オーストラリア携帯レンタル比較|海外で使える!Wi-Fiレンタル比較サイト

海外で必須!wifi・レンタル携帯比較【オーストラリア】

温暖な気候で、日本からの語学留学生も多いオーストラリア。多くの移民の暮らす国でもありますが、オーストラリアも他の国と同様、現地以外の携帯電話をそのまま利用すると高額な通信費が発生しかねません。では、オーストラリアで安心して携帯電話を利用するためにはどういった手段を取ればいいのでしょうか

オーストラリアで日本と同じように携帯を使うとどうなるの?

オーストラリアで携帯電話(ガラケー)やスマートフォンを使う場合、事前に手持ちの機種の現地の回線に対応しているかどうかの確認が必要になります。また、対応している機種でも海外ローミングを現地でそのまま利用すると無駄な中継が増えることで通信料金が高くなり、高額な通信料を請求されることがあるので、出発前に携帯キャリアを利用した海外プランを契約しておくことをおすすめします。
端末がオーストラリアに対応できていない場合は電話が繋がらない、あるいは現地のSIMカードに対応できず認識しないといった可能性も考えられます。手持ちの端末を壊してしまうリスクや予定外の高額請求リスクを避けるなら、レンタル携帯やレンタルWi-Fi、SIMロックフリー端末の利用を検討しましょう。

オーストラリアで携帯を使うならどうしたらいいの?

いちばんのおすすめは日本のレンタル携帯やレンタルWi-Fiです。現地でオーストラリアの通信会社のSIMカードを調達する方法もありますが、SIMロックフリーのスマートフォンやルーターが必要になりますし、それほど難しくはありませんが現地での利用手続きも必要になります。とくに短期間の観光旅行や出張なら携帯電話やWi-Fiのレンタルサービスがお手軽です。以下では、日本で手続きできる日本のレンタル携帯サービスを紹介します。

会社別で携帯のレンタル料金とおすすめポイントを見てみよう!

グローバルセルラー

レンタル・通話料金

本体レンタル価格が100円/日、発信料(日本への発信含む)と着信料が各320円/分となります。

おすすめポイント

1日あたりわずか100円というレンタル料はやはり魅力です。料金体系が分かりやすいこと、そしてインターネットからのシンプルな申込やタイマー精算による帰国後のスピーディな精算、24時間365日体制のサポートなど、スムーズに利用できる仕組みが魅力です。

口コミ

パースのスワン・バレー・ワイナリーで観光(男性/30代)
たくさんのワイナリーがあることで有名なスワン・バレーまで観光してきました。レンタル携帯の利用は初めてで、複雑なルールや料金だとよくわからなかったので、インターネット上で簡単に手続きができ、受け取り方法や料金のわかりやすいレンタル携帯を選びました。発着信料金は少々高いものの、それほど現地で頻繁に電話したわけではありませんでしたし、利用方法がわかりやすく、返却も空港でのタイマー清算でさっと支払いが済ませられるというメリットの方が私にとっては大きかったです。かなり便利でした。

グローバルモバイル

レンタル・通話料金

1,500円の初回手続料金と150円/日のレンタル料、80円/分の現地の発着信料、150円/分の日本との通話料、200円/分のアメリカと日本を除く各国との通話料で利用することが出来ます。現地での着信料金は0円です。

おすすめポイント

発生したレンタル料金分は通話が無料になるので、現地である程度利用すれば実質レンタル料金は無料になります。また、返却時の端末の発送にも3日間の猶予があるので、忙しい方も余裕をもって返却できます。(帰国後4日目以降は延滞料金が発生します)

口コミ

メルボルンにF1観戦旅行(男性/20代)
以前、オーストラリア留学していたときに知り合った友だちとF1のレースを見るために、3日ほど旅行してきました。オーストラリアの物価は結構高いので、無駄な出費はできるだけ抑えたいなと思って着信料金が0円のグローバルモバイルにしました。レンタル携帯を使って、無事現地で友だちと合流できました。当時の思い出やお互いの近況についてたくさん話せて良いリフレッシュができました。

テレコムスクエア

レンタル・通話料金

本体レンタル価格は648円/日、発信料(日本への発信含む)は300円/分、着信料は246円/分となります。本体レンタル価格は0円で利用できるキャンペーンが開催されている場合もありますので、申し込みの際は公式サイトで確認してみましょう。

おすすめポイント

発信料・着信料が秒単位の課金となるため、使った分だけの支払いで済みます。また、破損や盗難などが起きた場合の任意保障が充実しており、24時間体制のサポートデスクもあります。
新千歳・成田・羽田・中部国際・関西国際・高松・福岡の各空港で受け取ることができ、当日貸出も行っているので急な渡航でもスマートに利用できるでしょう。法人向けのサービスとなります。

口コミ

24時間サポートで安心(女性/20代)
私は普段から物を落としたり、失くしたりすることが多いタイプです。観光中にレンタル携帯も失くしてしまうかもしれないと思ったので、安心補償プラスに加入しておきました。今回は注意していたので、失くしたり、落としたりすることはなかったのですが、補償や24時間サポートがあるのとないのとでは安心度が全然違いました。オーストラリアは大きな時差はないけれど、夜にレンタル携帯を落としてしまったら翌朝まで打つ手がない状態はかなり恐ろしいので24時間対応は助かります。

モベル

レンタル・通話料金

ワールド携帯のレンタルサービスを利用することになります。本体レンタル価格は675円/日。すべての着信が210円/分、オーストラリア国内への発信が180円/分、日本への発信は380円/分、同じワールド携帯への発信は390円/分、そしてオーストラリアや日本以外の国との国際通話は520円/分となります。

おすすめポイント

端末の受け取りや返却はいずれも宅配便を利用しますが、送料が無料なので北海道・沖縄や離島からの発送でも安心です。また、あんしん補償に、盗難・紛失後の不正利用の補償(最高50,000円)が含まれていることも魅力です。
長期、あるいは頻繁な利用には、同社のワールド携帯サービス(基本料0円/日)もおすすめです。

口コミ

アデレードへの旅行に持って行きました(男性/30代)
グレネルグでサーフィン講習を受け、夕方はヘンリーで食事をして海を満喫していました。その後、ホテルに帰るとレンタル携帯がみつかりませんでした。着替えのときに落としたのか、ヘンリーのレストランに置いてきたのか……。すぐに紛失した旨を連絡して、回線の停止をお願いしました。帰国時に利用料金を確認したら結構不正使用されていましたが、不正利用の分は補償でカバーできたので高額な支払い請求はされませんでした。補償がなかったらと思うとゾッとします。

JAL ABC

レンタル・通話料金

本体レンタル価格が250円/日、発信料(日本への発信含む)・着信料ともに260円/分の料金が発生します。

おすすめポイント

レンタル料と通話料のみというシンプルでわかりやすい料金体系が魅力です。マイルが貯まるお得感や大手の安心感はJALならでは。また、渡航期間が延びた場合でも事前に連絡すると、別途でかかる料金は発生せず、通常のレンタル料金だけで利用を継続することが出来ます。

口コミ

有休を利用して1週間のホームステイ(女性/30代)
オーストラリア、シドニーにて1週間のホームステイをしました。有休消化で1週間の休みができたので、以前から憧れていたホームステイを体験!現地での連絡手段として、レンタル携帯を借りました。JALなので、マイルが貯まるのも嬉しいポイントです。食生活や物価、習慣など色々な違いに触れることができ、とても有意義な1週間だったと思います。

G-Call

レンタル・通話料金

250円/日のレンタル料と50円/分の国内発信料、100円/分の日本への発信料さらにミニマム通話料3,000円が必要です。ミニマム通話料は、そのまま現地での通話料に充てることができ、これを越えた料金が加算されていく仕組みです。また通話料金が発生するのは発信のみで、着信によって発生する料金は0円です。

おすすめポイント

国内の発信料金50円/分、日本への発信料金100円/分、着信料金ナシと、非常に料金体系がわかりやすくかつリーズナブルです。国内通話なら60分、日本への通話なら30分にあたるミニマム通話料が必要ですが、これを超えるくらいに利用するなら決して高くはないでしょう。

口コミ

緊急連絡手段は重要(男性/40代)
レンタカーで走っていたところ、飛び出してきたカンガルーに気づくのが遅れて、衝突事故を起こしました。レンタル携帯で現地のレンタカー会社と警察に連絡。念のためにと借りていたレンタル携帯が役に立ちました。電話は、旅の間のトラブル、事故などに備える意味でも持っていると安心です。現地警察との意思疎通が難しく、事故の状況説明のために長時間通話してしまいましたが、60分のミニマム通話料でまかなえたので、かなり助かりました。

まとめ

公共の場での禁酒令に、バスレーン走行による罰金など日本ではなじみのない法律もあるオーストラリア。トラブルに備えるなら、やはりすぐその場で連絡を取ることができるツールは欠かせません。現地に対応したレンタル携帯があれば、予期せぬトラブルにもその場で素早く対処することができます。それ以外にも、ホテルやレストランの空室・空席の確認や予約をする際など、電話は何かと便利です。無料Wi-Fiでも利用できるデータ通信アプリやSNSも便利ですが、レストランやホテルなどへの連絡には多くの場合電話が必要ですし、オーストラリアはWi-Fi環境が充実しているとは言い難いのでそういった意味でも電話が安心です。自分の使いやすいプラン・会社を探してみましょう。

海外携帯レンタル 詳細・ご予約
海外携帯レンタル 詳細・ご予約
  • イモトのWiFi
  • テレコムスクエア
  • JAL ABC
  • グローバルwifi
  • エクスモバイル