台湾で長期旅行・ロングステイするなら?

台湾で長期旅行・ロングステイするなら?

台湾で長期旅行・ロングステイするなら?

アジア圏の親日国として、人気アニメ映画の舞台として、さらには日本から4時間で行けるなど比較的気楽に行ける観光地・留学先としても人気の台湾。無料Wi-Fiスポットも多い場所ですが、長期滞在ならレンタルWi-Fiの利用がオススメです。

長期旅行での滞在

台湾には国内旅行と同じくらい、あるいは国内旅行よりも短いフライト時間で移動できます。成田から沖縄が3時間程度なので、4時間の台湾は比較的近い国だといえるでしょう。渡航費も便を選べば20,000円前後です。また2週間~4週間の滞在ならビザなしで楽しむことが可能です。物価も安く、台湾内の移動手段の費用も安いので、長期間の滞在コストも比較的少なく済みます。長期旅行用の期間固定パックでレンタルWi-Fiを選ぶのも良いでしょう。

留学での滞在

台湾留学のメリットは北京語(中国語)・英語が学べることです。日本と文化が近く、欧米に比べて滞在費用や学費が安い傾向にあります。大学の1タームが3ヶ月程度であり、5日~3週間程度のプチ留学もありますが、本格的に語学を就学するのなら長い期間が必要です。まとまった期間でレンタルWi-Fiを利用するなら、長期割引や期間固定プランで契約するとお得です。

仕事での滞在

海外進出や出張において、台湾はオススメの環境です。法人税が安く、物価が低いので低コストでの生産が見込めます。さらに英語や中国語など多国語に対応できる人材が多い、コンピュータ機器が日本よりもお手頃な値段で手に入るといったメリットもあります。月契約のアパートも安いので、短期の滞在費用も低く抑えられます。レンタルプランはビジネス用の大容量プランや、長期割引など目的に合わせて選ぶと良いでしょう。

長期割引・期間固定プランと日数×レンタル費用プランはどちらが得?

語学留学や仕事での長期滞在者も多い台湾。日数に合わせてレンタルプランを選ぶことで、よりお得にレンタルWi-Fiを利用することができます。プランごとの1日あたりの利用額を比較して、しっかり選ぶようにしましょう。

長期割引プラン

一定期間を過ぎても、料金が加算されないかたちのプランです。グローバルWi-Fiの長期割引プランではレンタル日から23日までの金額で30日までの利用が可能になるので、24日以上30日以下の利用なら、何日使っても費用は同じです。31日以上利用する場合は、31日目から再度レンタル日数による料金加算が始まり、45日目に加算が停止します。そのため、毎日契約が更新されるレンタル日数基準のプランよりも安く、1ヶ月契約なら15,000円、2ヶ月契約では30,000円で利用することができます。留学で3ヶ月などの長い期間を予定している場合はこのプランを利用すると良いでしょう。

期間固定プラン

利用期間を固定したプランです。こちらもレンタル日数×料金のプランよりはかなり安く金額を抑えることが可能です。イモトのWi-Fiでは30日パックプランが14,200円、4G-LTEの30日プランが23,000円で利用できます。また7日から2週間の短期ツアーやプチ留学ならエクスモバイルの期間固定パックもお得です。エクスモバイルの場合は7日パックでは1日分のレンタル料金が無料になり、台湾用のWi-Fiルーターを8日間レンタルした場合でも7日間分の4,500円で済みます。14日プランでは2日分無料となるので、16日間のレンタルでも14日分の9,100円でのレンタルが可能です。

日数×レンタルプラン

台湾で使えるWi-Fiルーターを30日間、通常のレンタル日数基準のプランで借りると長期割引プランや期間固定プランよりも高くなります。たとえば3Gプランの場合、イモトのWi-Fiでは20,400円、テレコムスクエアでは17,700円、JALエービーシーでは34,500円となります。長期間の利用となる場合は、必ず長期向けの利用プラン、レンタルWi-Fi業者を選ぶようにしましょう。2泊3日など、5日以下の旅行日程の場合は、レンタル日数×料金のプランを利用する方がお得です。イモトのWi-Fiの3G通常プラン(680円/日・容量400MB)だと、5日なら3,400円の利用料金となります。