アメリカwifi比較|海外で使える!Wi-Fiレンタル比較サイト

海外で使えるレンタルwifiを比較【アメリカ】

アメリカで使えるレンタルWi-Fiランキング

イモトのWiFi

イモトのWiFi

イモトのWiFi
4G LTE(500MB) 680円/日〜
商品の詳細を見る

テレコムスクエア

テレコムスクエア

テレコムスクエア
4G LTE(500MB) 700円/日〜
商品の詳細を見る
グローバルWiFi

グローバルWiFi

グローバルWiFi
4G LTE(500MB) 870円/日〜
商品の詳細を見る
海外でも快適!お手頃価格が人気の“イモトのWiFi”

世界各国を駆け巡る人気番組で、頻繁に海外に渡航しているイモトさんをCMに抜擢した海外用Wi-Fi。
Wi-Fiレンタル業界の最大手だからできる、お手頃な価格と簡潔なシステムが人気です。
非常に安く大容量Wi-Fiが借りられるキャンペーンがあります。

イモトのWiFi

旅行先や留学先としても、日本からの渡航者が多いアメリカ。広大な国土を擁するアメリカにあるのは、NYやラスベガスなど華やかな都市だけではありません。市街地から離れたグランドキャニオンやモニュメントバレーなどの、大迫力の自然観光スポットも豊富にあります。そうした自然スポットの中で、すぐさまに体験した感動を写真付きでSNSから発信するなら、レンタルWi-Fiは必須です。広大な国土を持つアメリカのWi-Fi事情を、ネット環境の繋がりやすさから考察してみましょう。

レンタルWi-Fiの受取場所

各業者、アメリカ国内での受取・返却は不可
日本国内主要空港や宅配・本社受取のみで対応
受取手数料・宅配費用については各社で異なるため手数料を要確認

変圧器・コンセントアダプタのレンタル

アメリカの場合は電圧が120V、周波数が60Hzです。比較的日本に近い電圧や周波数の国です。コンセントタイプも日本と同じ平たい差し込み軸のAタイプが主流なので、電圧対応幅がある家電は問題なく利用できます。利用する家電や充電器が100V専用品でなければ変圧器もコンセントアダプタも不要です。

海外携帯レンタル 詳細・ご予約
海外携帯レンタル 詳細・ご予約
  • イモトのWiFi
  • テレコムスクエア
  • グローバルwifi

利用者の声

無料ホットスポットも多いアメリカですが、レンタルWi-Fiは回線の混雑が避けられて繋がりやすいことなど多くのメリットもあります。レンタルプランの充実したサービスにも注目です。実際に利用した利用者の声を聞いてみましょう。

グランドキャニオンでも繋がる!

レンタルWi-Fiを利用するのは初めてでしたが、グランドキャニオンやモニュメントバレーのような何もないところでも問題なく接続できて、無事写真をSNSに投稿することができました!やっぱりそのときの感動は、その場でSNSにアップするのがいちばんです。英語には自信がないので道を聞く勇気はなかったのですが、市街地でのGoogleマップ利用や乗換案内情報のチェックもスムーズで、ほとんど迷子知らずでした。ラスベガスやNYのような都会でなくても、問題なく使えてとても満足しています。

主要な観光地では問題なし

基本的にNYなどの市街地を回ることが今回の旅では多かったので、それほど繋がりにくそうなイメージがあるところには行きませんでした。エンパイアステートビルやブルックリンブリッジなどの観光のときに繋がらなくなることは特になかったです。近隣のレストランやグルメ情報を探すのもサクサクとページが開けて、マップにアクセスするのも安定していました。バスのチェックとか、乗換情報を調べるのもストレスなくできたので、ほとんど手元の地図は不要でした。

盗難でレンタルWi-Fi紛失!補償に入っていてよかった

NY旅行中に、ちょっと迷って人通りの少ない道に出てしまったんです。迷子になったので立ち止まってスマホで地図をチェックしてたら、カバンごとレンタルWi-Fiを持って行かれました。盗難補償に入ってなかったら、レンタルWi-Fi費用も全負担だったし、もちろんパスポート再発行費用も負担する必要が出るところでした。念のためと一番補償の手厚いプランでレンタルしていたことが不幸中の幸いでした。やはりアメリカは日本よりも安全じゃないところも多いので、安心補償の利用がオススメです。

英語が全く話せないけどアメリカ旅行できました!

海外に旅行するにあたり、やっぱり言葉ってネックになると思います。道に迷ったり、買い物中に店員さんと話したり、メニューの注文したり、入国審査で受け答えしたり。そういったときに英語で伝えることはどうしても必要になります。私は、英語なんて全く話せません。でも、レンタルWi-Fiと翻訳・通訳アプリがあったので無事に乗り切って、買い物や食事も十分堪能できました!地図もマップアプリやグーグルマップで、迷子知らず。どこでも繋がるし、レンタルWi-Fiが本当に大活躍しました!いつでもインターネットにつながっている環境は、海外旅行には必須だと思います。

海外の会社に研修に行った際に利用

研修の講師を頼まれて、アメリカの新規スタッフにサービス対応を教えに行きました。英語には自信がなかったのですが、レンタルのサポートでコンシェルジュプランを選んでいたので、ちょっと難しい話のときは通訳もお願いしました。おかげできちんと研修を終えて、無事に残った時間で観光まで楽しむことができました。観光中も常に繋がっていたのでストレスなく利用でき、SNSで友人や現地の人から現地の美味しいお店をいろいろ紹介してもらえました。

大容量プランで、SNSやLINE利用

「やっぱり旅行の感動はすぐに発信したい!」と思い、大容量プランを選びました。容量を気にせずに使えるから、撮った写真をすぐSNSにアップできるし、もらったいいねやメッセージ、リツイートもその場でチェックしてリアクションできます。LINEで日本の友達とも話やトークができて、感動や体験したことをすぐ共有できるのも良かったです。街中歩くときにもマップや通訳アプリで全然困らない!今度はハワイ旅行するけど、また絶対リピートします!

海外長期出張でマンスリーレンタル利用

海外赴任が決まり、単身赴任することになりました。日本に妻と5歳の娘がいて、できるなら頻繁に話をしたかったんで大容量のレンタルWi-Fiをマンスリープランで借りました。携帯レンタルだと端末料金もかかるので、SKYPEやLINEで休みの日に娘や妻と話をしていました。TV電話も結構安定して利用できたので、私だけ一日早く娘の誕生日を祝うことになりましたが、娘の誕生日も一緒に祝うことができました。娘に寂しい思いをさせずに済んで良かったです。

混雑しているスポットでも快適

アメリカは、フリーホットスポットは多いです。ただしフリーのホットスポットは混雑しているとかなり繋がりにくくなりますし、セキュリティの怪しい接続先もちらほらあって、不安もありました。なので、飲食店などのホットスポットは使わずにレンタルしたWi-Fiを使いました。別行動の際に、フリーホットスポットを使ってみた友人は繋がりにくいと話していました。ストレスフリーに利用するなら、やっぱり自分専用のWi-Fiを持っている方がいいですよ。

ネットのフリースポットは危険

ネット環境が誰でも利用できるフリーのホットスポットが多いアメリカだけど、ネットのセキュリティは微妙なこともあります。信号機のシステムがハッキングされるなどの事件も聞いたことがあったので、セキュリティのしっかりした自分専用のレンタルWi-Fiを持って行く方が安心です。特にネット決済や、ネットバンキングをすることがあるなら用心するに越したことはありません。海外旅行では国内では考えられないようなトラブルもありえるし、フリーホットスポットの利用を最低限にとどめる意味でもレンタルWi-FIは必須だと思います。

まとめ

ネット環境の整えられたアメリカでは、多くのフリーホットスポットがあります。しかし、そうしたスポットでは不特定多数が接続するので混雑することもあります。繋がりにくく感じることも多くあるでしょう。繋がりにくい場合に備えてレンタルWi-Fiを利用すれば、アメリカでも安定した通信を利用することができます。レンタルWi-Fiならフリーホットスポットと異なり、しっかり暗号化もされているので仕事のやり取りも安心して行なうことが可能ですよ。

海外Wi-Fiの詳細とレンタル料金を調べる