韓国のWi-Fi事情・レンタル情報

韓国のWi-Fi事情・レンタル情報

光化門(景福宮)

デジタル先進国といわれている韓国は、Wi-Fiの普及率が世界の中でもトップクラスです。そのため、「韓国なら不自由なくインターネットに接続できる」と考えられることもしばしばです。しかし、実際には韓国の通信会社が契約者に対して提供しているWi-Fiが多く、そういったWi-Fiの場合は契約していない旅行者が使うことはできません。そのため、旅行客が利用できるフリーWi-Fiは思っている以上に少ないというのが現状です。 また、フリーWi-Fiのみを利用する場合、「使えるところが限定される」「電波が弱い」「通信が混雑していてつながりにくい」「接続方法が分かりにくい」といった問題点も考えられます。また、発信元が不明なフリーWi-Fiはセキュリティ面での不安もあります。スマートフォンやタブレットのパスワードが流出したり、個人情報が盗まれたりする可能性があり、安全に利用できるとはいい切れない環境です。

レンタルWi-Fiなら安定して接続できる

そこで、おすすめしたいのが「レンタルWi-Fi」の利用です。レンタルWi-Fiを持ち歩いていれば、フリーWi-Fiがない場所でもスマートフォンやタブレットなどの端末をインターネットに接続することができます。
例えば、初めて訪れる土地でマップを確認したい場合、インターネットに接続できない状態だと場所をすぐに確認できません。フリーWi-Fiを探すにしても手間がかかったり、見つからなかったりすることがあります。しかし、レンタルWi-Fiがあれば自由にネットをつなげられるので、アプリなどで簡単に目的地を探すことができます。他にも、美味しかったグルメをSNSにアップしたり、購入したものを友人と共有したりすることも可能です。
また、レンタルWi-Fiは発信元が明確であるため、セキュリティ面でも安心して利用することができます。フリーWi-Fiのようにパスワード流出や個人情報漏えいなどの心配がありません。

海外パケ放題はお得ではない

korea3

日本国内でサービスを提供している携帯会社は、海外旅行者向けに海外パケット専用のプランを提供しています。こうした海外パケット専用のプランは定額で使い放題となっているため、海外旅行で渡航する前に契約する方が増えています。

しかし、実は各携帯会社が提供している海外パケット専用のプランは、値段が高く設定されています。例えば、韓国で海外パケット専用のプランでインターネットに接続した場合、1日あたりのパケット代が2,980円~となります。この条件で5日間韓国に滞在した場合、合計のパケット代は15,000円を超えることもあります。パケット使い放題とはいえ、5日間で15,000円の出費は大きいといえます。フリーWi-Fiを使う方法もありますが、現状では韓国のフリーWi-Fiが少なくて探すのが困難です。また、フリーWi-Fiを見つけたとしてもセキュリティ面が心配です。

海外でのパケット代を安くするには

海外でのパケット代を安全に安く済ませるなら、レンタルWi-Fiの利用がおすすめです。レンタルWi-Fiの場合、1日のパケット代は680円~となります。この条件で5日間韓国に滞在した場合、合計のパケット代は3,480円~です。携帯会社の海外パケット専用のプランとレンタルWi-Fiを比較すると、10,000円以上もの差がでるのです。10,000円もあれば、韓国で美味しい料理やおみやげ選びなどを十分に楽しめます。
このように海外パケット専用のプランとレンタルWi-Fiの料金を比較すると、レンタルWi-Fiのほうが断然お得だと分かります。レンタルWi-Fiは手続きや接続の操作も簡単なので、安心して韓国でインターネットを利用することができます。韓国旅行を楽しむなら、海外パケット専用のプランではなくレンタルWi-Fiの利用をおすすめします。

韓国のWi-Fiレンタルサービスの比較

1日あたりの料金

  通常プラン 大容量プラン 大容量以上
イモトのWiFi 【4G-LTE】680円 【4G-LTE】680円 ギガプラン】1,880円
※4G-LTEのみ
グローバルWiFi 【4G-LTE】870円 【4G-LTE】1,170円 【超大容量プラン】1,370円
※4G-LTEのみ
テレコムスクエア 【3G】750円 【3G】1,050円 なし
JALエービーシー 【4G-LTE】1,150円 なし なし
エクスモバイル 【4G-LTE】650円 なし なし
フォートラベル 【4G-LTE】540円 【4G-LTE】540円 【超大容量プラン】1,120円
※4G-LTEのみ
ジャパエモ プランによる※8日間3GBプランの場合 535円

受取り・返却の手数料について

空港受取り手数料 宅配受取り手数料 宅配返却の送料
イモトのWiFi 500円 500円 送料自己負担
グローバルWiFi 500円 500円 送料自己負担
テレコムスクエア 540円 無料 送料自己負担
JALエービーシー 無料 750円 送料自己負担
エクスモバイル 1,080円 540円 360円(レターパック利用)
フォートラベル 500円 500円 送料自己負担
ジャパエモ なし

利用可能データ容量

  通常プラン 大容量プラン 大容量以上
イモトのWiFi 133MB 500MB 1GB
グローバルWiFi 250MB 500MB 1GB
テレコムスクエア 250MB 500MB なし
JALエービーシー 無制限
エクスモバイル 300MB 500MB なし
フォートラベル 250MB 500MB 1GB
ジャパエモ プランによる※10日間1GBプランの場合
1GB

韓国に対応している周遊プランのレンタル料金

周遊プラン料金
イモトのWiFi 世界周遊プラン
1,580円
グローバルWiFi アジア周遊プラン
4G-LTE・500MB 1,780円
4G-LTE・1GB 1,880円

世界周遊プラン
2,180円
テレコムスクエア アジア周遊Wi-Ho!3G 980円
世界周遊Wi-Ho!Lite 3G 1,380円
世界周遊Wi-Ho!4G 1,980円
JALエービーシー 周遊プラン
1,990円
エクスモバイル アジア周遊プラン
通常(200MB)プラン:950円
大容量(500MB)プラン:1,250円

世界周遊WiFiプラン
通常(200MB)プラン:1,100円
大容量(500MB)プラン:1,450円
フォートラベル アジア周遊プラン
1,680円

世界周遊プラン
1,870円
※特定の組み合わせを除く
ジャパエモ なし

利用可能オプション・保障プランについて

  モバイルバッテリー 保障プラン その他オプション
イモトのWiFi エネループ 216円/日
エネスマート 270円/日
エネハイパー 388円/日
あんしんパックフル 324円/日
あんしんパック 216円/日
シガーソケット充電器 108円/日
3口電源タップ 194円/日
セルカレンズ 108円/日
中国VPN 324円/日
グローバルWiFi 216円/日 MAX 540円/日
フル 324円/日
ミニ 216円/日
カーチャージャー 216円/日
マルチ変換プラグ 54円/日
360°カメラ 1,080円/日
iPadレンタル 540円/日
テレコムスクエア 216円~324円/日 安心保障パック 216円/日 USBカーチャージャー 108円/日
セルカレンズ 108円/日
JALエービーシー 価格不明 安心保証料 210円 なし
エクスモバイル 500円/日 なし
フォートラベル 216円/日 MAX 540円/日
フル 324円/日
ミニ 216円/日
変換プラグ 400円/日
ジャパエモ 500円/日 2,000円 カーチャージャー 216円/日
マルチ変換プラグ 54円/日
360°カメラ 1,080円/日
iPadレンタル 540円/日

4日間レンタルした場合の料金比較

レンタル料金 補償料 受取手数料 合計費用
イモトのWiFi(4G-LTE) 1,580円×4日
=2,720円
216円×4日
=1,728円
500円 保障あり 4,084円
保障なし 3,220円
グローバルWiFi(4G-LTE) 680円×4日
=2,720円
216円×4日
=1,728円
500円 保障あり 4,844円
保障なし 3,980円
テレコムスクエア(3G) 870円×4日
=3,480円
216円×4日
=1,728円
540円 保障あり 4,404円
保障なし 3,540円
JALエービーシー(4G-LTE) 1,150円×4日
=4,600円
210円×4日
=1,680円
0円 保障あり 5,440円
保障なし 4,600円
エクスモバイル(4G-LTE) 650円×4日=2,600円 2,160円(受取・返却手数料) 保障なし 4,760円
フォートラベル(4G-LTE) 540円×4日
=2,160円
216円×4日
=1,728円
500円 保障あり 3,524円
保障なし 2,660円
ジャパエモ

レンタルWi-Fiの受取場所

グローバルWi-Fiのみ以下にて対応(それ以外の業者は日本国内の主要空港や宅配・本社で受取)
ソウル明洞オフィス 受取返却可能
空港鉄道ソウル駅 受取返却可能
金浦国際空港 返却のみ可能
仁川国際空港 返却のみ可能
ソウル市内のみホテルへの配送可能 配送手数料:540円(税込)
韓国現地で受取した場合は、現地返却が必要。

変圧器・コンセントアダプタのレンタル

韓国のコンセント形状は日本のAタイプ形状とは異なり、C/SEタイプ(Fタイプ)になっています。C/SE(Fタイプ)タイプは規格の新旧の違いで、軸の太さが違います。C/SE型両方のコンセントアダプタを持って行くようにしましょう。また電圧も220V、周波数60Hz対応となっており、日本規格の倍の電圧です。日本製品の利用をするなら、変圧器の用意をしておくようにしましょう。

利用者の声

日本からも近く、旅行者も多い韓国。世界的にもネット環境の充足がよく知られているため、レンタルWi-Fiは不要と考えていた旅行者も数多くいるようです。デジタル先進国韓国でのレンタルWi-Fi利用について利用者の声を聞いてみましょう。

boy

フリーのホットスポットがほとんどない!

韓国は世界的に見ても、ネット環境や通信において飛び抜けた充実ぶりだと聞いていました。実際、通信速度などのデータを出国前に調べてみたらかなり早いみたいでした。一緒に行った友人は自分のスマホは海外対応だからとそのまま利用するつもりで出国。自分は、結構頻繁にネットを使うので、容量の大きいレンタルWi-Fiを念のため借りました。これが、びっくりしたことに友人の携帯が全然繋がらないんです。借りていたレンタルWi-Fiは複数台使えたので結局シェアして旅行しました。

boy

過信は禁物!デジタル先進国=“どこでも繋がる”じゃない!

韓国は、デジタル先進国だと聞いていたけど無料ホットスポットがほとんどない。大手のカフェなら無料で使えるかもとレンタルWi-Fiを充電して、その間はホットスポットでネットサーフィンしようと思ってたんです。それが、まさかのホットスポット有料なんです。大体のカフェやレストランでもそうでした。あ、でも地元密着のこじんまりとしたお店だと無料でも使えました!交通機関とか公共とかで無料で繋がるところはほとんどないので、レンタルWi-Fiを持って行った方がいいです。

boy

韓国は繋がりやすさよりセキュリティ重視?

韓国の場合は携帯通信会社などが普及していて、日本と似たような感じだと感じました。現地の携帯端末はサクサク使えるけど、外国からの旅行者としては使いにくいと感じることが多いと思います。ほとんどのカフェとかでもネットが携帯通信会社の通信になっているので、有料利用となる場所が多いです。通信用のプリペイドカードも売っていましたし、だれでも繋がるというよりもセキュリティ重視なのかも。レンタルWi-Fiなしではかなり不便だと思っていいです。

boy

韓国で使うなら断然4GLTE!

「やっぱりネット環境がないとやっていけない!」ってタイプなので、ストレスなく使えるレンタルWi-Fiを比較して選びました。韓国は、多くの場所で4GLTEの高速通信が使えるようになっています。3Gも対応できる4GLTEのレンタルWi-Fiなら、どこでも大体繋がるし、高速通信が使えるところにきたら動作も中々です。ストレスフリーに使いたいなら、大容量プランがオススメ。SNSやLINEとか、こまめにネットしたい派はモバイルバッテリーもレンタルした方がいいと思います。

boy

韓国にて酔った勢いでレンタルWi-Fi紛失!

現地に長期で研修しに行っていたのですが、現地での飲み会で、帰宅後にマンスリープランでレンタルしていたレンタルWi-Fiを紛失。かなり焦りましたが、補償にも入っていたんで全額負担せずに、新しいレンタルWi-Fiを市内のホテルに発送してもらえました。補償も重要だし、即座に対応して送付してもらえることも重要です。深夜焦って電話したんですけど、深夜でも無事対応してもらえたので安心でした。プラン選びはサポートも重要ですね。

boy

カカオトークで現地での通話も無料

今回は美容施術を受けに、ちょっと長めの韓国。グループ女子旅だったけど、レンタルWi-Fi1台でiPadもメンバー分のスマホ4台も快適に利用できました!しかも料金は一台分だから割り勘でかなりお得♪携帯会社の海外パケットよりも断然安いから、美容グッズのまとめ買いや豪華なスペシャルエステに浮いた分を充てました(笑)。携帯電話の通話がなくてもカカオトークやLINEとかでOKだったし、通話もバッチリ聞こえるので問題なしでした。

boy

しゃべれなくてもOK、値切りも翻訳アプリ任せ

初の一人韓国旅行。ツアーで行きたくないところを回るのがイヤだったので、現地の言葉も話せないけど一人旅を決意。途中でインターネットが繋がらなくなると怖いから、空港でレンタルWi-Fiを受け取って渡航しました。現地空港からすぐ使えて、マップも快適に開けていたのでほとんど迷子になりませんでした。翻訳ツールを使った買い物や値切り交渉も、安定したネット環境のおかげでスムーズでした!おかげで友達にもたくさんお土産が買えました。今度、別の国に行くときにもリピートします!

boy

コンシェルジュの翻訳サービスがあり、本当に助かった

レンタルWi-Fi業者が提供している、24時間対応の翻訳サービスやコンシェルジュ付きのプランが本当にオススメです。韓国の飲食店で危うく必要以上に高いお金を払わされそうになったのですが、焦ってレンタルWi-Fiのコンシェルジュサポートに相談したら、通訳してくれて無事に済みました。向こうの会計間違いは結構多いので、こうした通訳サービスや翻訳アプリをすぐ使えるようにした方がいいです!

boy

グルメスポットやエステ情報を調べるのも楽々

旅行に行くなら、やっぱり美味しい物やおすすめ情報をチェックできるのって重要!ネットが繋がらないのは困るので、レンタルWi-Fiを用意して旅行しました。Facebookとかで現地のおすすめ情報とか教えてもらったり、グルメ情報やエステ情報をネットでチェックしたりと頻繁に使いました。どこでも繋がってすぐページを開けたので満足です、でも常時接続では、やっぱりモバイルバッテリーがいります。4時間くらいで電源が切れたのでチャージして使いました。

boy

デジタル先進国と聞いて行ったら…

韓国は世界的にも通信が発達していると聞いていたので、「日本にいるときには、あまりネットは使わなかったし、最低容量のプランでいいや」と一番安くて容量の小さいプランを契約。それが間違いでした。無料ホットスポットはほとんどないし、知らない地理なのでマップや翻訳ツールをかなり使うことに。家族で使っていたのもあり半日で容量オーバーしました。その失敗以降、韓国に行くときは常にレンタルWi-Fiを持って行っていますよ。

boy

レンタルWi-Fiは絶対必要!

旅行雑誌には「韓国はネットが発達している」って書いてあったけれど、調べてみたら無料で使えるホットスポットが少ないとわかりました。「言葉も話せない場所でネット断絶は怖すぎる!」と思い、レンタルWi-Fiを借りることにしました。自分専用の回線なので、ほぼどこでも混雑せずに繋がるし、すぐにマップや翻訳、通貨計算アプリなども使えました。おかげで安心して旅行できたので、次回の海外旅行でもレンタルWi-Fiは持って行く予定です。

週末に気軽に行ける!ショッピングも観光も楽しみたいなら韓国で決まり!

パスポートとウォン

韓国は日本から近く、少ない予算や日数で楽しめることから人気の高い観光地です。歴史のある観光スポットがたくさんある他、日本でも人気がある韓国ドラマのロケ地巡りなどもできます。質の高いコスメや美味しいグルメを堪能できるので、韓国の大型ショッピングセンターや食べ歩きを楽しみに行く方も若い女性を中心に増えています。
ここでは、韓国の魅力を存分に味わえる、特に人気の高い観光地をご紹介します。

明洞

明洞は、韓国の中でも特に栄えている繁華街です。韓国の定番観光スポットから美味しいグルメ、名所などがたくさんあります。また、明洞では日本の若い女性の間で話題になっている人気コスメも手に入るので、連日女性旅行者でにぎわっています。韓国旅行へ行くなら、必ず日程に入れたいスポットのひとつです。

仁寺洞

仁寺洞は、日本でいう京都のようなイメージのエリアです。たくさんの骨董店やギャラリーなどが建ち並び、文化的な要素を楽しむことができます。韓国の古い文化だけでなく現代のトレンドを取り入れたおしゃれなお店も多いところです。そのため、老若男女問わず幅広い年齢層の方たちが訪れてにぎわっています。歩くだけでも楽しいエリアなので、韓国の文化に触れたいならおすすめしたいスポットです。

景福宮

ソウルにある景福宮は、韓国の五大宮のひとつです。朝鮮王朝の正宮として建てられ、600年という長い歴史的価値のある建築物です。景福宮の広大な敷地には、国立古宮博物館や多くの文化財があります。

昌徳宮

昌徳宮は、景福宮と同じく五大宮のひとつです。李氏朝鮮王朝の太宗が建てた王宮で、五大宮の中で唯一世界遺産に登録されています。訪れた人からは「自然と建築との調和がよく景観が美しい」と評判で、韓国へ行くたびに足を運ぶ方がいるほど人気の高い観光スポットです。他にも、1日3回行う衛兵の交代式も人気です。また、人気の韓国ドラマの撮影を行われた場所でもあり、ロケ地巡りで訪れる方も増えています。

Nソウルタワー

韓国のソウルにあるNソウルタワーは、ランドマークタワーとして人気の観光スポットです。南山の山頂にあり、展望台からソウルの街並みを一望できます。また、夜になると幻想的な照明によってライトアップされ、昼とはまた違う魅力があります。

韓国の両替情報

明洞大聖堂

日本から韓国へ行く場合、円から韓国の通貨であるウォンに両替しなければなりません。そのため、「両替するなら日本から出る前にしたほうがよい」と、日本を離れる前に両替する方も多いでしょう。しかし実は、日本よりも韓国で両替したほうがお得です。

例えば日本で10,000円をウォンに両替する場合、為替相場にもよりますが、85,000ウォン~90,000ウォン程度となります。実際には手数料が引かれるため、手元に戻ってくるウォンはさらに少なくなります。これに対して韓国・ソウルで両替した場合、場所にもよりますが10,000円を両替して100,000ウォンを超えることがあります。日本と比較して10%以上お得になることもあるのです。また、韓国では手数料が無料になる両替所も多いため、そういった場所を利用すればさらにお得に両替することができます。
ただし、上述したように韓国でも場所によってレートが異なるため、お得に両替するためには場所を選ばなければなりません。以下では、お得に円からウォンに両替できる場所をランキングでご紹介します。

1位:ソウル市内の銀行・両替所

ソウル市内には、たくさんの両替所があります。特にレートがよくて手数料無料で両替できるところは、明洞・南大門・東大門にある両替所です。

2位:韓国の空港にあるATM・両替所

韓国の空港にあるATMや両替所は、日本に比べるとレートがよく、飛行機から降りてすぐに両替できるので便利です。日本語対応のATMもあるので、安心して両替ができます。

3位:ホテル

韓国のホテルにも両替できる場所があります。日本に比べるとレートはよいですが、韓国の他の両替所に比べると全体的にレートがよくありません。利用する場合は、必要最低限にすることをおすすめします。

4位:日本の銀行

日本はレートが悪く円安の影響も受けるので、ウォンに両替すると損する可能性があります。また、手数料もかかるので結果的にウォンが少なくなります。しかし、韓国旅行へ行く前にウォンへ両替できることや、日本語で対応してもらえることなどの安心感があります。

以上、円からウォンを両替するときに損しない場所をランキングでご紹介しました。 レートや手数料を考えてお得に両替したいのなら、

・日本で両替しない
・韓国に到着したら空港で2万円~3万円程度を両替する(最低限必要な交通費など)
・ソウル市内で残りの両替

という手順で両替を行うのがおすすめです。両替金額が大きくなるほどレートの差は響いてくるため、ショッピングなどで多額の両替を必要とする場合は特に注意しなければなりません。

まとめ

韓国は、魅力的な観光スポットがたくさんある人気の観光地です。世界でもトップクラスといわれているほどWi-Fi普及率が高いデジタル先進国ですが、フリーWi-Fiが少ないので旅行者にとっては不便であるといえます。
韓国で快適にインターネットを利用したいのなら、レンタルWi-Fiがおすすめします。レンタルWi-Fiなら海外パケット専用のプランよりも安く、安心して自由にインターネットを利用できます。
SNSやメッセージアプリの利用、観光スポット情報の検索もできるので、韓国旅行へ行くならぜひレンタルWi-Fiをご利用ください。

渡航国データ 韓国

主な通信規格分布 4G-LTE 通貨 W(韓国ウォン)
コンセントタイプ Cタイプ・SEタイプ(Fタイプ) 税率 10%(付加価値税VAT)
※買い物金額により払い戻しがあることも。
電圧・周波数 220V 60Hz 両替レート
※2016/12/09現在
W1:0.098円
日本(東京時間)との時差 ±0時間 気温 最低気温-6℃~最高気温29.5℃
日本の東京と近い気温変化傾向がある
東京成田から韓国までの
フライト時間
2時間40分 気候 日本と近く春夏秋冬がはっきりしている
冬の気候は寒冷乾燥で零下の気温が多い
成田出発日から到着日時例 12月07日17時→12月07日19時40分着
(例:ソウル行2時間40分)
主な交通手段 地下鉄/市内バス/シティツアーバス
タクシー(一般・模範・ジャンボ・インターナショナル)