海外で使える!Wi-Fiレンタル比較サイト

どっちがいい?「wifiルーター」or「プリペイドsim」

2017年05月30日(火)02時34分

海外でスマホなどの通信端末を利用するには、いくつかの方法があります。その中でもよく利用されている方法がwifiルーターとプリペイドsimの利用です。どちらが向いているのかはインターネットの利用スタイルによって異なります。この2つの方法のメリットとデメリットを比較して検討してみましょう。

wifiルーターとプリペイドsimの違いを比較してみよう

wifiルーターとプリペイドsimのうち、より自分に向いているのはどちらの方法でしょうか。特徴や料金、メリット・デメリットを比較します。

wifiルーター

・料金:レンタルの場合 日額390円~1,800円/日 購入する場合 400円~40,000円/日
・対応端末:Androidスマホ・iphone・タブレットPC・ゲーム端末ほか
・利用できる国:契約業者ごとに異なる(41ヵ国~200ヵ国以上など)
・メリット:複数台接続が可能で設定が簡単。出国前にレンタル・購入が可能。
・デメリット:対象国の制限があり、プリペイドsimのみと比較すると価格が高い。

プリペイドsim

・料金:3日~10日で1000円~1998円程度
・対応端末:simロックフリー端末(Androidスマホ・iphone・タブレット・ポケットwifiほか)
・利用できる国:現地購入なので通信会社のエリア開拓が進んでいればどこでも可能。
・メリット:simロックフリー端末さえあれば利用価格が安い。端末の機能によって複数接続も可能。
・デメリット:多くの場合、現地での購入や設定操作が必要になるので現地言語の理解やコミュニケーションが不可欠。

どちらを選べばいい?

以上の比較情報からそれぞれの利用に向いている具体的なタイプを考えてみました。自身に当てはまる方を選ぶと良いでしょう。

単発で短期間の海外旅行で、現地の言葉でのコミュニケーションに難がある人ルーターやsimに詳しくなく、機械操作に不安がある人はレンタルでwifiルーターを利用する方が安心ですし、より安く使えます。

海外に何度も行く、長期滞在が多い人機械設定が自分ででき、受取返却手続きが面倒くさい人などは、初期費用や月額が発生しますが、購入でwifiルーターとクラウドsimを使った方法を選ぶと手続きによるストレスが少なく利用できます。

すでにsimロックフリー端末を持っていて通話機能も必要な人同じ国に長期滞在し、現地でのコミュニケーションに問題ない人はsimカードを購入する方が安く利用することが可能です。simロックフリー端末の購入も必要になる場合、ルーターの購入と同様に初期費用が高くなります。

プリペイドsimの購入方法

現地購入が基本のプリペイドsimですが、購入するにはどういった手続きが必要なのでしょうか。

現地購入

渡航国の空港や、家電販売店などの大型ショップ、simカードショップや通信会社のショップで購入することができます。あらかじめ設定されたいくつかのプランの中で自分の滞在期間や利用スタイルに合ったものを選んで購入し、simロックフリー端末にそのsimカードを差して利用します。空港など場所によっては日本語で対応してもらえるケースもありますが、現地の言葉や英語でしか対応できないことが多くあります。サイズや期間、チャージ料などの説明を受けて設定するため、ある程度の言語理解・コミュニケーション力、機械の設定ができる人が向いています。

通販やネットショップ購入

通信会社の公式サイト、ネットショップなどでも対応するプリペイドsimを購入することもできます。ネットショップで購入すれば、出国前に宅配受取できます。日本語対応している公式サイトが少なく、ネットショップの場合は代行料や送料がかかるので現地購入よりも割高になります。機械設定が自分でできる人や、現地でのショップ探しや現地言語でのコミュニケーションを避けたい人にオススメです。

【まとめ】

レンタル・購入wifiルーターや、プリペイドsimなど海外でwifiを利用するためにはいくつかの方法がありますが、どれを選んで海外旅行をするかは、旅行日程や今後の利用を考えて選ぶようにしましょう。

海外携帯レンタル 詳細・ご予約
海外携帯レンタル 詳細・ご予約
  • イモトのWiFi
  • テレコムスクエア
  • グローバルwifi