台湾旅行にWiFiは必要?レンタル前に確認しよう!

台湾旅行にWiFiは必要?レンタル前に確認しよう!

沖縄から非常に近い位置にある台湾。台北への格安航空も多く、東京から4時間程度のフライトで行くことが可能です。日本からの旅行者が徐々に増えてきている台湾のWi-Fi事情について詳しく知ってみましょう。

台湾は無料Wi-Fi天国

台湾は多くの場所に無料Wi-Fiスポットがあります。空港やカフェなどの施設だけでなく、街中の無料Wi-Fiスポットも充実しています。夜市でも無料Wi-Fiが拾えます。いずれもかんたんな登録だけで渡航者でも利用できます。
ただし、無料の公衆Wi-Fiサービスなので、利用者が多いときは回線の混雑が起きます。常に快適に利用したいなら、自分専用の回線で使えるレンタルWi-Fiを持っておく方が良いでしょう。

公共施設で使える無料Wi-Fi

格安航空会社による日本からの直行便の就航が多い台北の桃園、松山などの空港では空港の無料Wi-FiサービスAirportFreeWi-Fiが利用できます。さらにMRT(地下鉄)の駅や、病院、主要幹線道路や行政センターなどの施設やセブンイレブンでも、無料Wi-Fiスポットサービスが利用可能です。ただし、携帯の電波とは違って、無料Wi-Fiスポットから出ると接続が切断され、接続先の切り替え設定や再ログインが必要なこともあるので、できるだけその場にとどまって利用するようにしましょう。

日本からも登録可能!台湾の無料Wi-Fiスポットサービス

台湾では、Taipei-Freeとi-Taiwanという2つの大規模な無料Wi-Fiサービスが提供されています。Taipei-Freeは台北市が、i-Taiwanは台湾観光局と行政考核委員会が提供する公共のサービスです。この両サービスは相互利用が可能となっており、どちらかに登録しておくと両方のホットスポットが自由に使えます。新北市や台中市、台南市の提供する無料Wi-Fiも同様に相互利用が可能ですし、さらには馬祖、金門島などの離島の図書館や公共施設でも無料Wi-Fiが接続できるようになります。。両サービスともインターネットで登録を済ませることができるので、出国前に登録しておくと便利ですよ。あああああ

通信で困ったらココ!無料Wi-Fiスポットの紹介

※文中の日本円価格表記は、1元(台湾ドル)=3.6455円(2017年2月6日現在のレート)で換算しています。

Mr.Brown Coffee(伯朗珈琲館)

台湾で有名なコーヒーショップといえば、ひげのおじさんがイメージキャラクターになっているMr.Brown Coffee(伯朗珈琲館)。Mr.Brown Coffeeブランドの缶コーヒーやインスタントコーヒーが販売されているくらい有名なお店です。台湾発のカフェで、台北・新北・桃園・台中・宜蘭に店舗があり、上海にも進出しています。価格はコーヒー(アメリカ―ノ)が90元(日本円:約328.10円)~100元(約364.55円)です。落ち着いたコーヒーカラーで統一された店内は喫煙席があり、男性客が多く利用しています。人気のアラビカ豆を使ったコーヒーは、ちょっと甘め。味が気に入ったときはお土産に買って帰るのも良いでしょう。

La Barque books cafe(季帆咖啡)

ノマドワーカーや語学留学中の学生にもオススメなのが、台湾の高雄にあるLa Barque books cafe。ちょっとした図書館や書店のように大きな本棚の並ぶ、オシャレなカフェです。本棚にたくさん並べられた本の中には、日本語の本もかなり多くあり、マスターも日本語が話せます。語学交流のイベントもしているので、留学や語学学習での勉強場所にもぴったり。メニューはお茶1杯105元(約382.78円)、ケーキが60元(約218.73円)とリーズナブルで、トーストやワッフルなどの軽食やデザートが豊富です。無料Wi-Fiだけでなく電源も利用可能ですし、マスターとのおしゃべりも楽しめますよ。

Pica Pica Cafe(喜鵲咖啡)

台湾大学の近くにあって、学生も多く利用している喜鵲咖啡 Pica Pica Cafe。試験などの時期には多くの学生が勉強をしています。無線Wi-Fiと電源完備で座敷席もあって、しかも利用時間に制限がないので、パソコン作業や勉強に没頭できるお店です。本や日本の雑誌が用意されていますので、スマホやタブレットの充電中に読むことも可能です。
そして、このPica Pica Cafeのもう1つのウリがパンやサンドイッチ。手作りのパンや特製スイーツにこだわっていて、学生の利用が多いためか価格も安めに設定されています。人気のキャラメルシナモンロールは80元(約291.64円)、コーヒーは100元(約364.55円)~130元(約473.92円)程度。美味しいパンや特製スイーツを堪能しながら、勉強や仕事ができますよ。

ZONE cafe

ZONE cafeは、高雄にあるイタリアンカフェです。パスタメニューの他、サラダやスープなどの軽食メニューもあります。セットではサブメニューが豊富なので、組み合わせを考えて利用でき、サラダやパン・スープなどを一緒に頼むことができます。価格は、コーヒー50元(約182.28円)~110元(約401.01円)、パスタが180元(約656.19円)~290元(約1,057.20円)程度。電源と無料Wi-Fi完備で利用時間は無制限です。手頃なメニューで出費を安く抑えながら、Wi-Fiや充電が可能ですよ。外装は男性が好みそうなシンプルでクールな雰囲気ですが、店内は木製のインテリアを基調にアートも飾られており、女性にとっても過ごしやすい落ち着いた雰囲気になっています。

スターバックス コーヒー

日本でもおなじみのスターバックスコーヒー。日本と変わらずWi-Fiの利用が可能ですが、メニューは日本のお店と異なります。ご当地限定メニューとして、スタバ独自の炭酸飲料Fizzio(フィジオ)や、アジアンティ(東方美人・阿里山烏龍茶)などを楽しむことができます。アジアンティの価格は東方美人が160元(約583.28円)・阿里山烏龍茶180元(約656.19円)となっています。また、台湾のスターバックスでは日本でも「可愛い!」と人気の高い限定タンブラーやカップも販売されています。これら限定のタンブラーやカップをお土産にしたいなら、台北デザインだけでなく台中や台南デザインも扱っている桃園国際空港・松山国際空港内のスターバックスがオススメです。

HUG Cafe(喝個咖啡吧)

台湾の新北市にあるカツカレーの美味しいお店、HUG Cafe。カウンターには日本でも人気のアニメグッズがディスプレイされていて、店内に入るとちょっとした親近感が湧くかもしれません。看板の上に立つシロクマや色鉛筆カラーの柔らかいタッチのメニューなど、ほっこりした雰囲気のあるお店です。コーヒーが100元(約364.55円)~140元(約510.37円)の他、おすすめはカツカレー250元(約911.38円)。カツカレーは注文が入ってからカツを揚げるので、サクサク熱々の揚げたてを食べることができます。120元(約437.46円)以上の注文で無料Wi-Fiの利用が可能なので、待ち時間はスマホやタブレットでネットサーフィンをしているのも良いでしょう。

海外旅行者用プリペイドSIMカード~台湾編~

※文中の日本円価格表記は、1元(台湾ドル)=3.6455円(2017年2月6日現在のレート)で換算しています。

無料Wi-Fiスポットの多い台湾ですが、走行中のMRT(地下鉄)の車内などでは接続が切れます。長期利用予定で常に接続するならプリペイドSIMも検討してみましょう。台湾は無料Wi-Fiの普及の進み方からもわかるように、インターネット環境が整備され、4G-LTEの回線も非常に広い範囲で利用することができます。台湾で旅行者が利用できる4G-LTE対応SIMの契約プランや価格について調べてみました。
なお、SIMカードの利用には、SIMロックのかかっていないスマートフォンやタブレット、Wi-Fiルーターが必要です。

台湾大哥大(Taiwan Mobile)

台湾の大手通信会社の一つが、台湾大哥大(Taiwan Mobile)です。日本からの旅行者がよく利用する松山国際空港・桃園国際空港に専用カウンターがあります。台湾大哥大(Taiwan Mobile)は4G-LTEを広い範囲で利用できるので、台北以外にも足を延ばす旅行者に向いています。同社の4G-LTE対応SIMカードは、3日・5日で300元(約1,093.65円)、5日・7日・10日で500元(約1,822.75円)、7日で700元(約2,551.85円)、10日で800元(約2,916.4円)、15日で1,000元(約3,645.5円)の価格で販売されています。
同じ契約期間で価格が異なっていたり、異なる契約期間で同じ価格だったりするのは、含まれる音声通話料金が異なるためです。同じ契約期間で価格が異なる場合、契約期間が長い方が含まれる音声通話料金は少なくなります。

中華電信(Chunghwa Telecom)

中華電信(Chunghwa Telecom)は台湾最大手の通信会社です。4G-LTEにはエリアの穴があり接続できない場所も所々ありますが、台北市内では台湾大哥大(Taiwan Mobile)よりも快適に利用可能です。とくに30日間の利用においては台湾大哥大(Taiwan Mobile)の15日プランと同額となっており、かなり安く利用できます。
各プランの価格は3日・5日で300元(約1,093.65円)、5日・7日・10日で500元(約1,822.75円)、15日で700元(約2,551.85円)または800元(約2,916.4円)、30日で1,000元(約3,645.5円)となっています。
台湾大哥大同様に含まれる無料通話料金に違いがあるため、同じ契約期間に複数のプランがあります。旅行や出張の予定や想定される使い方に合ったプランを選ぶようにしましょう。

レンタルWi-Fiのメリット・デメリット

前述のとおり、台湾では2つの大規模な無料Wi-Fiスポットサービスがあり、カフェやホテル、観光地でも無料Wi-Fi利用ができる場所が多くあります。これらの無料Wi-Fiスポットだけを利用した場合とレンタルWi-Fiを利用した場合を比べたときのメリットとデメリットから、台湾での旅行にレンタルWi-Fiは必要になるのかを考察してみましょう。

メリット

・自分専用の回線なので回線が混雑することなく快適に接続可能
・無料Wi-Fiスポットのエリアに縛られることなく、基本的にどこでも接続が途切れずに使える
・複数の接続先の登録やこまめな切り替え(繰り返しのログイン)が不要
・セキュリティがしっかりしているのでビジネス利用でも安心
・接続手順や使い方がわからなくても日本語での電話サポートが受けられる

デメリット

・レンタル費用や受取・返却の手間がかかる
・受取・宅配・返却などに手数料・送料が別途発生することがある
・利用日数でレンタル費用が決まるので使っていない間も料金が発生する
・スマホやタブレットだけでなく、レンタルWi-Fiの充電やバッテリー残量にも注意が必要
・常に持ち歩く必要があるため、荷物が少し増える

まとめ

台湾の無料Wi-Fiスポットサービスと比較した場合、レンタルWi-Fiには費用や手数料がかかります。しかし、レンタルWi-Fiにはネットワークにおけるセキュリティの安全性の高さや常時接続状態を保つことができるといったメリットもあります。無料Wi-FiとレンタルWi-Fiを必要に応じて使い分けるのが、もっとも理想的ではないでしょうか。乗り物での移動中や郊外でだけレンタルWi-Fiを使うなど、レンタルWi-Fiを使うタイミングを限定すれば、レンタルWi-Fiのバッテリーが早くに切れてしまうこともないはずです。

その他のWi-Fi利用方法とレンタルWi-Fi利用の比較

海外ローミング

自分の携帯電話をほぼそのまま、日本にいるときと同じように使えるサービスですが、一方で1,980円~2,980円/日(パケホーダイなどの定額プラン費用)とレンタルWi-Fiよりもかなりコストが高くなります。しかも1,980円で利用できるのはわずか24.4MB/日まで(au、docomoの場合。Softbankは25MB/日まで)。動画の視聴やテレビ電話の利用はまず難しいでしょう。4G-LTEでも1,300円/日ほどで250MBや500MBまで利用できるレンタルWi-Fiとはかなり大きな差があります。

現地SIMカード

現地空港などで購入が可能で、対応するSIMロックフリーのスマホやタブレット端末があればかなり安くインターネットや電話の利用ができます。ただしショップによっては日本語での対応が難しい場合や、対応するSIMロックフリー端末に制限があるケースもあります。現地で端末を購入したり、ネットの利用をあきらめたりするリスクも考慮する必要があります。

まとめ

SIMロックフリー端末を持っていない、あるいは用意できない場合や、セキュリティに不安がある場合には、日本のレンタルWi-Fiの利用がオススメです。大容量プランなどを利用すれば、データの残量にハラハラしながら使う必要もありません。また現地でも電話で日本語サポートが受けられるので、困ったときにも安心ですよ。