香港・マカオで長期旅行・ロングステイするなら?

香港・マカオで長期旅行・ロングステイするなら?

香港・マカオで長期旅行・ロングステイするなら?

それぞれの地域だけの観光でなく、香港とマカオの両方に周遊旅行する長期旅行や留学、仕事での長期滞在を計画している人もいることでしょう。長期でレンタルWi-Fiを利用するなら、より安価になるプランをチェックして、費用を安く抑えましょう。

長期旅行での滞在

香港はマカオ、大陸とも近く長期の旅行で周辺の地域を観光することもできます。マカオまではフェリーで50分程度、中国(深セン)まではバスで45分程度と近く、どちらも2,000円以内での移動が可能です。中国本土、香港、マカオと周遊できるエリアはバラエティに富み、観光スポットも多くあるので長期滞在となっても飽きることはないでしょう。レンタルWi-Fiは日数と目的に合わせて、長期割引や期間固定パックの利用を検討してみましょう。

留学での滞在

香港の公用語は英語ですが、授業以外では広東語が利用されています。英語の授業の中には、経済を学ぶ学科が数多くあります。マカオについても、公用語は英語・ポルトガル語ですが、基本は広東語や北京語が主に利用されています。語学留学で、きちんと現地の言語をマスターするには1年以上は必要でしょう。レンタルWi-Fiを利用するなら、月契約や長期割引のレンタルプランの利用がオススメです。

仕事での滞在

マカオは法人設立や事業展開のための手続きが日本と比較して簡単です。税率の低い香港よりもさらに税率が低く、日本にいながら法人を設立できるといったメリットもあります。また、どちらの国でも日本製品や食品は人気があります。現地のリサーチや事務所のオープンなどで1週間程度や1ヶ月程度滞在するなら期間固定プラン、それ以上なら長期割引プランでのレンタルが良いでしょう。

長期割引・期間固定プランと日数×レンタル費用プランはどちらが得?

レンタルWi-Fiのプランには、長期割引や期間固定プランなどで通常のレンタル料金よりも安く借りることができるものがあります。長期旅行や、留学、海外研修などの期間に合ったプラン選びをして、レンタルWi-Fiを利用してみましょう。

長期割引プラン

1ヶ月を超える長期滞在に向いているのが長期割引プランです。例えばグローバルWi-Fiの長期割引プランでレンタルWi-Fiを2か月利用した場合、香港とマカオどちらの国でも、23日目から30日目までの6日間分と45日目から60日目までの15日分が利用料が無料になります。30日目までのレンタル費用は最大15,000円、60日間のレンタル費用は最大30,000円になります。香港通常プランを日割り(870円/日)で利用すると30日で26,100円、60日では52,200円、マカオ通常プラン(マカオ:1,170円/日)だと、30日利用で35,100円、60日利用だと70,200円のレンタル費用になるため、長期プランと比較すると約1か月分程度の金額で2か月間レンタルできることになります。

期間固定プラン

期間固定プランでは30日・1ヶ月などの期間のレンタルができます。日数×レンタル料金より31%程度も安くなることがあります。イモトのWi-Fiの場合、香港の3G通常プラン(680円/日)だと30日で20,400円となるところ、3Gプランの30日バック料金なら14,200円となります。4G-LTEプラン(1,280円/日)では、38,400円となるところ、期間固定プランなら23,000円で30日間利用できます。そのほか、14日パックプランなど、もう少し短い単位の期間固定プランを提供しているレンタルWi-Fi業者もいるので、利用する日程でレンタル業者を選ぶと良いでしょう。

日数×レンタルプラン

シンプルに利用する日数で1日毎に利用するレンタル料金が増えていくプランです。7日以下の観光旅行などであればこのレンタルプランの利用がもっとも料金が安くなるプランになります。イモトのWi-Fiでは通常プラン・大容量プランとも香港が680円~1,280円/日、マカオが980円/日です。したがって、香港3日間なら2,040円~3,840円、マカオ3日間なら2,940円になります。短期間の利用は日数×レンタルプランを利用し、長期になる場合は期間固定パックや長期割引を利用する方が良いでしょう。