海外で使える!Wi-Fiレンタル比較サイト

台湾で契約できるWi-Fiレンタル会社について

Wi-Fiレンタルの現地情報(台湾)

基本的にフリーWi-Fiスポットやサービスの多い台湾ですが、回線が込み合っていると満足にネットに繋がらないことも多くあります。常に快適なネット環境を維持したいなら、レンタルWi-Fiが必要です。日本でレンタルWi-Fiを用意したとしても、とくに長期滞在の場合だと故障や盗難等に遭うこともありえます。念のため、現地でレンタルできるWi-Fiを把握しておくと良いでしょう。

現地でレンタルできる日本のレンタルWi-Fi会社

海外に行く場合、言葉やサポートなどに不安を抱えることも多いものです。台湾での主な会話は英語と北京語です。現地で利用できるレンタルWi-Fiやオフィスのある日本のレンタルWi-Fi会社を選べば、現地で急なトラブルに見舞われても安心して相談ができます。

グローバルWi-Fi

グローバルWi-Fiは、台湾の松山国際空港カウンターにて、レンタル・受取・返却を行なっています。空港のフリースポット利用で満足できない場合にも、在庫があれば当日レンタルができます。ただし、イベントなどで利用者が多い場合は難しいこともあります。予約や事前連絡をしておく方がスムーズに対応してもらえるでしょう。空港で受取返却ができるので、現地でわざわざ受取や返却のために移動することなく、到着時に専用カウンターから受取って、帰国時に専用カウンターで返却ができます。飛行機での手荷物を減らせるというメリットもあります。また台北市内であればホテルへの配送ができるので、故障した場合の代替品配送や現地ホテル到着後にレンタルして端末を配送してもらうこともできます。なお、現地レンタルの場合、手数料540円(税込)がかかります。

フォートラベル

グローバルWi-Fiがサポートするフォートラベル会員向けのレンタルWi-Fiです。グローバルWi-Fiと同じく松山国際空港の専用カウンターが利用できるので、現地でレンタルすることが可能です。また、フォートラベル会員の場合は手数料もかかりません。

現地で契約・利用できる台湾の通信会社

日本のレンタルWi-Fi業者だけでなく、台湾の通信会社と直接契約することで、現地の回線を使う方法もあります。台湾の大手通信業者のプリペイドSIMカードを利用すれば、現地の人と同じように快適にインターネットを使うことができます。使用期限を過ぎたSIMカードでも後日チャージすれば再度利用できるようになるので、複数回台湾を訪れる方にはとくに便利でしょう。ただし、あらかじめSIMフリーのスマートフォンやWi-Fiルーターを用意する必要があります。

台湾大哥大(Taiwan Mobile)

台湾大手通信会社、台湾大哥大(Taiwan Mobile)。台湾大哥大は松山国際空港、桃園国際空港に専用カウンターがあり、プリペイドのSIMカードを購入することができます。価格は4G-LTE回線利用なら3日間で300台湾元(約1,089円)、5日間なら500台湾元(約1,815円)となっています。3日から30日まで複数のプランがあります。SIMカードやWi-Fiにそれほど詳しくない方や慣れていない方は受付で端末を渡せばひと通りの設定をまかせることができることもあるので、お願いしてみるといいかもしれません。

中華電信(Chunghwa Telecom)

中華電信(Chunghwa Telecom)は、台湾最大大手通信会社です。こちらは松山国際空港、桃園国際空港の他、台中空港、高雄空港にもサービスカウンターがあります。価格は台湾大哥大と同じく300台湾元/3日、500台湾元/5日などとなっていますが、こちらは日本語に対応したサイトがあり、出発前に日本で予約したり、わからないことを日本語(電話)で問い合わせたりすることができます。現地でもよりスムーズに契約・設定することができるでしょう。

現地レンタルのメリット

1日以上のレンタル日数でレンタルWi-Fiを利用する場合は、台湾現地の方が安く設定されています。英語、中国語での意思疎通が可能であればこうした現地のプランを利用するのも良いでしょう。サポート体制やオプション、通信規格や利用データ量などから検討してみましょう。

海外携帯レンタル 詳細・ご予約
海外携帯レンタル 詳細・ご予約
  • イモトのWiFi
  • テレコムスクエア
  • グローバルwifi