きな画像をアップロードするときやTaipei-Freeが混雑しているときにレンタルWi-Fiに切り替えるとストレスなく使えます。台湾旅行には何度か行っていますが、この併用方法が一番効率的だと思います。

混雑状況にもよるかも

自分が初めて台湾旅行したときは、「市街やコンビニでもフリーのホットスポットが利用できる」って聞いていたので「じゃあ、レンタルWi-Fiはいいか」と借りずにいきました。これが大誤算。混雑度なのかわかりませんが、本当に電波が入らないんです。弱いので、もう電波が拾えたらラッキーくらいでした。それからはもう、旅行するときはレンタルWi-Fiありきですね。これなら、フリースポットの混雑は関係ないですし、大きなデータや通話アプリも問題なく使えます。

街中や電車で使うならレンタルWi-Fi

無料ホットスポットに期待はNGです。空港では結構快適で「おっ、念のため借りたレンタルWi-Fiがなくてもよかったかな?」なんて思いました。ところが、外に出たらもう繋がらないです。拾ったと思ったら切れる、また繋がったけどネットは開けないという感じの繰り返しでした。ホテルは自前のWi-Fiがあるのでまだ快適でしたが、外で安定してネットを使うことを考えるなら、レンタルWi-Fiとモバイルバッテリーは必需品だと思った方がいいでしょう。

高級ホテルほど有料?

台湾の場合、ホテルのネットは無料ではないこともあります。台湾では逆転現象があり、グレードの高いホテルの方が有料でのネット環境を提供をしているケースが数多くあるのです。ネット環境を用意するために余計な費用を負担したくないなら、レンタルWi-Fiを視野に入れておくのがオススメです。市街地やホットスポットでも混雑していると無料Wi-Fiの電波が本当に入らない場所も多くありますから、安定したネット通信がしたければレンタルWi-Fiがないとやってられませんよ。

ヘビーユーザーにはレンタルWi-Fiが必要

Twitterやインスタ、LINEとかインターネット上のサービスやアプリのヘビーユーザーだと、台湾のフリーホットスポットでの通信はストレスしかないです。すぐ途切れるし、空港内でも一部かろうじて繋がるくらいの場所も多いので、常に利用できるとは考えない方がいいですね。ちなみに、丸1日の断続利用は大体どこのレンタルWi-Fiも持たないので、モバイルバッテリーがオススメ。大容量のプランと、モバイルバッテリーで利用する4G-LTE対応のプランが快適でしたよ。

セキュリティ面重視ならレンタルWi-Fi

無料のホットスポットにはセキュリティ対策が不十分なところも多くあります。暗号化されてなかったり、怪しい接続先があったりするので不用意に繋げるのは怖いです。特に株やネットバンキング、カードを使った買い物なんかの場合には情報を勝手に盗られたら困ると思い、レンタルWi-Fiにしました。4Gのプランでレンタルしたのですが、株チャートやネット、アプリや地図など台湾でも快適に問題なく使えましたよ。

台湾の天灯フェスティバルの感動をSNSにアップ

2月に台湾に行き、天灯フェスティバルに参加しました。空に昇るたくさんの天灯が神秘的で、すぐさま写真を撮り、友人や知人に見せるためにアップしました。結構大きな写真データだったのですが、レンタルWi-Fiのおかげであれだけ人の多いところでも問題なくアップできました!その後も、食事やホテルなどの写真を撮ってアップしていましたが、快適に利用することができたので満足でした。また旅行するときには、大容量プランでレンタルして行きたいと思っています。

台北市内ならホテルに宅配も可能

台北市内のホテル宿泊中に、レンタルWi-Fiを水没させてしまい故障させてしまいました。残り1週間近くもネット環境なしで過ごすのは無理だと思い、連絡したら台北市内なら発送できるとのこと。すぐ新しいレンタルWi-Fiを手配してもらい、その後も台湾旅行を満喫することができました。補償パックにも加入していたので、予想外の弁償費用などが発生せずに済んだのも良かったです。ネットを利用することが多いので、今後も海外への出張や旅行の際にはレンタルWi-Fiを利用したいと思います。

言語が通じない場所でも安心

台湾の言語は、大体が中国語(北京語)。英語は街中で通じるときと通じないときがありました。台湾語や北京語でも、その場で翻訳ツールやアプリで言葉を検索して開けば、問題なく通じました。地図検索や乗り換え情報、翻訳も旅行で使う分には快適だったので、言葉に自信がない場所に行くときには常にレンタルWi-Fiとスマホが手放せません。困ったときの翻訳に使うなら、大容量モバイルバッテリーも持っていた方がいいですよ。

台湾で借りて台湾で返却する

トランジットや飛行機のフライトが日を跨ぐなら、台湾の空港で借りて空港で返せる方が得です。借りた日から費用が発生するので、空港レンタルと返却ができるところでレンタルWi-Fiを借りました。一応無料スポットサービスにも登録していたのですが、あまり繋がらなかったので、ホテル以外はずっとレンタルWi-Fiに頼り切りでした。快適に使うなら、やっぱり自分専用のWi-Fiが一番です。安定するのでLINE・SKYPEなどのデータ通信を使った会話も途切れずに済みます。

途切れずに快適通信できました

元々、日本ではあまりネットを利用しないタイプ。しかも今回の旅行は基本的に有名観光地ばかりでした。ホテルの対応も日本語が通じるので、登録した無線スポットサービスだけでいいかなと思っていました。ただ、駅の乗り換えチェックや地図をちょっとチェックするにもやっぱり、フリーのホットスポットはかなり時間がかかります。時には、アクセス開始から次のページが全く開かないことも。結局、念のために借りていたレンタルWi-Fiが大活躍でした。今後もレンタルして旅行します。

まとめ

無料ホットスポットサービスの発達している台湾ではありますが、その接続速度や安定度、安全性にはまだ改良の余地があります。無料ホットスポットサービスのある空港でも繋がりにくいことが多いので、快適にWebを利用するのならレンタルWi-Fiが必要です。日本で使うときと同じような速度や使い勝手が必要なら、4G-LTE対応や大容量プランなどの契約を検討してみると良いでしょう。

海外Wi-Fiの詳細とレンタル料金を調べる