フランスで使えるWiFi事情・レンタル情報

フランスで使えるWiFi事情・レンタル情報

フランス エッフェル塔

フランスは、世界の中でも上位に入る人気の観光地です。食・芸術・世界遺産などたくさんの見どころがあります。そんな魅力たっぷりのフランスを満喫するためには、ネット環境の利用も必要です。
フランスの主要都市であるパリは、WiFi環境が整っており、フリーWiFiを利用しやすくなっています。しかし、パリのフリーWiFiを利用するのならリスクがあることを理解しておかなければなりません。
そこで今回は、フランスのWiFi事情と快適にネットを利用する方法についてご紹介します。

フランスでフリーWiFiを使える場所

フランスの街並み

フランスのパリなどには、フリーWiFiが多く設置されています。ホテルや大手の飲食店、個人経営のカフェ、ショッピングセンター、空港など本当にさまざまな場所に設置されているので、旅行客にとってはネットを利用しやすい環境になっています。ただし、フランスのフリーWiFiを利用する時は、注意すべき点もあります。ここでは、フランスのフリーWiFiのある場所のことや利用の際に注意すべきことをまとめてみました。

フランスの主なフリーWiFiの設置場所と使用方法

ホテル

フランスにある多くのホテルはネット環境が整っています。チェックインする際に、WiFi回線の名前やID、パスワードを教えてもらって入力後にホテルの中で使用できます。ただし、一部のホテルではロビーなどの公用部分のみが無料で利用できる場合があります。ホテルの予約を行う際に、WiFi環境について聞いておくことをおすすめします。

飲食店

日本にもある大手の飲食店はもちろん、個人経営のカフェなどでもフリーWiFiが設置されています。大手の飲食店も個人経営のカフェも、店頭に「WiFi」と表記が無くても使用できる場合があります。入店した時にスタッフへフリーWiFiの利用を伝えると、フリーWiFiのIDとパスワードをもらいネットにつなげることができます。フリーWiFiにつなげる設定も英語で書かれていることもあり、旅行客にとって利用しやすくなっています。

ショッピングセンター

フランスのパリにあるラ・デファンスエリアでは、ホテルなどが隣接するショッピングセンターCNIT内であればWiFiが無料で使い放題です。パスワードがないので、設定なしでネットにつなげることができる便利なスポットです。近代的なパリの副都心なので、古き良き時代を感じられるパリとはまた違う雰囲気を楽しめる場所でもあります。

空港

フランスの空港では、15分間無料で利用できるWiFiが設置されています。15分以降は有料になり、クレジットカード払いで引き続き接続することが可能です。また、空港にはコンセントも多くあるので、端末を充電しながら使用できます。パソコンを持っていなくても有料のネットをつなげる機械もあり、次に行くところの情報を探せるので便利です。

フリーWiFiを利用するデメリット

  • 1.公衆にあるフリーWiFiは通信速度が遅くなることがあります。
  • 2.飲食店やホテルなどアクセスが集中しやすいところは、回線がつながりにくく切れてしまうことがあります。
  • 3.時間制限を設けているところも多く、時間が超過すると有料になったり、再設定が必要になったりします。
  • 4.街中で端末を確認していると盗難に合う可能性があります。特にスマートフォンはお金やカメラなどと同様に狙われやすいアイテムなので、周りを気にしながら利用しなければなりません。

フランスは、他のヨーロッパの国に比べるとWiFi環境が整っています。特にパリは、WiFi普及率が高くてフリーWiFiの設置が多い都市です。個人経営のカフェなどでもフリーWiFiが利用できるので、休憩しつつ観光地の情報を集めることもできます。ただし、フリーWiFiを利用する時はデメリットがあるので理解した上で利用することが大切です。

パリはWiFi環境が整っているけど、セキュリティ面が心配

日本と同様にフランスでは、インターネットが欠かせない存在になっています。そのため、近年フランスではインターネット環境を整える取り組みを勢力的に行っています。現在のフランスは、WiFiの利用が主流となっており、さまざまな場所で利用できます。無料で使えるフリーWiFiなどの設置も増えており、旅行客にとってネットを利用しやすい環境へ変化しています。

300以上のスポットで利用できる「Paris WiFi」

特にフランスのパリでは、「Paris WiFi」という公共のWiFiがありネット環境を整えやすくなっています。Paris WiFiは、パリ市内にある公園や図書館、役所など公共施設を含んだ300以上のスポットで利用できます。

Paris WiFiを利用する時は、専用のマークのある場所で「PARIS_WiFi_000(※数字が表示されています)」というネットワークを選択します。その後に、ネットへ接続するとParis WiFiの接続画面になり、必要事項を入力して登録すると利用できます。
サイトは、すべてフランス語なので登録するのに時間がかかるかもしれません。また、Paris WiFiを利用する時は1回に2時間という時間制限が設けられています。しかし、2時間過ぎても一度登録しておけば再接続は簡単で、一度接続を切断して再度つなぎ直せば使うことができます。

フリーWiFiを使う場合の注意点

上述した通り、フランスではWiFi普及率が高いのが特徴です。しかし、「普及率が高い=安全」というわけではありません。日本に比べるとセキュリティレベルは低くなっており、端末のパスワード流出や個人情報の情報漏洩などのリスクがあります。セキュリティレベルを高くしてネットを接続する時も、日本ほど安全性が高くありません。WiFiを利用する時は、リスクを含んでいることを十分に理解した上で利用する必要があります。Paris WiFiなどの利用規約には、トラブルが生じたら自己責任になると表記されているので、事前に確認しておきましょう。このように、フランスでフリーWiFiを利用する時は、個人情報を閲覧しないなどの自己管理をしっかりと行う必要があります。

安心してネットを利用するなら

フリーWiFiのセキュリティ面が気になるのなら、レンタルWiFiの利用をおすすめします。レンタルWiFiなら、セキュリティ面の心配は必要ありません。それに、設定を一度行っておけば電源を切らない限りネット接続が可能です。また、レンタルWiFiを1台レンタルしておけば、複数人とシェアすることができます。
レンタルWiFiの業者やプランで異なりますが、1日1,000円以下で利用することが可能です。例えば、1台レンタルで利用者が2人だと1日500円以下、4人だと1日250円以下でWiFiに接続できます。レンタルWiFiならフランスに長く滞在しても、1日のレンタル料金を数百円で済ませることができるのでお得です。
フランスで安心してネット接続したいのなら、事前にレンタルWiFiの申し込みを済ませておき、フランス旅行で使えるようにしておくとスムーズにネット環境を整えられます。

フランスのWiFiレンタルサービスの比較

1日あたりの料金

  通常プラン 大容量プラン 大容量以上
イモトのWiFi 【3G】980円
グローバルWiFi 【3G】970円
【4G-LTE】1,270円
【3G】1,070円
【4G-LTE】1,470円
【4G-LTE】1,670円
テレコムスクエア 【4G-LTE】950円 【4G-LTE】1,150円 なし
JALエービーシー 【4G-LTE】1,150円 なし なし
エクスモバイル 【4G-LTE】950円 【4G-LTE】1,250円 なし
フォートラベル 【3G】970円
【4G-LTE】1,270円
【3G】1,070円
【4G-LTE】1,470円
【4G-LTE】1,670円
ジャパエモ

受取り・返却の手数料について

空港受取り手数料 宅配受取り手数料 宅配返却の送料
イモトのWiFi 500円 500円 送料自己負担
グローバルWiFi 500円 500円 送料自己負担
テレコムスクエア 540円 無料 送料自己負担
JALエービーシー 無料 750円 送料自己負担
エクスモバイル 1,080円 540円 360円(レターパック利用)
フォートラベル 500円 500円 送料自己負担
ジャパエモ なし

フランスに対応している周遊プラン

周遊プラン料金
イモトのWiFi ヨーロッパ周遊プラン
1,280円
世界周遊プラン
1,580円
グローバルWiFi ヨーロッパ周遊プラン
3G-LTE・500MB 1,280円
4G-LTE・500GB 1,680円

世界周遊プラン
2,180円
テレコムスクエア ヨーロッパ周遊Wi-Ho!4G 1,180円

世界周遊Wi-Ho!Lite 3G 1,380円
世界周遊Wi-Ho!4G 1,980円
JALエービーシー ヨーロッパ周遊プラン
1,150円

周遊プラン
1,990円
エクスモバイル アジア周遊プラン
通常(200MB)プラン:950円
大容量(500MB)プラン:1,250円

世界周遊WiFiプラン
通常(200MB)プラン:1,100円
大容量(500MB)プラン:1,450円
フォートラベル ヨーロッパ周遊プラン
3G-LTE・500MB 1,280円
4G-LTE・500GB 1,680円

世界周遊プラン
2,180円
ジャパエモ なし

利用可能オプション・保障プランについて

  モバイルバッテリー 保障プラン その他オプション
イモトのWiFi エネループ 216円/日
エネスマート 270円/日
エネハイパー 388円/日
あんしんパックフル 324円/日
あんしんパック 216円/日
シガーソケット充電器 108円/日
3口電源タップ 194円/日
セルカレンズ 108円/日
中国VPN 324円/日
グローバルWiFi 216円/日 MAX 540円/日
フル 324円/日
ミニ 216円/日
カーチャージャー 216円/日
マルチ変換プラグ 54円/日
360°カメラ 1,080円/日
iPadレンタル 540円/日
テレコムスクエア 216円~324円/日 安心保障パック 216円/日 USBカーチャージャー 108円/日
セルカレンズ 108円/日
JALエービーシー 価格不明 安心保証料 210円 なし
エクスモバイル 500円/日 なし
フォートラベル 216円/日 MAX 540円/日
フル 324円/日
ミニ 216円/日
変換プラグ 400円/日
ジャパエモ 500円/日 2,000円 カーチャージャー 216円/日
マルチ変換プラグ 54円/日
360°カメラ 1,080円/日
iPadレンタル 540円/日

フランスで6日間レンタルした場合の料金比較

レンタル料金 補償料 受取手数料 合計費用
イモトのWiFi(4G) 980円×6日
=5880円
216円×6日
=1296円
500円保障あり 7676円
保障なし 6380円
グローバルWiFi(4G) 1270円×6日
=7620円
216円×6日
=1296円
500円保障あり 9416円
保障なし 8120円
テレコムスクエア 950円×6日
=5700円
216円×6日
=1296円
540円保障あり 7536円
保障なし 6240円
JALエービーシー(4G) 1150円×6日
=6900円
210円×6日
=1260円
0円保障あり 8160円
保障なし 6900円
エクスモバイル/th> 950円×6日
=5700円
2,160円(受取・返却手数料) 保障なし 7,860円
フォートラベル(4G) 1270円×6日
=7620円
216円×6日
=1296円
500円保障あり 9416円
保障なし 8120円
ジャパエモ

レンタルWiFiの受取場所

フランス旅行のためにレンタルWiFiを利用する時は、本体や充電器などを受け取らなければなりません。なお、これらの機器は、レンタルWiFiを貸し出している業者によって受取方法が異なります。
ビザ代行業者や一部のレンタル業者は現地にショップを持っている場合があり、現地でレンタルWiFi一式を受け取れることがあります。しかし、「グローバルWiFi」や「イモトのWiFi」などのレンタル業者のほとんどは、現地での受け取りや返却ができません。レンタルWiFi一式の主な受取場所は、日本国内の主要空港や宅配、業者の本社です。受取手数料や宅配費用などの料金がかかることもあるので、申し込む前に費用を確認しておきましょう。

変圧器・コンセントアダプタのレンタル

日本の電圧は110Vですが、フランスの電圧は220Vなので、電圧が異なって日本で購入したパソコンが利用できない場合があります。最近発売されたパソコンなら電圧が異なっても対応可能な機種がありますが、念のために確認はしておいたほうがいいでしょう。日本からパソコンを持参するのなら、変圧器が必要です。
また、フランスのコンセントアダプタの形状も日本のものとは異なります。普段使用しているスマホの充電器などがフランスだと使えないので、フランスのコンセントアダプタを購入する、または変換プラグが必要です。
変圧器やコンセントの変換プラグも、レンタルWiFiと同じくレンタルできます。レンタルWiFiのオプションとして申し込めるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

利用者の声

フランスは、現地でしか食べられない料理や芸術的な建築物などの魅力的なスポットがたくさんある国です。そんな国に旅行へ行くのなら、現地で撮影した写真をSNSなどにアップして思い出を友人と共有しようと考えるかもしれません。フランスは、フリーWiFiの環境が整っているので他の国に比べるとWiFi普及率が高い国です。しかし、フリーWiFiだけだとネット接続が上手くいかないやセキュリティ面が心配という問題が起こります。
そこで現在、レンタルWiFiを利用する方が増えています。レンタルWiFiなら、日本と同じ感覚でネット接続ができます。どれほどフランスでレンタルWiFiを利用したら便利なのか、実際に利用したことがある方の声をまとめてみました。

girl

快適でした。

利用エリア【パリ】滞在日数【8日間】利用人数【1人】
空港内や市街地、乗り物の車内などほとんどの場所でネットがつながる状態でした。通信速度も十分でストレスなくネット接続でき、調べながらさまざまなところへ移動できたので助かりました。色々と情報を調べて一日中使っていても充電が切れることがなく快適でした。フル充電しておけば十分に1日中持つと思います。また機会があったら利用します。

girl

大満足!次回も割引を活用してレンタルします!

利用エリア【パリ】滞在日数【8日間】利用人数【2人】
パリ旅行へ行く時にちょうどグローバルWiFiの割引キャンペーンをしていたので、久しぶりにレンタルWiFiを利用しました。以前よりも使いやすくなっていたこともあって、現地で不自由なくネット接続ができました。ただ、パリ市内のメトロはつながりませんでしたが…。充電は、フルでしておいたらホテルに帰るまで十分持ちました。モバイルバッテリーのレンタルもあるみたいですが、使用量が多い人以外は特に必要ないかもしれません。

boy

ストレスなく使えました。

利用エリア【パリ・リヨン】滞在日数【8日間】利用人数【1人】
フランスで地図を見ようと思ってレンタルWiFiを利用しました。パリのメトロ以外は使えたので、十分でした。私はマップアプリ中心に使っていましたが、SNSを使うことにも十分な通信速度だと思います。
WiFiの設定は、普段WiFi接続を自分でしているので特に問題なく接続できました。現地の情報を集めるにも便利だったので、レンタルWiFiを利用してよかったと思っています。

girl

使いやすさは星5つ!だけど受け取りに時間がかかりました。

利用エリア【パリ】滞在日数【8日間】利用人数【1人】
4G回線のレンタルWiFiを利用しました。パリのメトロは使えませんでしたが、少し離れた地方でも問題なく使えたし、通信速度が遅いとも感じなかったのでストレスなく使えました。けど、レンタルWiFiの受け取りに時間がかかったのが気になりました。受取カウンターの場所はわかりやすかったけど、事前予約しているのに時間がかかって、当日予約のほうは空いている状態で不満を感じました。返却は専用のボックスにいれるだけなのでよかったと思います。受取時間が改善されたら文句なしの星5つです。

boy

日本と同じ感覚で使用できました。

利用エリア【フランス】滞在日数【10日間】利用人数【2人】
中学生の娘と2人で利用しました。私はグーグルマップや現地の情報を調べるのを中心に利用していました。娘はLINEとスマホゲームが中心でした。パリ市内から離れてもつながるので観光やレストランなどを調べるのにとても助かりました。ただ、地下鉄ではつながりませんでした。
2人で利用していたので朝から観光に行くと午後にバッテリーが切れましたが、充電器を持っていたので問題なく利用できました。次の海外旅行でもレンタルWiFiを利用したいと思います。

ヨーロッパの中でも人気NO1!フランスの観光地

フランスは、ヨーロッパの中でも見どころが多い国なので人気です。フランス料理を堪能するグルメ旅、中世の古城や庭園などの世界遺産をじっくり巡る旅、芸術を楽しむ旅など色々とプランを考えられるのも人気の理由のひとつでしょう。ここでは、フランスで高い人気がある観光地をご紹介します。

ルーヴル美術館(パリ)

france2

世界一の美術館ともいわれている「ルーヴル美術館」。モナリザを初めとするミロのヴィーナス、カナの婚礼などさまざまな世界的な絵画や美術品が集まっています。広大な施設、数多くの作品があるので1日ですべてを回ることが難しいかもしれません。旅行の日数に余裕があるのなら滞在中に数回訪れてじっくり見学することをおすすめします。また、事前にルーヴル美術館の館内地図を確認し、見たい作品がどこにあるのか把握しておくとスムーズに見学できます。

ヴェルサイユ宮殿(ヴェルサイユ)

ヴェルサイユ宮殿

フランス王族のルイ14世が建てた栄華を極めた絢爛豪華な「ヴェルサイユ宮殿」。かの有名なマリー・アントワネットが住んでいた宮殿としても有名です。建物の優雅さや絢爛豪華な装飾品などが宮殿内に飾られており、当時の雰囲気を楽しめます。また、広さ800ヘクタール以上の庭園は、天才造園師と呼ばれたル・ノートルが設計しているので見応えがあります。フランスの定番スポットですが、圧倒的な存在感とここでしか見られない宮殿の魅力があるので、ぜひ日程に組み込みたい場所です。

モン・サン・ミッシェルとその湾(フランス西海岸)

フランスの世界遺産である「モン・サン・ミッシェルとその湾」。フランス西海岸にある修道院で、観光客を含めてたくさんの人々が訪れています。美しく神秘的な光景は見るものをとりこにするので、フランス旅行へ行くのなら必ず訪れたいスポットのひとつです。 ツアーなどの場合、訪れる時間が昼間になることが多くなります。昼のモン・サン・ミッシェルも魅力的ですが、夕方から夜にかけての光景も素敵です。近くにはホテルもあり、神秘的なモン・サン・ミッシェルを見ながら1日を過ごすのもおすすめです。名物のオムレツも食べられる店舗もあり、昔からある料理を堪能することができます。

オルセー美術館(パリ)

ルーヴル美術館と並ぶほど人気のある「オルセー美術館」。中規模な美術館で美しい外観が特徴的です。訪れる方の中には、ルーヴル美術館よりも雰囲気が好きだというぐらい、芸術的で魅力のある美術館になっています。オルセー美術館は、半日から1日かけてじっくりと楽しめる場所です。旅行の日程に余裕があるのならぜひ足を運んでみてください。

シャンボール城(ロワール)

フランスには、中世の古城がたくさんあって古城目当てに訪れる観光客も多くなっています。フランスの中でも人気の古城といえば、ロワールにある「シャンボール城」です。広大な森を抜けると突如現れる古城で、一度見たら忘れられないほどのたたずまいがあります。また、城内にある二重の螺旋階段も必見です。階段を登る人と降りる人が出会わないように設計されており、レオナルド・ダ・ヴィンチが関与しているのではないかといわれています。魅力があり素敵な古城、フランスに行くならぜひ足を運びたい場所です。

エギスアイム(フランス最東端)

フランスで最も美しい村に選ばれている「エギスアイム」は、街並みがまるでおとぎ話の中に入り込んだような可愛く美しい場所です。また、エギスアイムは花がどこに行っても咲いている「花の町」としても有名です。フォトジェニックな空間でフランスの雰囲気を満喫してもらいたいので、ぜひおすすめしたい観光地です。 日本では、まだまだ知名度が低い場所ですが、これから注目されること間違いありません。ぜひフランス旅行へ行くなら足を運んでみてください。

以上、フランスでぜひとも足を運んでほしい人気の観光地をご紹介しました。上記でご紹介した観光スポット以外にもフランスには、魅力たっぷりの場所があります。また、おいしいグルメを食べたり、フランスでしか手に入らない雑貨を求めて巡ったりするなどの旅行もおすすめです。フランスでしか見られない光景もたくさんあるので、1週間以上の日程で旅行に行くことをおすすめします。素敵な時間をフランスで過ごし、忘れられない思い出を残しましょう。

まとめ

フランスは、魅力的な観光スポットがたくさんあるのでヨーロッパ旅行へ行くなら訪れたい国です。ネット環境が整っているので、ホテルや大手の飲食店・カフェ、空港などさまざまなところにフリーWiFiが設置されており、WiFi普及率が高い国です。フランスの情報を集めたり、SNSなどで現地にて撮影した写真を共有したりするには、最適な環境が整っているといえます。しかし、公園などの公衆にあるフリーWiFiは通信速度が遅くてなかなかつながらなかったり、セキュリティ面にも心配があったりするので、使用するとなったらリスクがあります。

フランスでリスクを考えずに安全にネットを利用したいなら、レンタルWiFiがおすすめです。レンタルWiFiなら、セキュリティが安全で日本と同じ感覚でネットを利用することができます。
フランス旅行をよりよいものにするためには、ネットで情報を集めることが大切です。フランス旅行へ行く前にレンタルWiFiを申し込んでおいて、快適なネット環境をフランスで整えられるようにしておきましょう。

渡航国データ フランス

主な通信規格分布 4G-LTE回線 通貨 EUR(ユーロ)
コンセントタイプ Cタイプ、SEタイプ 税率 19.5% ※食料品などは5.5%
電圧・周波数 220V 50Hz 両替レート
※2017/7/20現在
EUR=129.05円
日本(東京時間)との時差 -7時間 気温 最低気温0℃~最高気温30℃
東京成田からフランクフルトまでの
フライト時間
12時間30分 気候 四季があるが、雨季がない。乾燥しているため夏でも過ごしやすい。
成田出発日から到着日時例 7月20日10時30分→7月20日15時30分着
主な交通手段 飛行機/新幹線/TGV/ユーロスター/地下鉄/RER/バス/タクシー/レンタカー