iPhoneユーザー必読!海外でWiFiを使用する方法

iPhoneユーザー必読!海外でWiFiを使用する方法

2017年05月31日(水)11時33分

「普段使用しているiphoneを海外でも同じように使いたい!」という人にオススメ!海外で利用したい項目に合わせて設定操作をご紹介します。渡航前の事前設定から、帰国後の設定まで解説。しっかり設定理由や設定方法を把握して、安心して利用できるようにしましょう。

wifiを使って海外でiPhoneを使うための準備事項

出発前の準備と設定

必要なアプリのインストールやアップデートを済ませてから、自動更新とバックグラウンド処理をオフにします。海外で更新やバックグラウンド処理が行なわれるとすぐにwifiの容量を使い切ってしまいます。事前に必要な更新は済ませて、更新などの停止操作をしておきましょう。 ▼設定詳細 ① [設定]>[一般]>[Appのバックグラウンド更新]をタップし、スライドしてオフに設定します。 ② [設定]>[iTunesStore/AppStore]>[モバイルデータ通信]をスライドしてオフに設定します。 ③ [設定]>[iCloud]>[iCloud Drive]もしくは[バックアップ]をタップ、スライドしてオフにします。

飛行機搭乗前の設定

電話・データローミング・4G通信をシャットオフして勝手に接続できないようにします。バージョン別の手順に従って、データローミング、4Gをオフの操作をしましょう。 【iOS10・iOS9.3】
  1. iphone設定画面[設定]>[モバイルデータ通信]をタップ
  2. iphone設定画面[モバイルデータ通信のオプション]をタップ
  3. iphone設定画面[データローミング]をオフ、[4Gをオンにする]をタップ
  4. iphone設定画面[4Gをオンにする]から[オフ]をタップ
【iOS9.0・iOS8・iOS7】 iOS9.0・iOS8・iOS7の場合は、[設定]>[モバイルデータ通信]をタップするとすぐ[4Gをオンにする]と[データローミング]が表示されるのでタップしてオフに設定します。iOS9シリーズの場合は[モバイルデータ通信]の[Wi-Fiアシスト]もオフにします。 ※データローミングのオフは白、オンは緑またはオレンジで表示されるので間違えないようにしましょう。

搭乗から旅行中の設定

飛行機に搭乗する時には機内モードをオンにします。電源のオフはしなくても構いませんが、機長やCAの指示がある場合は電源をオフにしましょう。続けて、現地での設定については、シーン別で設定を変更しましょう。 機内モードの設定 [設定]の[機内モード]のスイッチをスライドしてオンにしてください。 ※電話とSMSの送受信、ios8以前のGPS利用ができなくなります。 ※現地時間の自動取得ができません。手動設定、もしくは飲食店や空港でwifiに接続すると自動的に設定されます。

利用はwifiのデータ通信だけにしたい!

wifiでのデータ通話・データ通信・インターネット利用が可能です。 ▼設定詳細
  1. iphone設定画面機内モードはオンのままにします。
  2. iphone設定画面[設定]のwifiをオンにして、接続先SSIDを選んで接続します。

wifiのデータ通信と電話だけにしたい!

電話とSMS送受信、wifiでのインターネットが使用可能です。国際電話の料金はかかるので、電話の利用回数や通話時間に気をつけて使いましょう。 ▼設定詳細 ・機内モードをオフにします。 ・4Gとデータローミングをオフにします。

旅行から帰国後の設定

帰国したら、iPhoneの設定を元の設定に戻しましょう。 ▼設定詳細 ・機内モードをオフにする ・4Gをオンにする ・データローミングはオフのままにする ・wifiは使用する時にオンにする ・アプリの自動アップデート・バックグラウンド設定をオンにする ・iCloudをオンにする

iPhoneのwifi接続手段を確認

海外でwifiに接続する場合には主に2通りの方法があります。どういった接続ができるのか見てみましょう。 レンタルwifiや購入したポケットwifiを使う SSID・パスワード場所:ポケットwifiやレンタルwifi本体にシールで記載されています。 wifiルーターの電源を入れて、iPhoneのwifi設定をオンにしてSSIDとパスワード情報を入力しますと接続できます。 ホテルや飲食店、空港などの無料wifiを使う SSID・パスワード場所:メニュー表やレシート、SSID発行機やフロント係などから確認できます。 iPhoneのwifi設定をオンにしてSSIDとパスワード情報を入力すると接続できます。スポットを出る時には手持ちのwifiルーターなどに接続設定を切り替えなおしましょう。