台湾で使えるレンタル携帯情報

台湾で使えるレンタル携帯情報

台湾などの海外の国々では日本の携帯電話をそのまま、日本と同じように利用すると非常に高額な請求が発生する恐れがあります。また日本で契約している携帯電話会社の海外向けプランも定額制ではありますが、決して安くはありません。では、台湾で必要以上に費用をかけずに電話を利用するためにはどういった手段を取ればいいのでしょうか。

台湾で日本と同じように携帯を使うとどうなるの?

台湾には多くの場所で利用できる無料Wi-Fiがあります。スマホを使ったLINEなどのデータを利用したアプリでの連絡であれば、これらの無料Wi-Fiサービスに登録して利用することが可能ですので、そのまま日本にいるときと同じ感覚でインターネットを利用することも可能でしょう。また、利用しているキャリアと海外用のプランを契約すれば、海外でも日本と同じ感覚で電話とインターネットを利用できますし、レンタルWi-Fiを利用することで常に自分専用のインターネット環境を常に確保し続けることもできます。

現地では電話での会話やショートメールのみでいいという人であれば、利用しているキャリアと海外で利用するためのプランを契約したり、海外用のレンタル携帯を利用したりする方法もあるでしょう。
ただし、スマホでもガラケーでも、端末の設定のみで海外ローミング(現地でのデータローミング)を利用すると高額な請求が発生することがあるので注意しましょう。

台湾で使えるレンタルWiFi情報はこちら

台湾で携帯を使うならどうしたらいいの?

前述のとおり、手持ちの国内携帯電話を台湾でそのまま利用する場合は、海外対応携帯であることや海外利用できるプランなどの契約を行なった方が良いです。端末の操作だけで使える国際ローミングは、便利でかんたんに利用できますが、リスクが大きいです。もし利用目的が短期の旅行や出張であれば、台湾用のレンタル携帯と無料Wi-Fiを利用する方法がおすすめですよ。

海外で使える携帯電話レンタル比較はこちら

会社別で携帯のレンタル料金とおすすめポイントを見てみよう!

グローバルセルラー

レンタル・通話料金

本体レンタル価格が100円/日、発信料(日本への発信含む)と着信料が各320円/分となります。

おすすめポイント

1日あたりわずか100円というレンタル料はやはり魅力です。料金体系が分かりやすいこと、そしてインターネットからのシンプルな申込やタイマー精算による帰国後のスピーディな精算、24時間365日体制のサポートなど、スムーズに利用できる仕組みが魅力です。

口コミ

申し込みが簡単で料金がわかりやすい(男性/20代)
貯まっていた有休をつかって、台湾旅行に行ったときにグローバルセルラーのレンタル携帯を利用しました。申し込みはインターネット上から簡単にできたので、仕事の休憩時間でさくっと済ませられました。発着信の通話料金が同じで、随時通算の通話時間も確認できたので、発信で何円使った、着信では何円使ったと考える必要はありませんでした。使いすぎないように気をつけられるのがいいですね。

グローバルモバイル

レンタル・通話料金

1,500円の初回手続料金と150円/日のレンタル料、80円/分の現地の発着信料、日本を含む国外への発信料で利用することが出来ます。

おすすめポイント

発生したレンタル料金分は通話が無料になるので、現地である程度利用すれば実質レンタル料金は無料になります。また、返却時の端末の発送にも3日間の猶予があるので、忙しい方も余裕をもって返却できます。(帰国後4日目以降は延滞料金が発生します)

口コミ

台湾内での通話が安めで安心(男性/30代)
仕事の都合で台湾に出張に行く際にレンタル携帯を借りました。現地でも気兼ねなく電話するために、台湾内での通話が安いレンタル携帯プランを探していました。前回は別のところで借り、国内の通話料が高めのプランだったので、長電話や頻繁な電話に内心はひやひやしていました。発着信とも80円と格安だったので仕事のこともそうじゃないことも気兼ねなく話ができました(笑)

テレコムスクエア

レンタル・通話料金

本体レンタル価格は648円/日、発信料(日本への発信含む)が240円/分、着信料が180円/分となります。本体レンタル価格は0円で利用できるキャンペーンが開催されている場合もありますので、申し込みの際は公式サイトで確認してみましょう。

おすすめポイント

発信料・着信料が秒単位の課金となるため、使った分だけの支払いで済みます。また、破損や盗難などが起きた場合の任意保障が充実しており、24時間体制のサポートデスクもあります。
新千歳・成田・羽田・中部国際・関西国際・高松・福岡の各空港で受け取ることができ、当日貸出も行っているので急な渡航でもスマートに利用できるでしょう。法人向けのサービスとなります。

口コミ

トイレに落としてしまいました!(女性/20代)
レンタル携帯をパンツのポケットに入れていて、うっかりトイレの中に落としてしまいました。水没させちゃったため、一度ホテルに戻ってドライヤーで乾かしましたが、もう画面表示がおかしくなっていてもとに戻りませんでした。でもホテルの電話からサポートセンターに連絡して相談すると、代替機を送ってくれるとのこと。24時間体制でサポートしてくれているので、対応も迅速でした。安心補償プラスに入っていて弁償費用や代替機の送料も無料で、本当に助かりました。

モベル

レンタル・通話料金

本体レンタル価格は675円/日です。すべての着信と中国および同じモベルのレンタル携帯(アジア携帯)への発信の際には100円/分、日本を含む台湾・中国以外の国への発信には200円/分が発生します。

おすすめポイント

端末の受け取りや返却はいずれも宅配便を利用しますが、送料が無料なので北海道・沖縄や離島からの発送でも安心です。また、あんしん補償に、盗難・紛失後の不正利用の補償(最高50,000円)が含まれていることも魅力です。
長期、あるいは頻繁な利用には、同社のワールド携帯サービス(基本料0円/日)もおすすめです。

口コミ

龍山寺で出会い祈願(女性/30代)
友達と一緒に龍山寺まで参拝してきました。すでに彼氏のいる友達2人は買い物に、フリーの友達と私が参拝に行き、レンタル携帯で連絡を取りあって合流。人が多かったけれど、安定して通話できていました。
その後は、またいろいろ買い物をして回りましたが、友だちの1人がいつの間にか携帯をなくしてしまいました。不正利用の補償があることを思い出してすぐにお客様サポートまで連絡したので、支払いはそこまでに使った分の通話料だけで済みました。ほんとにあんしん補償に入っておいて良かったです。

JAL ABC

レンタル・通話料金

本体レンタル価格が250円/日、発信料(日本への発信含む)・着信料ともに210円/分の料金が発生します。

おすすめポイント

レンタル料と通話料のみというシンプルでわかりやすい料金体系が魅力です。マイルが貯まるお得感や大手の安心感はJALならでは。また、渡航期間が延びた場合でも事前に連絡すると、別途でかかる料金は発生せず、通常のレンタル料金だけで利用を継続することが出来ます。

口コミ

マイルが貯まります!(男性/40代)
レンタル料も通話料もそれほど高くはないので貯まるマイルも少しですが、飛行機だけじゃなくてレンタル携帯でもマイルが貯まるのはうれしいですね。仕事だとどうしても帰国日が延びてしまうことがあるのですが、JAL ABCさんは事前の電話一本でレンタル期間を延長できるので、いつも重宝しています。

まとめ

台湾は、無料Wi-Fiスポットが多く、データだけの利用であれば登録制の無料Wi-Fiスポットサービスや飲食店のWi-Fi、ホテルのWi-Fiなどを利用することで、日本で使っているスマホだけでも連絡を取り合うことができます。ただ、旅にはトラブルが付き物です。盗難や紛失という可能性を考えた場合、持ち歩くのはレンタル携帯の方が安心です。盗難に遭った場合、自分の携帯電話ではなければ個人情報の流失を避けることができるというメリットもあります。各社、補償オプションがあり、わずかな掛け金をかけておけば、万が一のトラブルに見舞われても費用負担は最小限に抑えられるでしょう。

海外で使える携帯電話レンタル比較はこちら