韓国wifi比較|海外で使える!Wi-Fiレンタル比較サイト

海外で使えるレンタルwifiを比較【韓国】

韓国ドラマや韓国出身アイドルグループの人気が高まったり、韓国の美容方法や美容グッズが注目されたりといった韓流ブームがあり、現在でも若年女性や主婦層の間で人気のある韓国。美容の国としても有名で、エステや美容施術、整形を受けに韓国へ旅行する女性も多くいます。ライトアップが有名な清渓川、ドラマで話題になった昌徳宮、景福宮といった有名スポットの写真のアップロードや明洞でのショッピング通訳などに活用できるレンタルWi-Fiがあると観光がとてもスムーズにできますよ。

Wi-Fi規格と利用可能範囲

世界の通信調査の結果でも、ほかの国よりも飛び抜けたWi-Fi普及率を誇るデジタル先進国・韓国。しかし、その実、旅行客からは「使いづらい」という言葉がよく出ています。韓国のWi-Fi環境として普及しているのは、主に4G-LTEです。4G-LTEの普及率が高く、接続できる場所では快適に利用することが可能です。しかし、韓国の高い接続環境の恩恵を受けるのは主に現地の方々。残念ながら、日本から持って行ったスマホなどはほとんど繋がりません。登録制やキャリアの有料Wi-Fiが多く、無料で使えるスポットも韓国ではかなり限られています。公共の交通機関などではほとんど繋がらないので、快適なネット環境の利用にはレンタルWi-Fiが必須と考えた方が良いでしょう。

韓国のWi-Fi環境

韓国のWi-Fiは、通信会社が契約者に提供しているものがほとんどです。携帯電話などのWi-Fiスポットを各通信会社が数多く設置しているため、現地携帯電話の契約者の場合は不便なく接続することが可能です。一方、日本の通信会社を経由するキャリア契約で日本から持ってきたスマホ利用となると、ほとんど接続できないということが多くあります。ただし、旅行者も通信会社やコンビニなどで利用契約の登録をすることで短期間の間、Wi-Fiスポットを利用することが可能です。その場合は、コンビニで売っているWi-Fiプリペイドカードなどを購入して利用します。しかしながら、この場合、Wi-Fiスポットから出るとすぐ通信が途切れることが多くあります。韓国専用の携帯電話やスマホを持っている友人知人が同行するなら、テザリング機能で接続してもらうことも可能です。

韓国のWi-Fi事情についてはこちら

主に利用できる韓国のWi-Fiスポット

韓国では、無料で利用できるWi-Fiスポットがかなり限られています。各通信業者のWi-Fiスポットが設置されており、地下鉄、カフェ、公共施設などのほとんどが、韓国通信業者のスポットとなっていますが、Wi-Fiを無料開放しているところは少なく、観光客の多い大型ショッピングセンターや博物館などごく一部に限られます。通信環境や普及率は高く、日本とあまり変わりませんが、無料利用できるWi-Fi通信はほとんどないのです。また、韓国携帯電話とのテザリングについても、携帯電話の契約者に負担がかかります。友人のデータ容量制限が発生する恐れがあるので、やはり快適にネット環境を利用するなら、現地通信を利用できるレンタルWi-Fiを持って渡航した方が良いでしょう。

韓国のレンタルWi-Fi対応会社

グローバルWi-Fi・イモトのWi-Fi・テレコムスクエア・韓国データ・GAC 韓国・ワールドデータ basic・JAL-ABC・エクスモバイル・フォートラベル・ジャパエモ

レンタルWi-Fiの受取場所

グローバルWi-Fiのみ以下にて対応(それ以外の業者は日本国内の主要空港や宅配・本社で受取)
ソウル明洞オフィス 受取返却可能
空港鉄道ソウル駅 受取返却可能
金浦国際空港 返却のみ可能
仁川国際空港 返却のみ可能
ソウル市内のみホテルへの配送可能 配送手数料:540円(税込)
韓国現地で受取した場合は、現地返却が必要。

変圧器・コンセントアダプタのレンタル

韓国のコンセント形状は日本のAタイプ形状とは異なり、C/SEタイプ(Fタイプ)になっています。C/SE(Fタイプ)タイプは規格の新旧の違いで、軸の太さが違います。C/SE型両方のコンセントアダプタを持って行くようにしましょう。また電圧も220V、周波数60Hz対応となっており、日本規格の倍の電圧です。日本製品の利用をするなら、変圧器の用意をしておくようにしましょう。

海外携帯レンタル 詳細・ご予約
海外携帯レンタル 詳細・ご予約
  • イモトのWiFi
  • テレコムスクエア
  • JAL ABC
  • グローバルwifi
  • エクスモバイル

韓国(レンタルWi-Fi比較)

イモトのWiFi グローバルWiFi テレコムスクエア JALエービーシー エクスモバイル フォートラベル ジャパエモ ユーロデータbasic
取り扱い通信規格 4G-LTE回線 4G-LTE回線 4G-LTE回線 4G-LTE回線 4G-LTE回線 4G-LTE回線 4G-LTE回線 取扱なし
モバイル通信速度 3G - - - - - - - -
4G-LTE 下り最大75Mbps・
上り最大25Mbps
※1
下り最大75Mbps・
上り最大25Mbps
※1
下り最大75Mbps・
上り最大25Mbps
※1
下り最大75Mbps・
上り最大25Mbps
※1
下り最大75Mbps・
上り最大25Mbps
※1
下り最大75Mbps・
上り最大25Mbps
※1
下り最大75Mbps・
上り最大25Mbps
※1
-
ルーター1個あたりのレンタル価格 通常プラン 680円/日 870円/日 750円/日 1,150円/日 650円/日 540円/日 プランによる
※8日間3GBプランの場合
535円/日
-
大容量プラン 680円/日 1,170円/日 1,050円/日 なし なし 540円/日 -
大容量以上のプラン 【ギガプラン】 1,880円/日 【超大容量プラン】
1,370円/日
なし なし なし 【超大容量プラン】
1,120円/日
-
利用可能データ容量 通常プラン 400MB 250MB 250MB 無制限 300MB
250MB
プランによる
※8日間3GBプランの場合
3GB
-
大容量プラン 500MG 500MB 500MB なし 500MB -
大容量以上のプラン 【ギガプラン】 1GB 【超大容量プラン】
1GB
なし なし 【超大容量プラン】
1GB
-
通信制限データ量 通常プラン 133MB/日 250MB/日 250MB/日 無制限 300MB/日 250MB/日 プランによる
※8日間3GBプランの場合
3GB/8日
-
大容量プラン 500MB/日 500MB/日 500MB/日 なし 500MB/日 -
大容量以上のプラン 【ギガプラン】 1GB/日 【超大容量プラン】
1GB/日
なし なし 【超大容量プラン】
1GB/日
-
周遊プラン 世界周遊プラン
1,580円/日
アジア周遊プラン
4G-LTE・250MB
1,680円/日
4G-LTE・500MB
1,780円/日
4G-LTE・1GB
1,880円/日

世界周遊プラン
~2,180円/日
アジア周遊Wi-Ho!3G
980円/日

世界周遊Wi-Ho!Lite 3G
1,380円/日

世界周遊Wi-Ho! 4G
1,980円/日
周遊プラン
1,990円/日
アジア周遊プラン
通常(200MB)プラン:950円/日
大容量(500MB)プラン:1,250円/日

世界周遊WiFiプラン
通常(200MB)プラン:1,100円/日
大容量(500MB)プラン:1,450円/日
アジア周遊プラン
~1,680円/日

世界周遊プラン
1,870円/日
※特定の組み合わせを除く
なし なし
人数と日数の料金
(データ通信料・本体レンタルのみの金額比較)
通常 ▼通常プラン ▼通常プラン ▼通常プラン ▼通常プラン ▼通常プラン ▼通常プラン (例)
8日間3GBプランの場合
1人×3日:1,605円/人
5人×3日:321円/人
なし
1人×3日 2,040円/人 2,610円/人 2,250円/人 3,450円/人 1,950円/人 1,620円/人
5人×3日 408円/人 522円/人 450円/人 690円/人 390円/人 324円/人
大容量 ▼大容量プラン ▼大容量プラン ▼大容量プラン なし なし ▼大容量プラン
1人×3日 2,040円/人 3,510円/人 3,150円/人 1,620円/人
5人×3日 408円/人 702円/人 630円/人 324円/人
その他 ▼ギガプラン ▼超大容量プラン なし ▼超大容量プラン
1人×3日 5,640円/人 4,110円/人 3,360円/人
5人×3日 5,640円/人 822円/人 672円/人
国別長期パック料金 30日パック
14,200円/30日
30日プラン
【Aプラン】
15,000円 / 30日
長期プラン
【マンスリーTelecom Wi-Fi】
15,000円 / 1ヶ月
1ヶ月ごとの契約自動更新
※ビジネス用
※初回契約期間は3ヶ月
なし 7日間パック:1日分無料
※7~13日の渡航に適用可

14日間パック:2日分無料
※14~29日の渡航に適用可

30日パック:4日分無料
※30日以上の渡航に適用可
なし 8日間3GBプラン【4G-LTE】
4,280円/8日
なし
利用可能キャンペーン
(公式サイト情報)
★新規登録キャンペーン(2017/1/15締切)
カードホルダー付きiPhone6/6sケースを抽選で500名様にプレゼント
なし ★学生・卒業旅行応援キャンペーン
(2016/01/25締切)
Twitterをフォロー&リツイートすると、抽選で総額100万円相当の豪華賞品プレゼント
★年末年始旅行応援キャンペーン
(2017/01/16  16:59申し込み分 迄)
マイレージ200マイル/台進呈+
単国プラン利用料10%OFF
韓国通常プラン
1,150円→1,035円
なし なし なし なし
テザリング・複数台接続 可能(最大5台) 可能(最大5台) 可能(5~10台) 可能(最大5台) 可能(5~10台) 可能(最大5台) 可能(最大5台) なし
バッテリー耐久時間 約4~5時間 約3~5時間 約8~10時間 約4.5時間 約8時間 約3~4時間 約3~4時間 なし
オプションバッテリー モバイルバッテリー
エネループ:216円/日
エネスマート:270円/日
エネハイバー:388円/日
モバイルバッテリー
216円/日
モバイルバッテリー
216円~324円/日
モバイルバッテリー
(価格不明)
モバイルバッテリー
500円/個
モバイルバッテリー
216円/日
モバイルバッテリー
500円/個
なし
安心保障プラン あんしんパックフル

324円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用100%を補償。ただしエネループなどのモバイルバッテリーと、電源プラグは補償外)

あんしんパック

216円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用80%を補償。ただしエネループなどのモバイルバッテリーと、電源プラグは補償外)
安心補償パック

MAX:540円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用+再調達費用の100%を補償。さらに携行品の盗難・紛失・破損に最大10万円分の補償)

フル:324円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用+再調達費用の100%を補償)

ミニ:216円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用+再調達費用の80%を補償)
あんしん保証パック

216円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用100%を補償。現地国内の警察署や公的機関からの紛失証明書や盗難届の情報などがない場合は加入時でも弁済費用50%が発生する)
安心補償料

210円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用を63,000円軽減。加入していた場合、弁済費用は15,750円)
あんしん補償

レンタル料の10%
(紛失・破損・盗難時の弁償費用の軽減)
安心補償パック

MAX:540円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用+再調達費用100%を補償。さらに携行品の盗難・紛失・破損に最大10万円分の補償)

フル:324円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用+再調達費用100%を補償)

ミニ:216円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用+再調達費用80%を補償)
レンタル安心補償

1,500円
(紛失・破損・盗難時の弁償費用100%を補償。ただし、現地の紛失証明書取得が必須。紛失証明書がない場合は補償加入していても50%の弁済費用が発生する)
なし
その他オプション シガーソケット充電器
108円/日

3口電源タップ
194円/日

セルカレンズ
108円/日

中国VPN
324円/日
2ポートUSB
カーチャージャー
216円/日

マルチ変換プラグ
54円/日

360°カメラ
THETA S
1,080円/日

iPadレンタル
540円/日
USBカーチャージャー
108円/日

セルカレンズ
108円/日
なし


変換プラグ
400円/日

スマホ・ipad
レンタルあり
費用詳細なし
(レンタルパックプランでの申し込み)
2ポートUSB
カーチャージャー
216円/日

マルチ変換プラグ
54円/日

360°カメラ
THETA S
1,080円/日

iPadレンタル
540円/日
なし なし
現地受取 なし 可能 なし なし なし 可能 なし なし
現地受取可能空港・場所 なし ソウル明洞オフィス
受取返却可能

空港鉄道ソウル駅
受取返却可能

金浦国際空港
返却のみ可能

仁川国際空港
返却のみ可能

ソウル市内ホテル
配送受取
なし なし なし ソウル明洞オフィス
受取返却可能

空港鉄道ソウル駅
受取返却可能

金浦国際空港
返却のみ可能

仁川国際空港
返却のみ可能

ソウル市内ホテル
配送受取
なし なし
現地受取手数料 なし 540円 なし なし なし 540円(ホテル配送の場合) なし なし
イモトのWiFi
詳細へ
グローバルWiFi
詳細へ
テレコムスクエア
詳細へ
詳細ページ
準備中
詳細ページ
準備中
詳細ページ
準備中
詳細ページ
準備中
ユーロデータbasic
詳細へ

※1 最高速度は理論値であり、実際の速度を保証するものではありません。通信環境(国や地域、利用するネットワーク等)により、通信速度は変わります。

渡航国データ 韓国

主な通信規格分布 4G-LTE 通貨 W(韓国ウォン)
コンセントタイプ Cタイプ・SEタイプ(Fタイプ) 税率 10%(付加価値税VAT)
※買い物金額により払い戻しがあることも。
電圧・周波数 220V 60Hz 両替レート
※2016/12/09現在
W1:0.098円
日本(東京時間)との時差 ±0時間 気温 最低気温-6℃~最高気温29.5℃
日本の東京と近い気温変化傾向がある
東京成田から韓国までの
フライト時間
2時間40分 気候 日本と近く春夏秋冬がはっきりしている
冬の気候は寒冷乾燥で零下の気温が多い
成田出発日から到着日時例 12月07日17時→12月07日19時40分着
(例:ソウル行2時間40分)
主な交通手段 地下鉄/市内バス/シティツアーバス
タクシー(一般・模範・ジャンボ・インターナショナル)
韓国
空港のホットスポット情報
無料Wi-Fi利用可能 無料Wi-Fi利用可否不明 無料Wi-Fi利用可能(時間制限あり)
仁川(インチョン)国際空港
無料Wi-Fi・無料電気充電サービス

金浦(キンポ)国際空港
一階到着ロビーで利用可能
『PUBLIC WIFI FREE』に接続

金海(キンメ)国際空港
「olleh WIFI ZONE」「T WIFI ZONE」利用
住宅街はWi-Fiサポートの対象外

済州(チェジュ)国際空港
無料Wi-Fiの電波キャッチが可能
ただし、公式での利用可能案内はないので
通信が安定しない恐れあり
大邱(テグ)国際空港
(利用可否・明記情報なし)
なし
携帯キャリア海外定額制比較 au docomo ソフトバンク
通信規格 W-CDMA・CDMA2000(3G相当) W-CDMA(3G相当) W-CDMA(3G相当)
通信制限量 海外ダブル定額:なし
世界データ定額:国内で契約している
データ定額サービスによる
海外パケ・ホーダイ:なし
海外1dayパケ:30MB/24時間
なし
プラン 海外ダブル定額
世界データ定額
海外パケ・ホーダイ
海外1dayパケ
海外パケットし放題
料金 海外ダブル定額
1,980円~2,980円/日
世界データ定額
980円/24時間
海外パケ・ホーダイ
1,980円~2,980円/日
海外1dayパケ(韓国)
980円/24時間
海外パケットし放題
1,980円~2,980円/日
テザリング・複数台接続
人数と日数の料金 海外ダブル定額(2,980円/日)
1人×3日:8,940円/人
5人×3日:8,940円/人

世界データ定額
1人×3日:2,940円/人
5人×3日:2,940円/人
海外パケ・ホーダイ(2,980円/日)
1人×3日:8,940円/人
5人×3日:8,940円/人

海外1dayパケ(980円)
1人×3日:2,940円/人
5人×3日:2,940円/人
海外パケットし放題
2,980円/日
1人×3日:8,940円/人
5人×3日:8,940円/人

韓国で長期旅行・ロングステイするなら?

まとまった期間で参加するエステなどのダイエットプログラムや美容整形のための滞在、仕事や留学で数か月や1年のロングステイが必要になる場合などには目的や日数に応じて滞在施設やビザ、サービスの利用日数を考えることが必要になります。予算を考えないと想定外の大きな出費になってしまいますので、しっかり準備しましょう。

長期旅行での滞在

何日かかけて周辺国を周遊する観光旅行や整形などの美容施術をする場合には、長い旅行日数が必要になります。韓国は日本から距離が近く、往復の時間や運賃も少なく済むので、観光や術後観察などに比較的たっぷりと時間を使えます。

留学での滞在

日本と同じ英語苦手国から、今や英語先進国に登りつめた韓国。留学することで、その英会話取得のカリキュラムを体験することができますし、同時に韓国語も学べるといったメリットもあります。韓国留学に必要な滞在期間は3か月~6か月、または1年~3年程度です。交換留学や短期留学だと2週間程度で終わることもあります。

仕事での滞在

英語先進国である韓国の企業から学ぶことも多いでしょう。日本との時差がなく、化粧品市場などの拡大やウォン安、アメリカなどとの自由貿易協定で関税が撤廃されるなど商売をする場所としても注目されており、韓国に新しい拠点を築く日本の会社もあります。ワーキングホリデービザが1年、現地契約でビザが2~3年と長期期間の滞在が可能です。

長期割引・期間固定プランと日数×レンタル費用プランはどちらが得?

韓国への10日以上の長期旅行や、数ヶ月、数年の留学、海外出張などを行なう際、Wi-Fiをレンタルすると便利です。しかし長く滞在することになる場合、気になるのは利用日数で負担する料金が変わるレンタル料です。プラン比較で考えてみましょう。

長期割引プラン

利用期間や料金を固定した契約ではなく、一定期間以上の利用について割引を適用するプランになります。利用するプランや業者でも異なりますが、たとえば1か月程度の利用の場合、レンタル開始から23日目くらいまではレンタル日数に合わせた料金が発生し、23日を超えたあたりから30日までの間(最後の1週間)はそのまま、料金の加算が止まるような料金体系が多くなっています。2ヶ月以上利用する場合、2ヶ月目以降も同様に最後の1週間の料金の加算が止まります。契約時に明確に利用期間が決まっていない場合にも便利なプランです。

期間固定プラン

1ヶ月や60日等、期間を固定して契約するプランになります。契約期間未満の利用でも料金が変わりませんが、レンタル業者によっては日数で費用が加算されていく通常レンタルよりも確実に費用を抑えることができます。例えば、エクスモバイルの韓国4G-LTEプランでは通常30日利用すると19,500円になりますが、30日契約のプランなら16,900円です。2,600円も安くすることができます。
長い期間の旅行や滞在であれば、上記の長期利用割引と期間固定割引をしっかり比較し、どちらがよいか検討してみましょう。

日数×レンタルプラン

3日~4日などの短い期間の旅行、出張であれば、日数でレンタル費用が決まる一般的なプランの方が安くなります。5日以上の期間を固定したプランだと途中で帰国しても残りの日数分の料金は戻ってきません。行ったり来たりする短期出張などもレンタルプランの方が良いでしょう。日数でのレンタルプランの場合、韓国3日間:1,890円~3,450円程度で海外用Wi-Fiのレンタルが可能です。5日以上のレンタル予定の場合は、国により5~15日などのレンタルパックのあるレンタル業者の利用もオススメです。

Wi-Fiレンタルの現地情報(韓国)

日本から韓国への渡航にはトランジットが不要なので、多くの場合、宅配や空港でレンタルWi-Fiを受取ってそのまま現地に向かえば問題ありません。しかしいったん別の国を経由してから韓国に行くケースや、ホテルのWi-Fiやホットスポットが利用できずに急遽、レンタルWi-Fiが必要になることもあります。こうした場合に備えて、韓国でレンタルWi-Fiを調達する方法を知っておくと安心です。

現地でレンタルできる韓国のレンタルWi-Fi会社

製品の品質やサポートセンターのサービス、日本語が通じる安心感を考えると、日本のレンタルWi-Fi業者を利用したいと考える人も多いでしょう。現地で受取ができて、いざという際に日本語でサポートしてもらえれば安心ですね。韓国で利用できる日本のレンタルWi-Fi業者を確認しておきましょう。

グローバルWi-Fi

グローバルWi-Fiはソウル・明洞にオフィスを展開しており、受取返却を現地で行なうことが可能です。その際には、事前に連絡・予約を行なうことが必要なので相談・予約をしておくと良いでしょう。当日申し込みも可能なので、韓国到着後にレンタルWi-Fiが必要になってもすぐに借りることができます。空港鉄道のソウル駅やソウル市内へのホテル宅配も受け付けています。レンタルWi-Fiの宅配や受取については540円(税込み)の手数料が発生します。

フォートラベル

フォートラベルの会員の方は、グローバルWi-Fiを提供している株式会社ビジョンのサポートを受けることができます。上記のグローバルWi-Fiのサービス同様、グローバルWi-Fiの韓国オフィスでの受取、返却はもちろん、空港鉄道ソウル駅での受取・返却も可能です。金浦国際空港や仁川国際空港では返却のみ可能になっています。サポートや代替品の送付も迅速です。ソウル市内のホテル配送のみ540円(税込み)の手数料が必要となります。

現地でレンタルできる韓国のレンタルWi-Fi会社

韓国では、現地キャリアや通信業者のWi-Fiスポットが発達しています。現地では日本のレンタルWi-Fi会社のサービスが利用できない場合もあるので、旅行者でも利用可能な現地通信会社のレンタルWi-Fiサービスについても知っておくと良いでしょう。

KT

KTは韓国の大手通信会社で、日本でいうところのNTTのような会社です。韓国でのキャリアシェア率としては32.3%となっていて、比較的広い範囲をカバーしています。値段が安くお手軽な印象の強い業者です。空港では金浦国際空港・仁川国際空港・金海国際空港・濟州国際空港・釜山港でのレンタル・返却が可能です。費用は、1日8,800Won(約862円)となります。日本語、英語、中国語など、多言語対応でサポートしてもらえるので安心して利用することが可能です。

LG U+

携帯キャリアとしてはシェア率16%とそれほど高くはありませんが、仁川空港・金浦国際空港・金海国際空港にてレンタルが可能です。LTE通信での高速通信が利用可能で、LINEやカカオトークなどの無料通話アプリの利用制限もありません。日本語対応も可能で、キャンセルチャージがかからないなどのメリットもあります。金額は1日8,800Won(約862円)となっています。タイミングが合えばキャンペーン価格(例:1日あたり5,500Won)で利用できたり、さらにリピーター割引があったり、サービス面や料金面での安さが魅力です。

現地レンタルのメリット

現地でレンタルWi-Fiをレンタルするメリットとしては、通信の安定性や、レンタル日数にかかる費用の削減が可能です。日本空港で受取、夜の便で翌日に韓国到着して利用する場合は日本で借りた日からレンタル費用がかかりますが、現地受取なら現地で利用開始からのレンタル費用となります。

利用者の声

日本からも近く、旅行者も多い韓国。世界的にもネット環境の充足がよく知られているため、レンタルWi-Fiは不要と考えていた旅行者も数多くいるようです。デジタル先進国韓国でのレンタルWi-Fi利用について利用者の声を聞いてみましょう。

フリーのホットスポットがほとんどない!

韓国は世界的に見ても、ネット環境や通信において飛び抜けた充実ぶりだと聞いていました。実際、通信速度などのデータを出国前に調べてみたらかなり早いみたいでした。一緒に行った友人は自分のスマホは海外対応だからとそのまま利用するつもりで出国。自分は、結構頻繁にネットを使うので、容量の大きいレンタルWi-Fiを念のため借りました。これが、びっくりしたことに友人の携帯が全然繋がらないんです。借りていたレンタルWi-Fiは複数台使えたので結局シェアして旅行しました。

過信は禁物!デジタル先進国=“どこでも繋がる”じゃない!

韓国は、デジタル先進国だと聞いていたけど無料ホットスポットがほとんどない。大手のカフェなら無料で使えるかもとレンタルWi-Fiを充電して、その間はホットスポットでネットサーフィンしようと思ってたんです。それが、まさかのホットスポット有料なんです。大体のカフェやレストランでもそうでした。あ、でも地元密着のこじんまりとしたお店だと無料でも使えました!交通機関とか公共とかで無料で繋がるところはほとんどないので、レンタルWi-Fiを持って行った方がいいです。

韓国は繋がりやすさよりセキュリティ重視?

韓国の場合は携帯通信会社などが普及していて、日本と似たような感じだと感じました。現地の携帯端末はサクサク使えるけど、外国からの旅行者としては使いにくいと感じることが多いと思います。ほとんどのカフェとかでもネットが携帯通信会社の通信になっているので、有料利用となる場所が多いです。通信用のプリペイドカードも売っていましたし、だれでも繋がるというよりもセキュリティ重視なのかも。レンタルWi-Fiなしではかなり不便だと思っていいです。

韓国で使うなら断然4GLTE!

「やっぱりネット環境がないとやっていけない!」ってタイプなので、ストレスなく使えるレンタルWi-Fiを比較して選びました。韓国は、多くの場所で4GLTEの高速通信が使えるようになっています。3Gも対応できる4GLTEのレンタルWi-Fiなら、どこでも大体繋がるし、高速通信が使えるところにきたら動作も中々です。ストレスフリーに使いたいなら、大容量プランがオススメ。SNSやLINEとか、こまめにネットしたい派はモバイルバッテリーもレンタルした方がいいと思います。

韓国にて酔った勢いでレンタルWi-Fi紛失!

現地に長期で研修しに行っていたのですが、現地での飲み会で、帰宅後にマンスリープランでレンタルしていたレンタルWi-Fiを紛失。かなり焦りましたが、補償にも入っていたんで全額負担せずに、新しいレンタルWi-Fiを市内のホテルに発送してもらえました。補償も重要だし、即座に対応して送付してもらえることも重要です。深夜焦って電話したんですけど、深夜でも無事対応してもらえたので安心でした。プラン選びはサポートも重要ですね。

カカオトークで現地での通話も無料

今回は美容施術を受けに、ちょっと長めの韓国。グループ女子旅だったけど、レンタルWi-Fi1台でiPadもメンバー分のスマホ4台も快適に利用できました!しかも料金は一台分だから割り勘でかなりお得♪携帯会社の海外パケットよりも断然安いから、美容グッズのまとめ買いや豪華なスペシャルエステに浮いた分を充てました(笑)。携帯電話の通話がなくてもカカオトークやLINEとかでOKだったし、通話もバッチリ聞こえるので問題なしでした。

しゃべれなくてもOK、値切りも翻訳アプリ任せ

初の一人韓国旅行。ツアーで行きたくないところを回るのがイヤだったので、現地の言葉も話せないけど一人旅を決意。途中でインターネットが繋がらなくなると怖いから、空港でレンタルWi-Fiを受け取って渡航しました。現地空港からすぐ使えて、マップも快適に開けていたのでほとんど迷子になりませんでした。翻訳ツールを使った買い物や値切り交渉も、安定したネット環境のおかげでスムーズでした!おかげで友達にもたくさんお土産が買えました。今度、別の国に行くときにもリピートします!

コンシェルジュの翻訳サービスがあり、本当に助かった

レンタルWi-Fi業者が提供している、24時間対応の翻訳サービスやコンシェルジュ付きのプランが本当にオススメです。韓国の飲食店で危うく必要以上に高いお金を払わされそうになったのですが、焦ってレンタルWi-Fiのコンシェルジュサポートに相談したら、通訳してくれて無事に済みました。向こうの会計間違いは結構多いので、こうした通訳サービスや翻訳アプリをすぐ使えるようにした方がいいです!

グルメスポットやエステ情報を調べるのも楽々

旅行に行くなら、やっぱり美味しい物やおすすめ情報をチェックできるのって重要!ネットが繋がらないのは困るので、レンタルWi-Fiを用意して旅行しました。Facebookとかで現地のおすすめ情報とか教えてもらったり、グルメ情報やエステ情報をネットでチェックしたりと頻繁に使いました。どこでも繋がってすぐページを開けたので満足です、でも常時接続では、やっぱりモバイルバッテリーがいります。4時間くらいで電源が切れたのでチャージして使いました。

デジタル先進国と聞いて行ったら…

韓国は世界的にも通信が発達していると聞いていたので、「日本にいるときには、あまりネットは使わなかったし、最低容量のプランでいいや」と一番安くて容量の小さいプランを契約。それが間違いでした。無料ホットスポットはほとんどないし、知らない地理なのでマップや翻訳ツールをかなり使うことに。家族で使っていたのもあり半日で容量オーバーしました。その失敗以降、韓国に行くときは常にレンタルWi-Fiを持って行っていますよ。

レンタルWi-Fiは絶対必要!

旅行雑誌には「韓国はネットが発達している」って書いてあったけれど、調べてみたら無料で使えるホットスポットが少ないとわかりました。「言葉も話せない場所でネット断絶は怖すぎる!」と思い、レンタルWi-Fiを借りることにしました。自分専用の回線なので、ほぼどこでも混雑せずに繋がるし、すぐにマップや翻訳、通貨計算アプリなども使えました。おかげで安心して旅行できたので、次回の海外旅行でもレンタルWi-Fiは持って行く予定です。

まとめ

デジタル先進国というと、どこでもネットに繋がるような印象があります。しかし、一概にそうではないようです。ネットセキュリティの面や、通信業者などの普及レベルから先進国と言われているような場合、旅行者がその恩恵を受けられるとは限らないので、事前に渡航国のWi-Fi事情ついてはチェックしてから判断をした方が良いでしょう。韓国では予想以上に無料スポットの数が限られているため、常時つないだまま利用したい人は大容量のモバイルバッテリーや充電持ちの良い機種をレンタルするのもオススメです。

海外Wi-Fiの詳細とレンタル料金を調べる