[トラブル体験談] ドイツでぽつんとひとり…階段踊り場でのWi-Fi接続

[トラブル体験談] ドイツでぽつんとひとり…階段踊り場でのWi-Fi接続

2014年01月06日(月)02時01分

昨年友達が住んでいるドイツへ一人で渡航した時の出来事。

飛行機と電車を乗り継ぎ、ドキドキしながら、なんとかその街に到着。
電車の駅を降り、地図を片手にホテルまでスーツケースをごろごろ引き、やっとホテルに到着し、チェックインを済ませ、落ち着いたので、WI-FIでIPhoneから友達にラインで無事、到着の旨を伝えようとWi-FIを確認したんです。

電話代は海外からだと高いと聞いていたので、WI-FIのみの使用にしようと考えて、ネットで確認し、なるべく安いホテルで、WI-FIのあるホテルを選びました。

いくら経ってもホテルから預かったネットワークが見つからなくて、ホテルのご主人(夫婦経営のようです)に話をしようと思ったのですが、なにせドイツ語で言葉が通じない為、うまく説明できず、英語でたどたどしいながら説明し、何とかWI-FIが通じないことだけは分かって貰えたので、じゃあこっちでつなげてみてというカンジで新しいネットワークを教えてもらい、ホテルのロビーのWI-FI回線に繋げることが出来ました。

ただそのホテルのロビーといっても、階段の踊り場みたいなとこに机がひとつぽつんとあるだけ、その机の上にファミレスのようにベルが置いてあって、用事があれば呼んで下さい的なとても淋しいロビー。
レジも置いていないようなので、普段は誰もいないのでしょう。
ご主人もしばらくするとどこかに行ってしまいました。

私はそこで立ったままラインで電話をかけたり、スカイプでチャットしたり、はっきり言って人が通ると気まずかったです。
それもホテルに到着したのは夕方、ロビーの電気は節電対策なのかしばらくすると消えるので、真っ暗になります。
1回目は電気をつけるのに、IPhoneのライトを使用してスイッチを探すはめに。
2回目からは、そのスイッチを押すか、またはセンサーに反応するみたいなので、電気が消えないよう小さな踊り場で2,3歩歩かないといけなくて、せっかくWi-Fiのあるところを選んだのに、海外まで来て、とても心細いネット環境でした。

そのあと、ドイツ在住の友達に部屋のWi-Fiが通じないからと話をつけてもらったのですが、そのホテルのご主人の話によると、Wi-Fiは縦には弱いから、下の階だと繋がりやすい、でも君は一人で泊まっているから、下はツインルームかダブルしかないとのことで、値段が上がるし、部屋も空いていないと。
それに一気に他の部屋のお客様がネットにつなげると繋がりにくくなるから、繋がるまで気長に待ってと。

このご主人の話は、本当かどうか分かりませんが、ドイツに住む友達に会えて嬉しかったですし、色々美味しいものも食べれたし、ケーキはとっても大きくてスイーツ好きには最高で、街もきれいなので色々なところに連れて行って貰えて、観光もとっても楽しめました。ただそのネット環境だけはひとつの心残りです。結局滞在している間は、常にこの淋しい階段踊り場ロビーでチャットでしたから。
次はもっと大きなホテルで部屋で快適にネットが出来るところを探したいと思いました。

ちなみにホテルを出る日に分かったことですが、そのホテルのご主人の奥様は日本に留学していたとかで、ドイツ人でしたけど、日本語ぺらぺらでした。もっと早く会いたかったです(苦笑)。