中国wifi比較|海外で使える!Wi-Fiレンタル比較サイト

海外で使えるレンタルwifiを比較【中国】

目覚ましい発展を遂げる中国。人口も多く、その発展における行動力や爆発力は世界中で注目されています。観光地も多く、国土が広いこともあり、長期旅行者やリピーターが数多くいます。市場としても観光地としても注目される中国のWi-Fi事情を見ていきましょう。出張や旅行前に中国のWi-Fi環境について知っておくと、ネット環境でのトラブルや予想外の問題に直面する事態を避けることができます。現地を訪れる前の、Wi-Fi環境や現地でのレンタルWi-Fiの利用方法チェックは必須です。

Wi-Fi規格と利用可能範囲

中国ではGMS通信規格が中心となっていた期間が長く、3Gの普及率がそれほど伸びませんでした。そのため全土への高速回線インフラ工事が進んでいない地域も多くあります。しかし、2011年度にスマートフォンの人気が爆発し、普及が進んでからは中国通信会社各社でも積極的に3Gや4G-LTEの高速回線プランを扱うようになってきました。現在中国の4G-LTE普及率は、アジアでは韓国・日本・香港・シンガポールに大きく差が着けられています。まだ完全にインフラ工事が行なわれていないため、安定した接続状態を維持するなら3G・4G-LTE対応のレンタルWi-Fiプラン利用がオススメです。

中国のWi-Fi環境

一部の主要空港や、飲食チェーン店などで主に無料Wi-Fiが利用できるようになっています。北京では北京商務中心区周辺からインフラ工事が行なわれているため、ビジネス街周辺にはとくに無料Wi-Fi利用ができるところが多くあります。上海では飲食店での無料Wi-Fi提供がサービス化されており、電源を借りることも可能です。ただし上海のマクドナルドやスターバックスは時間制限があったり中国電信の有料カードが必要になったりすることがあるので、利用前に完全無料なのかどうかを確認しておきましょう。また中国のフリーWi-Fiでは情報規制があり、日本のSNSや動画サイトを見ることができません。マップ程度なら通信状態が良ければ問題なくチェックできますが、制限されているページを見るにはVPNに対応したWi-Fi端末やプラン利用が必要です。

主に利用できる中国のWi-Fiスポット

多くの空港に無料スポットが用意されており、事前に専用の機器・もしくはサービスカウンターで接続許可を申請したうえで利用が可能となります。一部は中国での電話番号が必要になることもありますが、空港ごとの情報から確認すると良いでしょう。北京首都国際空港・上海虹橋国際空港・杭州蕭山国際空港・長春龍嘉国際空港・広州白雲国際空港・成都双流国際空港・青島流亭国際空港・大連周水子国際空港・瀋陽桃仙国際空港・福州長楽国際空港・武漢天河国際空港・重慶江北国際空港などで利用することができます。そのほか、CoffeBeanや一部のマクドナルド・スターバックス、wagasなどのチェーン店でも無料Wi-Fiが利用できます。グレードの高いホテルなどでも無料で利用できるところが多いので、宿泊前に確認してみると良いでしょう。

中国のレンタルWi-Fi対応会社

グローバルWi-Fi・イモトのWi-Fi・テレコムスクエア・JAL-ABC・エクスモバイル・フォートラベル・ジャパエモ

レンタルWi-Fiの受取場所

各業者、中国現地空港での受取・返却は不可です。日本国内主要空港や宅配・本社受取のみで対応しています。受取手数料・宅配費用については各社で異なるため手数料を確認しておきましょう。

変圧器・コンセントアダプタのレンタル

中国の場合は電圧が220V、周波数が50Hzです。中国ではコンセントタイプの主流がなく、B3タイプ、Cタイプ、Oタイプ以外に、Aタイプなども見られます。電圧も日本の倍なので、変圧器とコンセントアダプタの両方が必要になります。イモトのWi-FiではマルチコンセントアダプタがレンタルWi-Fiパックに入っています。他に充電したい機器があればマルチアダプタの追加レンタルや、電源タップを用意すると良いでしょう。

海外携帯レンタル 詳細・ご予約
海外携帯レンタル 詳細・ご予約
  • イモトのWiFi
  • テレコムスクエア
  • JAL ABC
  • グローバルwifi
  • エクスモバイル

中国(レンタルWi-Fi比較)

イモトのWiFi グローバルWiFi テレコムスクエア JALエービーシー エクスモバイル フォートラベル ジャパエモ ユーロデータbasic
取り扱い通信規格 3G・4G-LTE回 3G・4G-LTE回 3G・4G-LTE回 3G回線 4G-LTE回 3G・4G-LTE回 4G-LTE回 取扱なし
モバイル通信速度 3G 下り最大7.2Mbps・
上り最大1.4Mbps
※1
下り最大7.2Mbps・
上り最大1.4Mbps
※1
下り最大7.2Mbps・
上り最大1.4Mbps
※1
下り最大7.2Mbps・
上り最大1.4Mbps
※1
- 下り最大7.2Mbps・
上り最大1.4Mbps
※1
- -
4G-LTE 下り最大75Mbps・
上り最大25Mbps
※1
下り最大75Mbps・
上り最大25Mbps
※1
下り最大75Mbps・
上り最大25Mbps
※1
- 下り最大75Mbps・
上り最大25Mbps
※1
下り最大75Mbps・
上り最大25Mbps
※1
下り最大75Mbps・
上り最大25Mbps
※1
-
ルーター1個あたりのレンタル価格 通常プラン 【3G】680円/日
【4G-LTE】1,280円/日
【3G】870円/日
【4G-LTE】1,170円/日
【3G】680円/日 【3G】1,150円/日 【4G-LTE】850円/日 【3G】870円/日
【4G-LTE】1,170円/日
プランによる
※7日間4G-LTEプランの場合854円/日
-
大容量プラン 【3G】680円/日
【4G-LTE】1,280円/日
【3G】1,170円/日
【4G-LTE】1,370円/日
なし 【4G-LTE】1,100円/日 【3G】1,170円/日
【4G-LTE】1,370円/日
-
大容量以上のプラン 1,880円/日 なし なし なし なし -
利用可能データ容量 通常プラン 400MB 250MB 250MB 無制限 200MB 250MB プランによる
※7日間4G-LTEプランの場合2GB
-
大容量プラン 500MB 500GB なし 500MB 500GB -
大容量以上のプラン 1G なし なし なし なし -
通信制限データ量 通常プラン 133MB/日 250MB/日 250MB/日 無制限 200MB/日 250MB/日 プランによる
※7日間4G-LTEプランの場合2GB/7日
-
大容量プラン 500MB/日 500MB/日 なし 500MB/日 500MB/日 -
大容量以上のプラン 1G/日 なし なし なし なし -
周遊プラン 世界周遊プラン
1,580円/日
アジア周遊プラン
3Gプラン
1,380円
3G大容量プラン
1,480円
4G-LTEプラン
1,680円
4G-LTE大容量プラン
1,780円

世界周遊プラン
~2,180円/日
アジア周遊Wi-Ho!3G
980円/日

世界周遊Wi-Ho!Lit3G
1,380円/日

世界周遊Wi-Ho!4G
1,980円/日
56ヶ国周遊プラン
1,780円/日

周遊プラン
1,990円/日
アジア周遊WiFiプラン
通常(200MB)プラン:950円/日
大容量(500MB)プラン:1,250円/日

世界周遊WiFiプラン
通常(200MB)プラン:1,100円/日
大容量(500MB)プラン:1,450円/日
アジア周遊プラン
3Gプラン
1,380円
3G大容量プラン
1,480円
4G-LTEプラン
1,680円
4G-LTE大容量プラン
1,780円

世界周遊プラン
1,870円/日
※特定の組み合わせを除く
アジア周遊3G/4G・容量200MBプラン
1000円/日
なし
人数と日数の料金
(データ通信料・本体レンタルのみの金額比較)
通常 ▼通常プラン ▼通常プラン ▼通常プラン ▼単国プラン ▼通常プラン ▼通常プラン ※プランによる
(例)
7日間4G-LTEプラン
1人×3日:2,562円/人
5人×3日:512円/人
なし
1人×3日 【3G】2,040円/人
【4G-LTE】3,840円/人
【3G】2,610円/人
【4G-LTE】3,510円/人
2,040円/人 3,450円/人 2,550円/人 【3G】2,610円/人
【4G-LTE】3,510円/人
5人×3日 【3G】408円/人
【4G-LTE】768円/人
【3G】522円/人
【4G-LTE】702円/人
408円/人 690円/人 510円/人 【3G】522円/人
【4G-LTE】702円/人
大容量 ▼大容量プラン ▼大容量プラン なし なし ▼大容量プラン ▼大容量プラン
1人×3日 【3G】2,040円/人
【4G-LTE】3,840円/人
【3G】3,510円/人
【4G-LTE】4,410円/人
3,300円/人 【3G】3,510円/人
【4G-LTE】4,410円/人
5人×3日 【3G】408円/人
【4G-LTE】768円/人
【3G】702円/人
【4G-LTE】882円/人
660円/人 【3G】702円/人
【4G-LTE】882円/人
その他 ▼ギガプラン ▼超大容量プラン ▼大容量レンタルプラン ▼超大容量プラン
1人×3日 5,640円/人 なし なし なし
5人×3日 1,128円/人
国別長期パック料金 30日パック

【WiFiプラン】
14,200円/30日

【4G-LTWiFiプラン】
23,000円/30日
30日プラン
【Aプラン】
15,000円/30日
長期プラン
【マンスリーTelecom Wi-Fi】
15,000円 / 1ヶ月
1ヶ月ごとの契約自動更新
※ビジネス用
※初回契約期間は3ヶ月
なし 7日間パック:1日分無料
※7~13日の渡航に適用可

14日間パック:2日分無料
※14~29日の渡航に適用可

30日パック:4日分無料
※30日以上の渡航に適用可
なし なし なし
利用可能キャンペーン
(公式サイト情報)
★学割キャンペーン
(2017/3/24お申込まで)
5日間以上の利用で総額から1,000円OFF
&人気オプション半額
&補償オプション100円/日OFF

★海外出張応援キャンペーン(2017/2/28お申込まで)
4G-LT1日最大400円OFF

★ビギナーズパックキャンペーン
(2017/2/28お申込まで)
人気オプションが60%OFF&空港受取手数料/宅配送料が0円
なし なし なし なし なし なし なし
テザリング・複数台接続 可能(最大5台) 可能(最大5台) 可能(5~10台) 可能(最大5台) 可能(5~10台) 可能(最大5台) 可能(最大5台) なし
バッテリー耐久時間 約4~5時間 約3~5時間 約8~10時間 約4.5時間 約8時間 約3~4時間 約3~4時間 なし
オプションバッテリー モバイルバッテリー
エネループ:216円/日
エネスマート:270円/日
エネハイバー:388円/日
モバイルバッテリー
216円/日
モバイルバッテリー
216円~324円/日
モバイルバッテリー
(価格不明)
モバイルバッテリー
500円/個
モバイルバッテリー
216円/日
モバイルバッテリー
500円/個
なし
安心保障プラン あんしんパックフル

324円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用100%を補償。ただしエネループなどのモバイルバッテリーと、電源プラグは補償外)

あんしんパック

216円/
(紛失・破損・盗難時の弁償費用80%を補償。ただしエネループなどのモバイルバッテリーと、電源プラグは補償外)
安心補償パック

MAX:540円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用+再調達費用の100%を補償。さらに携行品の盗難・紛失・破損に最大10万円分の補償)

フル:324円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用+再調達費用の100%を補償)

ミニ:216円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用+再調達費用の80%を補償)
あんしん保証パック

216円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用100%を補償。現地国内の警察署や公的機関からの紛失証明書や盗難届の情報などがない場合は加入時でも弁済費用50%が発生する)
安心補償料

210円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用を63,000円軽減。加入していた場合、弁済費用は15,750円)
あんしん補償

レンタル料の10%
(紛失・破損・盗難時の弁償費用の軽減)
安心補償パック

MAX:540円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用+再調達費用100%を補償。さらに携行品の盗難・紛失・破損に最大10万円分の補償)

フル:324円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用+再調達費用100%を補償)

ミニ:216円/日
(紛失・破損・盗難時の弁償費用+再調達費用80%を補償)
レンタル安心補償

1,500円
(紛失・破損・盗難時の弁償費用100%を補償。ただし、現地の紛失証明書取得が必須。紛失証明書がない場合は補償加入していても50%の弁済費用が発生する)
なし
その他オプション シガーソケット充電器
108円/日

3口電源タップ194円/日

セルカレンズ108円/日

中国VPN324円/日
VPN付きプラン
【4G-LTE・250MB】1,570円/日
【4G-LTE・500MB】1,770円/日

2ポートUSB
カーチャージャー
216円/日

マルチ変換プラグ54円/日

360°カメ
THETS1,080円/日

iPadレンタル540円/日
USBカーチャージャー
108円/日

セルカレンズ108円/日
なし 変換プラグ400円/日

スマホ・ipad
レンタルあり
費用詳細なし
(レンタルパックプランでの申し込み)
2ポートUSB
カーチャージャー
216円/日

マルチ変換プラグ54円/日

360°カメラ
THETS1,080円/日

iPadレンタル540円/日
なし なし
現地受取 なし なし なし なし なし なし なし なし
現地受取可能空港・場所 なし なし なし なし なし なし なし なし
現地受取手数料 なし なし なし なし なし なし なし なし
イモトのWiFi
詳細へ
グローバルWiFi
詳細へ
テレコムスクエア
詳細へ
JALエービーシー
詳細へ
詳細ページ
準備中
詳細ページ
準備中
詳細ページ
準備中
ユーロデータbasic
詳細へ

渡航国データ 中国

主な通信規格分布 4G-LTE 通貨 ¥(人民元)・角・分
コンセントタイプ Bタイプ・Cタイプ・Oタイ他 税率 3%~45%
※購入するものなどで税率が変わる
電圧・周波数 220V 50Hz 両替レート
※2017/1/23現在
1元=10角=100分=16.57円
日本(東京時間)との時差 ー1時間 気温 最低気温-25℃~最高気温38℃
※場所により異なる
東京成田から中国までの
フライト時間
3時間10分~7時間30分 気候 6つの気候帯(寒温帯、赤道地帯、温帯、熱帯、暖温帯、亜熱帯)を持つ
成田出発日から到着日時例 12月07日15時15分→12月07日18時20分着
(例:北京行4時間5分)
主な交通手段 鉄道/リニアモーターカー/タクシー
フェリー/飛行機/地下鉄/バス
中国
空港のホットスポット情報
無料Wi-Fi利用可能 無料Wi-Fi利用可否不明 無料Wi-Fi利用可能(時間制限あり)
北京首都国際空港
事前に専用端末で接続許可を取得する
『AIRPORT_FREE_WiFi』に接続

上海虹橋国際空港
事前に専用端末・もしくはサービスカウンターで接続許可を取得する
『SHA_Airport_FreeWifi』に接続

杭州蕭山国際空港
『HIFreWiFi』に接続
※中国の携帯・電話番号が必要

長春龍嘉国際空港
広州白雲国際空港
成都双流国際空港
青島流亭国際空港
大連周水子国際空港
『AIRPORT-FREE-WIFI』に接続
※中国の携帯・電話番号が必要

瀋陽桃仙国際空港
『Airport_Free_WIFI_Shenyang』に接続
※中国の携帯・電話番号が必要

福州長楽国際空港
事前に専用端末で接続許可を取得する
『fuzhoairpor(free)』に接続

武漢天河国際空港
重慶江北国際空港
※国内線ターミナルに無料Wi-Fi有
三亜鳳凰国際空港
ハルビン太平国際空港
南京禄口国際空港
廈門高崎国際空港
天津浜海国際空港
煙台莱山国際空港
寧波櫟社国際空港
南昌昌北国際空港
南通興東空港
徐州観音空港

上海浦東国際空港
事前に専用機械・もしくはサービスカウンターで接続許可を取得する
『FREE_AIRPORT_WiFi』に接続
4時間の利用が可能
携帯キャリア海外定額制比較 au docomo ソフトバンク
通信規格 W-CDMA・CDMA2000(3G相当) W-CDMA(3G相当) W-CDMA(3G相当)
通信制限量 海外ダブル定額:なし
世界データ定額:国内で契約している
データ定額サービスによる
海外パケ・ホーダイ:なし
海外1dayパケ:30MB/24時間
なし
プラン 海外ダブル定額
世界データ定額(4G-LTE対応機種のみ)
海外パケ・ホーダイ
海外1dayパケ
海外パケットし放題
料金 海外ダブル定額
1,980円~2,980円/日

世界データ定額
980円/24時間
(期間限定:2017年2月18日迄)
海外パケ・ホーダイ
1,980円~2,980円/日
海外1dayパケ(中国)
980円/24時間
海外パケットし放題
1,980円~2,980円/日
テザリング・複数台接続
人数と日数の料金 海外ダブル定額(2,980円/日)
1人×3日:8,940円/人
5人×3日:8,940円/人

世界データ定額
1人×3日:2,940円/人
5人×3日:2,940円/人
海外パケ・ホーダイ(2,980円/日
1人×3日:8,940円/人
5人×3日:8,940円/人

海外1dayパケ(1,280円/24時間)
1人×3日:2,940円/人
5人×3日:2,940円/人
海外パケットし放題
2,980円/日
1人×3日:8,940円/人
5人×3日:8,940円/人

※最高速度は理論値であり、実際の速度を保証するものではありません。通信環境(国や地域、利用するネットワーク等)により、通信速度は変わります。

中国で長期旅行・ロングステイするなら?

中国は広く、地域によってその特色は大きく異なります。食べ物の味つけや、種類、風土や歴史の違いによる習慣、観光地の風景など、多くの見所があります。場所によっては隣り合う地域でも言葉が違うなど、時間をかけて文化や長い歴史を楽しむことができます。長期滞在や留学、仕事など目的に合わせたレンタルWi-Fiプランを考えてみましょう。

長期旅行での滞在

中国の数多くの観光地を周遊する長期旅行や、各地域の食べ歩きをするグルメ旅行などを長い時間をかけて楽しむ人も数多くいます。1週間から1ヶ月、もしくは観光ビザが切れる90日までの長期間のスケジュールを組むことも可能です。レンタルWi-Fiを利用する場合、1週間以上なら期間固定プラン、1ヶ月程度なら30日や1ヶ月パックプランがオススメです。それ以上の場合は長期割引プランを利用すると良いでしょう。

留学での滞在

日本人にはなじみのない声調など、正しく中国語を話せるようになるまでには短くても3ヶ月以上はかかります。方言などにも対応できるようになるためにはさらに長い期間が必要でしょう。しかし、中国語は日本でのビジネスにおいても需要の高い言語です。しっかり習得する時間を取って学ぶなら月契約や長期割引プランを活用してレンタルWi-Fiを借りるのがオススメです。

仕事での滞在

中国の需要は拡大し、特に日本製品の販売においては高い信頼性や技術力、ニーズの理解から多くの需要が見込めます。中国への進出、支社の設立などで現地へ出張する場合、日本との連絡ツールであるネット環境は重要です。中国の金盾政策により、日本のサービスやサイト、海外のメールは利用できないことがあります。この金盾政策の影響を避けるためには、VPN機能のあるWi-Fi端末が必須となります。2週間や1か月の研修なら、VPN機能のあるレンタルWi-Fiで期間固定プランなどを選ぶと良いでしょう。

長期割引・期間固定プランと日数×レンタル費用プランはどちらが得?

中国には、歴史的な世界遺産巡りやグルメ観光、留学や仕事など様々な理由で長期滞在する人が数多くいます。昨今では中国の物価も以前ほど安くはなくなってきていますので、なるべく出費は抑えたいものですね。レンタルWi-Fiを利用するなら日数や料金によるプランを知って、よりお得なプランを選ぶと良いでしょう。

長期割引プラン

長期割引プランは、レンタル日数での料金加算が一定期間分無料になります。例えばグローバルWi-Fiの長期割引プランで60日間利用した場合、23日目から30日までの6日間分と45日から60日までの15日間分が無料になります。そのため30日のレンタル費用は15,000円、60日のレンタル費用は30,000円になります。通常プラン(1,170円/日)で30日利用すると35,100円のレンタル費用になるため比較すると30日分よりも安く、60日分のレンタルが可能です。中国への出張や研修などで1ヶ月以上長期滞在する際に向いています。

期間固定プラン

期間固定プランでは30日・1ヶ月などの期間のレンタルができます。1ヶ月の短期留学や語学研修などに向いています。期間固定プランは日数×レンタル料金より半額程度も安くなります。イモトのWi-Fiでもレンタル日数での料金と比較すると3Gプランでは6,200円、4G-LTEプランでは15,400円もの差があります。30日以外にも、7日パックプラン、14日パックプランなどを提供しているレンタルWi-Fi業者もいるので、利用する日程でレンタル業者を選ぶのも良いでしょう。

日数×レンタルプラン

日数で利用するレンタル料金が決まるプランです。7日未満の観光旅行などであればこのレンタルプランを利用する方が安く抑えることができます。イモトのWi-Fiでは中国通常プランが680円~1,280円/日なので、3日間なら2,040円~3,840円となります。5日間の場合は3,400円~6,400円でレンタルできます。テザリングが可能なので、大容量プラン(1,880円/日)でも、2人以上で割り勘すると1人あたりの料金は1日あたり数百円。とても割安です。短期間の利用は日数×レンタルプランを利用し、長期になる場合は、期間固定パックや長期割引を利用すると良いでしょう。

Wi-Fiレンタルの現地情報(中国)

国土が広い中国には無料Wi-Fiインフラがほとんど進んでいない地域も数多くあります。しかし、まったく知らない土地なら急にネット環境が必要になることもあるでしょう。ネット環境を現地調達する方法を確保しておくと、そうした事態にも備えることができます。現地での受取や、レンタル、契約する方法について調べてみました。

現地でレンタルできる中国のレンタルWi-Fi会社

レンタルWi-Fi業者には、海外にオフィスを展開している業者や、海外の空港に専用カウンターを持っている業者もいます。日本のレンタルWi-Fi業者が現地で待機していれば安心ですね。中国現地にて、日本のレンタル業者を利用することができるのでしょうか。

中国現地オフィス・レンタルWi-Fi業者

残念ながら、中国各空港で利用できる日本のレンタルWi-Fi事業所や業者はありません。現地に行く前に、日本国内の空港で受取を行なってレンタルすることになります。一部外国オフィスを展開するグローバルWi-Fiやグローバルモバイルも、ハワイ・台湾・韓国のみの現地受取利用になっています。現地でレンタルWi-Fiを調達する場合は、通信会社のモバイルやSIMカードが必要です。日本国内でレンタルWi-Fiを受取るか、ネットショップなどで海外の通信会社に対応するポケットWi-Fi端末を格安購入して現地でSIM利用を検討することになります。

現地で契約・利用できる中国のレンタルWi-Fi会社

中国の主な通信会社は、中国移動通信・中国聯合通信・中国電信の3社になっています。広大な中国で高いシェアを誇る3社とはどのような通信会社なのでしょうか。各社の比較やSIMカードの価格も併せて検討してみましょう。

中国移動通信(チャイナ・モバイル)

中国移動通信(チャイナ・モバイル)は中国のモバイルシェア64%を占有している最大手の通信会社です。中国の大きな国土の非常に広い範囲をカバーしており、4G-LTEでもシェア67%と圧倒的な契約者数を誇ります。2G範囲などのカバーも幅広いことから、中国農村部や山間部でも中国移動通信(チャイナ・モバイル)の利用者がいます。SIMカードの価格は、5元(日本円:82.85円)~200元(日本円:3,314円)となっており、使用期間や容量などから多数のプランが用意されています。

中国聯合通信(チャイナ・ユニコム)

中国聯合通信(チャイナ・ユニコム)は中国のモバイルシェア20%、中国国内2位の通信会社です。ただし、4G-LTEでのシェアでは、3位の中国電信(チャイナ・テレコム)の半分の11%にとどまり、遅れを取っています。利用価格が安めの設定であることから、旅行者や若者などに多く利用されている通信会社でもあります。SIMカードの価格は、8元(日本円:132.56円)~36元(日本円:595.52円)となっています。

中国電信(チャイナ・テレコム)

元々は固定電話回線を扱っていた、国内3位の通信会社です。4G-LTEのモバイルシェア率においては22%と中国聯合通信(チャイナ・ユニコム)を上回る結果を出していますが、接続可能範囲は狭く、規模で見れば実質的には上記2社の独占状態となっています。SIMカードの価格は、10元(日本円:165.7円)、59元(日本円:977.63円)、999元(日本円:16,553.43円)。まだ一部の地域でしか普及していない中国4G-LTEインフラですが、この拡大が進めば、今後人気が出るかもしれません。

現地レンタルのメリット

中国の空港や現地オフィスで受取可能なレンタルWi-Fi業者はありません。SIMロックフリーのスマホやルーターを用意して、SIMカードを契約(購入)することになります。お持ちのスマホがSIMロックフリーならSIMカードを取り替えるだけでそのまま使えますし、端末返却も不要です。契約には各社のプランを理解し、販売スタッフの質問ともしっかりやりとりする必要があります。もし中国語に自信がないのなら日本からレンタルWi-Fiを持っていく方が良いでしょう。

利用者の声

国土が広く、3G・4G-LTE環境のインフラの整備進行にもむらがある中国。政府による金盾政策などネット環境に不安が残る国ですが、実際にはどのような状態なのでしょうか。日本からレンタルWi-Fiを持ち込んで利用した人の口コミを聞いてみましょう。

四川料理食い倒れツアーを決行

グルメ都市としても有名な成都に、本場の四川料理を食べにいきました。グルメレポートブログや情報データをチェックしながら、マップを使ってお店を巡りましたが、地図の表示もスムーズ。常に現在地が確認できたので迷子にもならず、美味しい麻婆豆腐や辣子鶏を食べられました!迷っていると時間ロスがあるので、2泊の短い期間の旅行で食い倒れツアーするなら、やっぱりナビや地図は使えるようにしている方がいいです。お会計アプリや通訳アプリ、カメラなども使いましたが、一番使ったのはやはり地図とグルメレポートブログでした。

九寨溝の写真をSNSへ投稿

中国の金盾の影響は避けたかったので、VPN大容量プランでWi-Fiをレンタルしました。四川旅行での目的は九寨溝だったので、そこでたくさん写真を撮ってその場でSNSにアップしました。インスタやTwitterなど、中国側からはアクセスできないサイトも多いので、日本やアメリカのサイト、Webサービスを利用したいならVPN必須ですよ。通信は市街地や空港などの開発されたところは問題なく繋がりました。黄龍や九寨溝の写真が撮れたし、無事にSNSやブログにアップもできたので良かったです。

シャングリラを見に行きました

昨年、中国の香格里拉(シャングリラ)まで観光しにいきました。色とりどりのタルチョのかかった飛来寺、白く輝く梅里雪山、綺麗な花を咲かせた高原植物の草原など、フォトジェニックな風景に感動します。ホテルに帰ってからレンタルWi-Fiを起動し、撮った写真を彼女のスマホに送ったらすごく喜んでくれました。今でもその写真を待ち受けにしています。次は彼女をつれて観光する予定です。そのときにも今回お世話になったレンタルWi-Fiを持っていきたいと思っています。

まさかの盗難事件発生!

広州旅行中にレンタルWi-Fiが置き引きされました・・・・・・。私がトイレに立った時にトラブルは発生しました。子どもと夫が一緒にいたのですが、夫が子どもに気を取られているうちに持っていかれてしまったようです。机の上にポーチを出していたのがいけませんでした。大慌てでレンタル業者に連絡しましたが、弁償費用を全額補償してくれるプランに入っていたので、負担はありませんでした。結局レンタルWi-Fiは戻ってきませんでしたが、海外旅行のときはあんしん保証や海外保証は念のためにもつけておく方が良いと思います。

留学で3ヶ月間、中国へ行きました

金盾政策の事は聞いていたので、日本の動画サイトやTwitter、LINEを利用するためにVPN機能のあるレンタルWi-Fiを日本で借りていきました。家族との連絡を取り合うのもいつもLINEだったし、Twitterが確認できないのは困るので、私にとってはVPNとレンタルWi-Fiを選ばないという選択肢はありませんでした。容量を使うので動画サイトは頻繁に見るのは難しいけれど、連絡やSNSチェックは問題なし。本当に便利です。ホームシックで日本語が恋しくなるときにもいいですよ。中国と日本の時差は1時間なので友達や家族とも気兼ねなくLINEで通話できます。

三国志の史跡巡りに中国へ

タク州では三義宮や桃園結義を再現した像、張飛の井戸を見て回りました。そして、映画レッドクリフのロケ地、武漢の赤壁古戦場も見てきました。移動時間がかなりかかるので2週間の長期旅行です。レンタルWi-Fiを借りてスマホとタブレットでマップやロケ地の場所情報をネットでチェックしていきました。途中でかなり遅くもなりましたが、ほとんどは繋がっていました。動画などは試していませんが、マップを開く分にはサクサク利用できましたよ。

1週間の中国体験ツアーをブログでレポート

1週間程度のプチ留学体験ツアーがあったので有休を利用して中国体験ツアーに行ってきました。中国語や現地の料理など、いろいろ面白い体験ができました。その都度、体験したことや感想をブログにアップしたいと思っていると伝えてオススメされたレンタルWi-Fiを日本から持っていきました。機械は苦手なので心配でしたが、私でも簡単に接続設定できました。受取のときにも丁寧に教えてもらえて、ほんとうに助かりました。現地での最初の設定も、説明書に従って行なったらスムーズに問題なく使えるようになりました。

連続使用はモバイルバッテリーなしでは無理

一応モバイルバッテリーを持ってはいたのですが、どのくらい持つかと思って1日目の上海の観光中は電源を入れて繋げたままで利用。3時間くらいで充電が切れてしまったので、そこからはモバイルバッテリーに頼ることになりました。マップや翻訳を使えるのはかなり便利だけど、長時間充電なしで観光するときはモバイルバッテリーを持っておく方がいいですね。2日目はこまめに電源を切って使うときだけONにすると1日持ちました。繋げたままにしたいならモバイルバッテリー必須です。

初めての中国旅行は王道スポット巡り

観光で北京へ行ってきました。紫禁城、天安門広場と万里の長城、明の十三陵、雍和宮など王道の観光スポットや中国的な雰囲気の味わえる場所をたっぷり観光。写真と感想をLINEで友人に送ったり、無料通話で現地の雰囲気を伝えたりしました。VPN機能のあるレンタルWi-Fiを利用したので、日本とのやり取りもまったく問題なくできました!試しに北京のカフェで現地の無料Wi-Fiを利用してみましたが、TwitterやLINE、日本のまとめニュースサイトなど開けなかったものが多かったですね。

蘇州で写真を撮ってもらいました

中国語どころか、英語すら苦手。海外旅行にも初挑戦でしたが、通訳アプリやマップを活用して無事に楽しく旅行することができました。写真を撮ってもらいたいと思い、中国語の通訳アプリでその場にいた現地の人にお願いしました。快く引き受けてくれて、蘇州の美しい風景と自分の写った記念写真をたくさん撮ることができました。東洋のベネツィアと呼ばれる蘇州は建物や庭園など、本当に美しいので一見の価値ありです!通訳アプリとマップ利用でも十分旅行できたので、レンタルWi-Fiとスマホを持って海外旅行してみると良いですよ。

まとめ

やはりネット環境においては、日本のサイトやLINEなどのアプリ、連絡ツールを利用するためにVPN機能を利用する人が多いようです。また、短期間の旅行では、レンタルWi-Fiを利用して中国語翻訳とマップを活用している人が数多くいます。北京語、広東語など場所が変わると言葉も変わる中国は翻訳アプリや通訳アプリの重要性が増します。特に中国語は発音によって相手に全く通じないことがあるため、さざまな中国語の通訳がすぐできるように安定したネット環境を用意しておくと安心でしょう。

海外Wi-Fiの詳細とレンタル料金を調べる