ハワイwifi比較|海外で使える!Wi-Fiレンタル比較サイト

海外で使えるレンタルwifiを比較【ハワイ】

ワイキキビーチやダイヤモンドヘッドなどの美しい風景や、雄大なキラウエア火山など自然が多いハワイ。観光客も多く、観光客向けに作られたオシャレなカフェが多くあります。アサイーボウルやパンケーキ、エッグベネディクトなどオシャレなグルメも多いハワイは、インスタでの写真映えが抜群ですよ。その場で体験した感動と共に風景やオシャレな料理の写真をアップしたり、ショッピングモールで購入したブランド物をSNSで自慢したり。レンタルWi-Fiがあればこんな情報もすぐ発信できます。

Wi-Fi規格と利用可能範囲

ハワイのWi-Fiには3Gと4G、二つの規格があります。3G通信は速度が速くないものの、通信エリアはオアフ島全域をカバーしています。キラウエア火山などの山側でも接続が可能ですし、通信可能エリアで考えるのなら3G対応が可能なものが良いでしょう。カウアイ島やオアフ島の全域を巡るなら3G対応可能でないと繋がらない場所もあります。ハワイ島のワイキキや市街地・有名スポットのみの利用でサクサク通信したいなら4G対応で高速通信がオススメです。広い通信エリアも都市部の高速回線もどちらも欲しいという欲張りな方は4G・3G両方に対応できるレンタルWi-Fiを選ぶと安心ですよ。4Gが使える場所では4Gの高速回線が利用できます。4G対応していない場所では3G回線を捕まえるので常に快適に繋がります。

ハワイのWi-Fi環境

ハワイの場合、無料Wi-Fiを使えるフリーホットスポットはカフェやショッピングセンター、コンドミニアムやレストランなどが中心になっています。サンセットビーチ付近の飲食店では3G回線を主流にしているところも多く、3G通信規格に対応した端末の方が安定して接続できます。多くの場合はお店の利用中でのWi-Fi使用になり、お店やフリーのホットスポットから出ると接続が途切れます。空港や一部ホテルなどの場合、ロビーやプールなどの共用施設には無料Wi-Fiを開放しているところもあります。一方、客室の有線LANやWi-Fi通信に利用料を課すところもあります。ホテルの場合は、リゾートフィーというサービス料として宿泊費と一緒に計算されていることがほとんどです。リゾートフィーはホテルにより異なり、1日10~35ドル程度の料金になります。

ハワイのWi-Fi事情についてはこちら

主に利用できるハワイのWi-Fiスポット

ハワイでWi-Fiを利用できるフリーホットスポットは前述の通り少なくはありませんが、ネット環境のセキュリティはかなり緩いので、不用意にWi-Fiを繋ぐと思わぬトラブルに遭うことがあります。情報漏洩を避けるためにも利用するホットスポットの情報は確認してから繋ぎましょう。またホノルル空港では、出国手続き後の航空会社・クレジットカード会社の利用者専用ラウンジにて無料でWi-Fiが利用できますが、それ以外の空港内Wi-Fiスポットは有料です。「Shaka Net」を利用しての接続になり、2時間程度で6.95ドルの料金が発生します。費用や接続環境から考えると空港内外関係なく使えるレンタルWi-Fiがオススメです。

ハワイのレンタルWi-Fi対応会社

グローバルWi-Fi・イモトのWi-Fi・テレコムスクエア・アロハデータ・JAL-ABC・エクスモバイル・フォートラベル

レンタルWi-Fiの受取場所

現地対応はグローバルWi-Fi・フォートラベル・アロハデータ
(それ以外の業者は日本国内主要空港や宅配・本社で受取)

グローバルWi-Fi・フォートラベル

受渡手数料:540円(税込)
同社ワイキキオフィスにて受取
※ハワイ現地で受取った場合は、現地返却が必要。
※ホノルル国際空港でも返却が可能(受取は不可)

アロハデータ

受取手数料:無料
アロハデータ現地オフィスにて受取のみ可能
※ハワイ現地で受取した場合も帰国後に返送用封筒に入れて返送

変圧器・コンセントアダプタのレンタル

ハワイは日本と同じ、平たい軸2本のAタイプコンセントです。ただし、ハワイの電圧は110/120V、周波数が60Hzですので利用する電化製品によっては変圧器が必要です。利用電化製品が対応可能電圧であれば、コンセントアダプタと変圧器は不要です。携帯電話の充電スポットとしては、ドコモやソフトバンクのショップがあります。いずれも無料で利用できます。また旅行代理店の無料充電を利用するのも良いでしょう。

海外携帯レンタル 詳細・ご予約
海外携帯レンタル 詳細・ご予約
  • イモトのWiFi
  • テレコムスクエア
  • JAL ABC
  • グローバルwifi
  • エクスモバイル

ハワイ(レンタルWi-Fi比較)

イモトのWiFi グローバルWiFi テレコムスクエア JALエービーシー エクスモバイル フォートラベル ジャパエモ ユーロデータbasic
取り扱い通信規格 3G回線
4G-LTE回線 
4G-LTE回線  4G-LTE回線  4G-LTE回線  4G-LTE回線  4G-LTE回線  3G回線 なし
モバイル通信速度 3G 1.4Mbps~7.2Mbps
※1
- - - - -
1.4Mbps~7.2Mbps
※1
なし
4G-LTE 25Mbps~75Mbps
※1
25Mbps~75Mbps
※1
25Mbps~75Mbps
※1
25Mbps~75Mbps
※1
25Mbps~75Mbps
※1
25Mbps~75Mbps
※1
-
ルーター1個あたりのレンタル価格 通常プラン 【3G】980円/日
【4G-LTE】1,580円/日
1,170円/日 750円/日 1,250円/日 850円/日 580円/日 プランによる
※10日間プランの場合
398円/日
-
大容量プラン 【3G】980円/日
【4G-LTE】1,580円/日
1,470円/日 1,050円/日 なし 1,100円/日 820円/日 -
大容量以上のプラン 【ギガプラン】
2,180円/日
※4G-LTEのみ
【超大容量プラン】
1,670円/日
なし なし なし 【超大容量プラン】
1,440円/日
-
利用可能データ容量 通常 400MB 250MB 250MB 無制限 300MB 250MB プランによる
※10日間プランの場合
1GB
なし
大容量 500MB 500MB 500MB 500MB 500MB
大容量
以上
【ギガプラン】1GB
※4G-LTEのみ
【超大容量プラン】
1GB 
なし - 【超大容量プラン】
1GB 
通信制限データ量 通常 133MB/日 250MB/日 250MB/日 無制限 300MB/日 250MB/日 プランによる
※10日間プランの場合
1GB/10日
※2GB・3GB可能
なし
大容量 500MB/日 500MB/日 500MB/日 500MB/日 500MB/日
大容量
以上
【ギガプラン】1GB/日
※4G-LTEのみ
【超大容量プラン】
1GB/日
なし - 【超大容量プラン】
1GB/日
周遊プラン 世界周遊プラン
1,580円/日
アメリカ特別エリア
(アメリカ・ハワイ・アラスカ)
4G-LTE・250MB
1,170円/日
4G-LTE大容量・500MB
1,470円/日
4G-LTE超大容量・1GB
1,670円/日

世界周遊プラン
2,180円/日
世界周遊Wi-Ho!Lite 3G
1,380円/日

世界周遊Wi-Ho! 4G
1,980円/日
56ヶ国周遊プラン
1,780円/日

周遊プラン
1,990円/日
世界周遊WiFiプラン
通常(200MB)プラン:1,100円/日
大容量(500MB)プラン:1,450円/日
世界周遊プラン
1,870円/日
※特定の組み合わせを除く
なし なし
人数と日数の料金
(データ通信料・本体レンタルのみの金額比較)
通常 ▼通常プラン ▼通常プラン ▼通常プラン ▼通常プラン ▼通常プラン ▼通常プラン (例)
10日間プラン
1GB(398円/日)
1人×3日:1,194円/人
5人×3日:239円/人
2GB(468円/日)
1人×3日:1,404円/人
5人×3日:280円/人
3GB(498円/日)
1人×3日:1,494円/人
5人×3日:299円/人

15日間プラン
1GB(332円/日)
1人×3日:996円/人
5人×3日:199円/人
2GB(379円/日)
1人×3日:1,136円/人
5人×3日:227円/人
3GB(399円/日)
1人×3日:1,196円/人
5人×3日:239円/人
なし
1人×3日 【3G】2,940円/人
【4G-LTE】4,740円/人
3,510円/人 2,250円/人 3,750円/人 2,550円/人 1,740円/人
5人×3日 【3G】588円/人
【4G-LTE】948円/人
702円/人 450円/人 750円/人 510円/人 348円/人
大容量 ▼大容量プラン ▼大容量プラン ▼大容量プラン なし ▼大容量プラン ▼大容量プラン
1人×3日 【3G】2,940円/人
【4G-LTE】4,740円/人
4,410円/人 3,150円/人 3,300円/人 2,460円/人
5人×3日 【3G】588円/人
【4G-LTE】948円/人
882円/人 630円/人 660円/人 492円/人
その他 ▼ギガプラン ▼超大容量プラン なし なし ▼超大容量プラン
1人×3日 6,540円/人 5,010円/人 4,320円/人
5人×3日 1,308円/人 1,002円/人 864円/人
国別長期パック料金 30日パック
【3G】
19,200円 /30日
30日プラン
【Bプラン】
18,000円 / 30日
長期プラン
【マンスリーTelecom Wi-Fi】
15,000円 / 1ヶ月
1ヶ月ごとの契約自動更新
※ビジネス用
※初回契約期間は3ヶ月
なし 7日間パック:1日分無料
※7~13日の渡航に適用可

14日間パック:2日分無料
※14~29日の渡航に適用可

30日パック:4日分無料
※30日以上の渡航に適用可
なし 10日間プラン【3G】
3,980円/10日

15日間プラン【3G】
4,980円/15日
なし
利用可能キャンペーン
(公式サイト情報)
★新規登録キャンペーン(2017/1/15締切)
カードホルダー付きiPhone6/6sケースを抽選で500名様にプレゼント
なし ★学生・卒業旅行応援キャンペーン
(2016/01/25締切)
Twitterをフォロー&リツイートすると、抽選で総額100万円相当の豪華賞品プレゼント
★年末年始旅行応援キャンペーン
(2017/01/16  16:59申し込み分 迄)
マイレージ200マイル/台進呈+
単国プラン利用料10%OFF
韓国通常プラン
1,150円→1,035円
なし なし なし なし
テザリング・複数台接続 可能(最大5台) 可能(最大5台) 可能(5~10台) 可能(最大5台) 可能(5~10台) 可能(最大5台) 可能(最大5台) なし
バッテリ耐久時間 約4~5時間 約3~5時間 約8~10時間 約4.5時間 約8時間 約3~4時間 約3~4時間 なし
オプションバッテリ モバイルバッテリー
エネループ:216円/日
エネスマート:270円/日
エネハイバー:388円/日
モバイルバッテリー
216円/日
モバイルバッテリー
216円324円/日
モバイルバッテリー
(価格不明)
モバイルバッテリー
500円/個
モバイルバッテリー
216円/日
モバイルバッテリー
500円/個
なし
安心保障プラン あんしんパックフル

324円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用100%を補償。ただしエネループなどのモバイルバッテリーと、電源プラグは補償外)

あんしんパック

216円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用80%を補償。ただしエネループなどのモバイルバッテリーと、電源プラグは補償外)
安心補償パック

MAX:540円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用+再調達費用の100%を補償。さらに携行品の盗難・紛失・破損に最大10万円分の補償)

フル:324円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用+再調達費用の100%を補償)

ミニ:216円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用+再調達費用の80%を補償)
あんしん保証パック

216円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用100%を補償。現地国内の警察署や公的機関からの紛失証明書や盗難届の情報などがない場合は加入時でも弁済費用50%が発生する)
安心補償料

210円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用を63,000円軽減。加入していた場合、弁済費用は15,750円)
あんしん補償

レンタル料の10%
(紛失・破損・盗難時の弁償費用の軽減)
安心補償パック

MAX:540円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用+再調達費用100%を補償。さらに携行品の盗難・紛失・破損に最大10万円分の補償)

フル:324円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用+再調達費用100%を補償)

ミニ:216円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用+再調達費用80%を補償)
レンタル安心補償

1,500円
(紛失・破損・盗難時の弁償費用100%を補償。ただし、現地の紛失証明書取得が必須。紛失証明書がない場合は補償加入していても50%の弁済費用が発生する)
なし
その他オプション シガーソケット充電器
108円/日

3口電源タップ
194円/日

セルカレンズ
108円/日

中国VPN
324円/日
2ポートUSB
カーチャージャー
216円/日

マルチ変換プラグ
54円/日

360°カメラ
THETA S
1,080円/日

iPadレンタル
540円/日
USBカーチャージャー
108円/日

セルカレンズ
108円/日
なし


変換プラグ
400円/日

スマホ・ipad
レンタルあり
費用詳細なし
(レンタルパックプランでの申し込み)
2ポートUSB
カーチャージャー
216円/日

マルチ変換プラグ
54円/日

360°カメラ
THETA S
1,080円/日

iPadレンタル
540円/日
容量追加
1GB→2GB:700円
1GB→3GB:1,000円
なし
現地受取 なし 可能 なし なし なし 可能 なし なし
現地受取可能空港・場所 なし ワイキキオフィス
受取返却可能
※現地返却が必要

ホノルル国際空港
返却のみ可能
なし なし なし ワイキキオフィス
受取返却可能
※現地返却が必要

ホノルル国際空港
返却のみ可能
なし なし
現地受取手数料 なし 540円 なし なし なし なし なし なし
イモトのWiFi
詳細へ
グローバルWiFi
詳細へ
テレコムスクエア
詳細へ
JALエービーシー
詳細へ
詳細ページ
準備中
詳細ページ
準備中
詳細ページ
準備中
ユーロデータbasic
詳細へ

※1 最高速度は理論値であり、実際の速度を保証するものではありません。通信環境(国や地域、利用するネットワーク等)により、通信速度は変わります。

渡航国データ ハワイ

主な通信規格分布 3G、4G-LTE 通貨 $(U.Sドル)
コンセントタイプ Aタイプ 税率 税率約4.166%(オアフ島のみ約4.712%)
日本と比べると輸入しているものの物価が高い傾向。
電圧・周波数 110/120V 60Hz 両替レート
※2016/12/09現在
1$:115.36円
日本(東京時間)との時差 ー19時間 気温 最低18℃~最高32℃程度
東京成田からハワイまでの
フライト時間
6時間半~7時間強
(復路は偏西風の影響で約1時間長くなる)
気候
夏:日差しが強いが日陰は涼しい
冬:多少気温が下がるが遊泳なども可能
成田出発日から到着日時例 12月07日18時50分→12月07日6時50分着
(例:ホノルル空港行約7時間)
主な交通手段 旅行会社のトロリー(ツアー客専用)
/ワイキキトロリー/バス/タクシー/
レンタカー/スクーター
ハワイ
空港のホットスポット情報
無料Wi-Fi利用可能 無料Wi-Fi利用可否不明 無料Wi-Fi利用可能(時間制限あり)
ホノルル国際空港
(場所制限あり)
※航空会社・クレジットカード会社の利用者専用ラウンジのみ無料Wi-Fi利用可能。
空港自体には無料Wi-Fiサービスなし
リフェ空港
ラナイ空港
モロカイ空港
(利用可否・明記情報なし)
ヒロ空港
コナ空港
カラエロア空港
カフルイ空港
有料インターネットステーションのみ
利用金額:0.20ドル/分
携帯キャリア海外定額制比較 au docomo ソフトバンク
通信規格 W-CDMA・CDMA2000(3G相当) W-CDMA(3G相当) W-CDMA(3G相当)
通信制限量 海外ダブル定額:なし
世界データ定額:国内で契約している
データ定額サービスによる
海外パケ・ホーダイ:なし
海外1dayパケ:30MB/24時間
なし
プラン 海外ダブル定額
世界データ定額
海外パケ・ホーダイ
海外1dayパケ
海外パケットし放題
料金 海外ダブル定額
1,980円~2,980円/日
世界データ定額
980円/24時間
海外パケ・ホーダイ
1,980円~2,980円/日
海外1dayパケ(ハワイ)
980円/24時間
海外パケットし放題
1,980円~2,980円/日
テザリング・複数台接続
人数と日数の料金 海外ダブル定額(2,980円/日)
1人×3日:8,940円/人
5人×3日:8,940円/人

世界データ定額
1人×3日:2,940円/人
5人×3日:2,940円/人
海外パケ・ホーダイ(2,980円/日
1人×3日:8,940円/人
5人×3日:8,940円/人

海外1dayパケ(980円)
1人×3日:2,940円/人
5人×3日:2,940円/人
海外パケットし放題

2,980円/日
1人×3日:8,940円/人
5人×3日:8,940円/人

ハワイで長期旅行・ロングステイするなら?

ハワイにはビザがなくても3か月の滞在が可能です。ビザ発行費用なしでロングステイができるため、長期の観光旅行や留学、会社設立などで多くの日本人が訪れています。長期滞在するなら、日数を考えたプラン選びでレンタルWi-Fiをお得に利用しましょう。

長期旅行での滞在

ハワイには何日かけても回り切れない多くの観光地があります。さらにハワイ島やオアフ島以外にもマウイ島やラナイ島、モロカイ島、カウアイ島などがあり、全域を観光するとなるとまとまった日数が必要になります。島の間を移動する場合は飛行機を使う必要もあるため、移動時間も考えて日程を決める必要があります。複数の島を観光するなら2週間から1ヶ月などの長期プランで検討するのも良いでしょう。

留学での滞在

ハワイ留学を考える人には、観光や遊びをメインに語学留学を考えている人も数多くいます。遊びメインなら1週間から3か月の滞在がオススメ。本格的に語学を学ぶなら半年~1年、大学を卒業するなら3年~4年の留学になるでしょう。Wi-Fiのレンタルを利用する場合、1週間程度の短期留学ならまとまった日数のパックプランを利用し、1ヶ月や3~4年の長期留学なら長期割引サービスの利用が安くなります。

仕事での滞在

観光地として世界中から毎日20,000人以上が訪れるハワイ。日本人も非常に多く訪れるため、言葉や食事など生活するうえでも日本人にとって非常に便利な環境が整っています。ハワイはアメリカと通貨・税制や法律などの基本的な社会の仕組みやルールが同じです。ハワイでの成功はアメリカへのさらなる進出の足掛かりにもなります。ビジネスプランや長期割引プランを活用し、充実したネット環境の中で仕事をするのもいいかもしれません。

長期割引・期間固定プランと日数×レンタル費用プランはどちらが得?

飲食店には無料Wi-Fiスポットもあるハワイ。しかし、どこでも利用できるわけではありません。快適にネットを使うならレンタルWi-Fiがオススメです。長期滞在は利用するプランによって費用が大きく異なりますので、より自分に合ったプランを選びましょう。

長期割引プラン

ハワイに語学留学などで1ヶ月以上滞在する場合にオススメです。たとえば3ヶ月滞在する場合、30日間のパックプランを利用すれば、通常の90日分のレンタルよりも断然お得になります。毎月(30日ごとに)、初日から19日目までは日数×レンタル費用、20日目から30日目までの間は加算が止まるので、19日分の費用で30日間利用できるのです。2ヶ月目、3ヶ月目も同様に一定期間で加算が止まるので、3ヶ月の滞在でも2ヶ月分のレンタル費用で事足りるのです。

期間固定プラン

30日・1ヶ月期間固定契約プランです。レンタル日数での費用と比べると半額に近い差が出ることもあります。ハワイの場合、グローバルWi-Fi通常プランで35,100円(1,170円×30日)となりますが、期間固定プランなら18,000円(1ヶ月)となっています。1ヶ月程度いる場合にはこのプランがオススメです。ジャパエモなどの日数パックのあるレンタルWi-Fi業者を利用すれば10日プランが3,980円、15日プランが4,980円となりますので、1~2週間なら長期日数プランを選択すると良いでしょう。

日数×レンタルプラン

5日前後など短い期間で利用するなら、日数×レンタル費用のプランが安くなります。長期プランを選ぶと途中で帰国することになった場合にも最初の契約分の費用がかかってしまいます。帰国予定日がはっきりと決まっていない場合にも良いでしょう。5日のハワイ旅行なら、イモトのWi-Fiだと通常3Gプランで4,900円、グローバルWi-Fiで5,850円、テレコムで3,750円、エクスモバイルで4,250円となります。各社で通信できるデータの容量や通信形式に違いがあるため、しっかり比較し、自分に合った業者を選びしましょう。

現地で契約・利用できる主な通信会社

ハワイで事業を展開している主な通信会社は、AT&T、Verizon、T-Mobileとなっています。AT&T、VerizonにはレンタルWi-Fiサービスがないので、自分で各社の回線に対応した、あるいはSIMフリーのWi-Fiルーターやスマートフォンを用意する必要があります。日本国内で普段使っている大手キャリアのスマートフォンをそのまま使うなら、Wi-Fiルーターを用意しましょう。

AT&T

アメリカ最大手の電話会社で、Auなどのキャリアで利用される海外通信会社にもなっています。プリペイドSIMカードなどを利用して契約が可能ですが、前述の通りレンタルWi-Fi機器やスマートフォンは別途用意が必要です。アメリカの大手キャリアのため、接続範囲がかなり広いのが特徴です。

Verizon

グローバルWi-Fi・アロハデータなどが利用している通信会社です。接続範囲はかなり広く、ほとんどの場所をカバーしています。AT&T社と同様に、あらかじめ端末を用意したうえでSIMカード契約するか、グローバルWi-Fi・フォートラベル・アロハデータでWi-Fiルーターをレンタルすれば同社の回線を利用することができます。

Axis Aloha(T-mobile)

こちらは、現地のレンタルWi-Fi会社になります。ヨーロッパやアメリカで事業を展開する大手通信会社T-Mobile社の回線を利用しています。レンタルWi-Fiの費用は、1日あたり$12(約1,384円)。3日利用で$36(約4,153円)、5日利用なら$60(約6,922円)となります。なお、期間限定キャンペーンなどを利用すると、3日利用が$24(約2,769円)、5日利用が$36(約4,153円)といったお得な価格となることもあります。ハワイオフィスにて受取・返却となりますが、日本語の対応が可能なので現地オフィスでも安心して相談できます。

現地でレンタルできる日本のレンタルWi-Fi会社

ハワイ現地のホテルや観光スポットのWi-Fiが整っていなくて、現地でレンタルせざる得なくなることは多くあります。現地で受取やレンタルが可能なレンタルWi-Fi業者を知っておけば、急遽レンタルWi-Fiが必要になったときにも安心です。

アロハデータ

グローバルモバイルのハワイ用レンタルWi-Fiです。ワイキキギャラリアタワーに現地オフィスを持っており、ハワイ何でも相談サービスを受けることが可能です。レンタル・受取・返却がワイキキのオフィスで可能です。使い方や設定方法をその場で聞くこともできますよ。

グローバルWi-Fi

グローバルWi-Fiは、ハワイのワイキキにオフィス(Vision Mobile)を持っており、現地受取・返却・レンタル手配が可能です。ワイキキの中心であるカラカウア大通りにオフィスがあるので、観光がてら受取に行くのも良いでしょう。ホノルル空港での返却にも対応していますので、帰国の際にホノルル空港で返却すれば往復の時間分のレンタル費用を削減することができます。またグローバルWi-Fiは、ハワイの通信会社Verizonの通信を利用した接続を利用しています。ハワイ全土で広い接続エリアを持つVerizonなのでどこでも快適に使えます。

フォートラベル

旅行口コミサイトフォートラベルの会員向けにグローバルWi-Fiが提供するレンタルWi-Fiサービスです。サポートやレンタルはグローバルWi-Fiと同じなので、グローバルWi-Fiと同様の広範囲で安定した通信や、ワイキキオフィスでのレンタル・受取・返却が利用できます。

利用者の声

ワイキキビーチやキラウエア火山、ダイヤモンドヘッドなど印象的な風景や自然の多いハワイ。山間などになると、ネットが繋がりにくい場所も出てきます。ハワイでのレンタルWi-Fiはどうなのか利用者の声を聞いてみましょう。

ホノルルなど市街はともかく田舎ではフリースポットがない

ハワイやオアフ島は観光用に発展している場所ばかりじゃないです。それに通信速度も速くはないのでフリースポットで撮った写真データをSNSにアップなんて使い方は期待できません。マップを開くのも時間がかかるので、やっぱり安定性と速度が保証されているレンタルWi-Fi必須だと思います。天候が悪いと霧も出てくるので、ナビには必ずお世話になると思います。カーナビなしで車を借りるとしたら、レンタルWi-Fiとスマホは持っている方がいいですよ。

カーナビの代わりにスマホとレンタルWi-Fi

ハワイに行くとき、日本語カーナビをつけると追加料金がかかったのでスマホで代用しようとレンタルWi-Fiを借りました。レンタルWi-FiのプランでUSBカーチャージャーを無料で借りられたので、レンタルWi-Fiを充電しながら、スマホでナビや地図を活用しました。大体どこでもすぐ繋がるので、特に道に迷うことなく目的地につけました。道自体は意外とわかりやすいので、すぐルート検索できるナビアプリやマップ利用できるようにしておくと便利です。日本と一緒でスマホを見ながらの運転はNGですから、スマホホルダーは必須ですね。

360°カメラもレンタルしてパノラマ撮影!そのまま画像アップ

ちょうどキャンペーンでパノラマ撮影できるカメラを半額でレンタルできたので、それも併せてレンタルWi-Fiを借りました。問題なく接続できるし、ちょっと時間はかかったけど、キラウエア火山でもダイヤモンドヘッドでもワイキキビーチでもパノラマ撮影してSNSにその写真を投稿できました。大迫力の旅の思い出を共有したら、たくさんの人からいいねをもらえました。ホテルやホットスポットのWi-Fiよりレンタルの方が通信が早いんです。すぐブログも更新できたので借りてよかったと思います。

ワイキキビーチではしゃいでいたら壊しちゃった!

カフェで充電後にカバンに入れたつもりが、入れ方が悪かったみたいでレンタルWi-Fiの端末がカバンから落ちてしまいました。しかもその落ちた場所が階段で、さらに階段下まで転げ落ちる始末。結構派手に落ちたので、やっぱり故障していました。でも不幸中の幸いでレンタルWi-Fiのオフィスが現地にあったので現地で交換手配を相談しました。現地ですぐ相談できるっていうのが良かったです。ついでに観光地情報なども聞くことができたので、残りの日数も無事に楽しむことができました。何があるかってわからないので補償サポートは加入がオススメですよ。

急な体調不良で役立つのはやっぱりネット

海外旅行で体調を崩すとか、できるなら避けたいことのナンバーワンじゃないですかね。私は急な発熱と腹痛で病院に行くことになったのですが、ハワイの病院では英語しか通じずとても困りました。でも、レンタルWi-Fiをオンにして、すぐにスマホで症状を翻訳してもらうことができたので、なんとか事なきを得ました。日本語が通じるといわれることの多いハワイでも通じないことはあるので、本当にすぐ使える安定した速度のネット環境は重要です。レンタルWi-Fiを借りた方がいいですね。

日本への連絡もアプリなら無料!お土産選びで失敗しない♪

ハワイで服とかブランド品を買ったり、お土産選んだりするときにもレンタルWi-Fiは便利。ホットスポットの回線が混雑していても、専用回線なので安定して繋がります。LINEやSKYPEですぐ「お土産これでいい?どの色がいい?」なんてことも日本の友達に聞けます。もちろん、データ通信で通話料はかからないので安心。国際電話で通話料に怯える必要はありません!

レンタルWi-Fiがあれば簡単な連絡もLINEで可能

初のハワイ旅行でレンタルWi-Fiを使いました。旅行するときは実家に「大丈夫、問題ないよ」という連絡を1日の初めに入れているのですが、実家は固定電話しかないんです。国際電話だと通話料が高いし、レンタル携帯って機種レンタル費用もかかるし、ちょっと悩みどころでした。でもよくよく調べてみると、その程度の数分の報告ならLINEOutでできるとわかって、安定した通信ができるレンタルWi-Fiを借りるだけで解決しました!マップも開けて、翻訳ツールもサクサク動きましたし、目的のLINEOutでの報告も、きちんと日本に繋がって助かりました。

大自然真っ只中のカウアイ島でもバッチリ♪

ジュラシックパークの撮影場所にもなったナ・パリ・コーストや、カウアイ島のグランドキャニオン・ワイメア渓谷まで行ってきました!天候にも恵まれて、すっごく景色が良かったです。すぐ写真に撮ってSNSにアップしましたが、ちょっと時間はかかったものの、それほどストレスなくアップ完了できました。あんな大自然の中でもきちんと繋がったので、次はオアフ島でもレンタルWi-Fiを使いたいと思います。自然スポット巡りなら、モバイルバッテリーが必須です。

初心者でも現地オフィスなら安心

ハネムーンで初のハワイ、初レンタルWi-Fi利用の初めて尽くしの旅でした。いろいろ心配だったのですが、現地にオフィスがあるところなら安心かなと、現地到着後にWi-Fiをレンタル。現地での接続や使い方だけでなく、オススメスポットや観光ポイント、グルメなどの話にも対応してくれたので本当に安心しました!ネットも問題なく繋がっていたので、マップもちゃんと開けてホッとしました。今度もハワイに行くときはレンタルしておこうと思っています。

意外と繋がらない無料スポット

友人3人とのハワイ旅行。容量制限を受けないように、無料のホットスポットがある場所では無料Wi-Fiに切り替えて使おうとしていました。しかしショッピングモールでもまったく繋がらない。電波を拾ってはいるのですが、遅すぎてネット利用できませんでした。結局諦めてすぐにレンタルWi-Fiに繋ぎなおしましたが、友人3人と自分の4人同時接続でもネット接続できたので、やっぱりレンタルWi-Fiを持ってきて正解だったなと思いました。大容量プランにしていたおかげで、容量制限は無事回避できました。

まとめ

ハワイ・オアフ島は自然の多い島ではありますが、オアフ島全土をカバーする現地通信会社のWi-Fiで自然の中でも安定した接続ができます。4G-LTE・3Gに両方対応できるタイプを利用すると、ワイキキなどの市街でも、カウアイ島などの自然スポットでもネット環境を利用できるでしょう。快適で安全に利用するなら、レンタルWi-Fiは必須です。

海外Wi-Fiの詳細とレンタル料金を調べる