海外で使える!Wi-Fiレンタル比較サイト

韓国で契約できるWi-Fiレンタル会社について

Wi-Fiレンタルの現地情報(韓国)

日本から韓国への渡航にはトランジットが不要なので、多くの場合、宅配や空港でレンタルWi-Fiを受取ってそのまま現地に向かえば問題ありません。しかしいったん別の国を経由してから韓国に行くケースや、ホテルのWi-Fiやホットスポットが利用できずに急遽、レンタルWi-Fiが必要になることもあります。こうした場合に備えて、韓国でレンタルWi-Fiを調達する方法を知っておくと安心です。

現地でレンタルできる韓国のレンタルWi-Fi会社

製品の品質やサポートセンターのサービス、日本語が通じる安心感を考えると、日本のレンタルWi-Fi業者を利用したいと考える人も多いでしょう。現地で受取ができて、いざという際に日本語でサポートしてもらえれば安心ですね。韓国で利用できる日本のレンタルWi-Fi業者を確認しておきましょう。

グローバルWi-Fi

グローバルWi-Fiはソウル・明洞にオフィスを展開しており、受取返却を現地で行なうことが可能です。その際には、事前に連絡・予約を行なうことが必要なので相談・予約をしておくと良いでしょう。当日申し込みも可能なので、韓国到着後にレンタルWi-Fiが必要になってもすぐに借りることができます。空港鉄道のソウル駅やソウル市内へのホテル宅配も受け付けています。レンタルWi-Fiの宅配や受取については540円(税込み)の手数料が発生します。

フォートラベル

フォートラベルの会員の方は、グローバルWi-Fiを提供している株式会社ビジョンのサポートを受けることができます。上記のグローバルWi-Fiのサービス同様、グローバルWi-Fiの韓国オフィスでの受取、返却はもちろん、空港鉄道ソウル駅での受取・返却も可能です。金浦国際空港や仁川国際空港では返却のみ可能になっています。サポートや代替品の送付も迅速です。ソウル市内のホテル配送のみ540円(税込み)の手数料が必要となります。

現地でレンタルできる韓国のレンタルWi-Fi会社

韓国では、現地キャリアや通信業者のWi-Fiスポットが発達しています。現地では日本のレンタルWi-Fi会社のサービスが利用できない場合もあるので、旅行者でも利用可能な現地通信会社のレンタルWi-Fiサービスについても知っておくと良いでしょう。

KT

KTは韓国の大手通信会社で、日本でいうところのNTTのような会社です。韓国でのキャリアシェア率としては32.3%となっていて、比較的広い範囲をカバーしています。値段が安くお手軽な印象の強い業者です。空港では金浦国際空港・仁川国際空港・金海国際空港・濟州国際空港・釜山港でのレンタル・返却が可能です。費用は、1日8,800Won(約862円)となります。日本語、英語、中国語など、多言語対応でサポートしてもらえるので安心して利用することが可能です。

LG U+

携帯キャリアとしてはシェア率16%とそれほど高くはありませんが、仁川空港・金浦国際空港・金海国際空港にてレンタルが可能です。LTE通信での高速通信が利用可能で、LINEやカカオトークなどの無料通話アプリの利用制限もありません。日本語対応も可能で、キャンセルチャージがかからないなどのメリットもあります。金額は1日8,800Won(約862円)となっています。タイミングが合えばキャンペーン価格(例:1日あたり5,500Won)で利用できたり、さらにリピーター割引があったり、サービス面や料金面での安さが魅力です。

現地レンタルのメリット

現地でレンタルWi-Fiをレンタルするメリットとしては、通信の安定性や、レンタル日数にかかる費用の削減が可能です。日本空港で受取、夜の便で翌日に韓国到着して利用する場合は日本で借りた日からレンタル費用がかかりますが、現地受取なら現地で利用開始からのレンタル費用となります。

海外携帯レンタル 詳細・ご予約
海外携帯レンタル 詳細・ご予約
  • イモトのWiFi
  • テレコムスクエア
  • グローバルwifi