中国wifi事情|海外で使える!Wi-Fiレンタル比較サイト

レンタル前に確認!海外のwifi事情【中国】

大きな発展を遂げ続ける巨大市場、中国。ビジネスはもちろん、その広大な土地で育まれた食などの文化、語学を学ぶ留学や、観光旅行など、日本からもたくさんの人が訪れます。金盾政策などのネット規制に関する話題でも注目される中国のWi-Fi事情を見てみましょう。

ネット規制の影響は?中国の無料Wi-Fiスポット

中国は2Gの回線を利用していた期間が長く、現在でも農村などでは2G回線での通信が利用されていますが、現在は都市部を中心に3G、4G-LTEが広がっているため、主要都市や主要観光地周辺では高速回線を利用できるエリアが多くあります。無料Wi-Fiスポットについても比較的多くの飲食店でWi-Fiが利用できるようになっています。しかし、中国国内の通信は金盾政策によるネット規制が行なわれています。そのため、無料Wi-Fiでは日本のブログサイトやSNS、YouTubeなどのサイトを利用できません。同様にLINEでも通信ができないため、利用するにはVPNサービスを利用する必要があります。無料・有料のVPNサービス会社があるので、自分の用途に合わせて契約することになります。レンタルWi-Fiでは多くの場合オプションとしてVPNサービスを付けられます。

公共施設で使える無料Wi-Fi

上海虹橋国際空港、北京首都国際空港などで専用機械やカウンターにて、接続先のIDとパスワードを取得すれば無料Wi-Fiを利用できます。一部空港では中国の電話番号がないと利用できない場所もあるので、カウンターや専用機械で利用できるか確認してみると良いでしょう。もちろん、観光地やコンビニ、ファーストフード店などの飲食店、ホテル、地下鉄など街中でも接続操作を行なって無料Wi-Fiを利用することもできます。

通信で困ったらココ!無料Wi-Fiスポットの紹介

※文中の日本円価格表記は、1元=16.45円(2017年2月13日現在のレート)で換算しています。

COSTA COFFEE

COSTA COFFEEはイギリスのコーヒーチェーン店です。価格は一般的で、スターバックスと比べるとお得な価格でコーヒーを飲むことができます。他のカフェよりも大きめのカップやグラスに、なみなみと注がれたコーヒーなどのドリンクが印象的です。価格や量を重視してコーヒーショップを探すならCOSTA COFFEEがオススメですよ。価格はスモールサイズで28元(日本円:約460.6円)。スターバックスの小さなサイズのコーヒーラテよりは少し高いですが、量が多いのでお得です。朝食を食べながら、その日のスケジュールや行先のマップ・情報などを無料Wi-Fiでチェックすることもできますよ。

Jamaica Blue

こだわりのコーヒーと新鮮な食材で作るシンプルな料理が人気のカフェ、Jamaica Blue。北京や蘇州などに店舗を構えているチェーン店です。価格としては、エスプレッソが15元(約246.75円)、カプチーノやカフェラテがそれぞれ25元(約411.25円),26元(約428円)から購入できます。35元(約575.75円)のサンドイッチや、50元(約822.5円)のハンバーガーなど、ランチや軽食にも使えますし、マフィンやキッシュといった持ち帰りメニューも豊富なので、ホテルなどに持ち帰るのも良いでしょう。無料Wi-Fiでスマホやタブレットなどを利用しながらエスプレッソとケーキで休憩をするのもオススメです。蘇州のJamaica Blueではビリヤードでも遊べますよ。

“CHA”Cafe Kai Xin Guo

“CHA”Cafe Kai Xin Guoは、茶芸師と評茶師の資格を持っている日本人オーナーの経営するカフェです。もちろん、日本語も通じますし、種類豊富な中国茶を楽しみたい人にもオススメです。無料Wi-Fiとおいしいお茶で、つい長居してしまうような居心地の良い空間が魅力的です。中国茶だけでなく、創作スイーツやヘルシーな豆腐ハンバーグなど、オシャレなランチを楽しむことができますよ。価格は豆腐ハンバーグランチが45元(約740.25円)、さんまのひつまぶしは48元(約789.6円)、持ち帰りにオススメなジャスミンクッキーは10元(約164.5円)です。おしゃれなランチや人気のスイーツ3点セットが18元(約296.1円)で食べられるお昼の利用がおすすめです。

マクドナルド

どこでも安価な値段で食事ができ、無料Wi-Fiが使えるマクドナルド。中国でも無料Wi-Fiを利用することができますが、中国国内の電話番号が必要になる店舗もあります。購入したレシートのID・パスワードを入力して利用することができますが、時間制限もあるので注意しましょう。価格はコーヒーが6.50元(約106.93円)、ビッグマックのセットが22元(約361.9円)と日本よりもずっと安く購入することができます。ピリ辛チキンバーガーや牛肉麦趣飯など日本で見慣れないメニューや、中国マクドナルドでしか見られないオリジナルキャラクターのマスコットのついたセットもあります。安く食事代を抑えつつ、屋台などと比べると安全に中国の味を知ることができますよ。

スターバックス コーヒー

高いからこそ買うという面子主義を利用した戦略で、高級店として中国の富裕層をターゲットに成功している中国スターバックスコーヒー。そのコーヒー価格は世界で一番高いともいわれています。日本で320円のコーヒーラテは中国では27元(日本円:約444.15円)もします。
中国のスターバックスでは、毎年秋頃、表面にはスターバックスロゴの加工が施された中国限定メニューの月餅を購入することができます。ボックス販売もしていますが、6個で328元(約5,395.6円)とかなりのお値段です。味はチーズクランベリーや抹茶玄米など何種類かあり、和菓子感覚で食べられるものがありますので、ご年配にも受け入れられやすいお土産になるでしょう。

Dunkin’Donuts

日本からは撤退しているものの、中国には店舗があるDunkin’Donuts。価格は中国にある外食系にしては安く、日本の相場とそう変わらない価格でドーナツを食べることができます。ドーナツ1個が6元~7元(約98.7円~約115.15円)程度で、コーヒーや紅茶は一杯12元(約197.4円)から購入できます。ベーグルやサンドイッチなどの軽食メニューのセットもあるので軽くランチにしたいときにもオススメですよ。比較的安値で利用できるので、コーヒーブレイクなどをしながら無料Wi-Fiを使うのも良いでしょう。Wi-Fiはレシートのパスワードを入力して接続できます。またDunkin’Donutsは、他のドーナツショップに比べてローカル化していないので海外からの旅行客が比較的安心して利用できますよ。

海外旅行者用プリペイドSIMカード~中国編~

※文中の日本円価格表記は、HK$1=14.59円(2017年2月13日現在のレート)で換算しています。

中国には、中国移動通信・中国聯合通信・中国電信という大きな通信会社が3社ありますが、こちらではそのうちの2社の、金盾政策の影響を受けないSIMカードを紹介します。いずれも大手通信会社の香港の系列会社が販売する、香港と中国本土を含むエリアが対象のSIMカードになります。香港だけではなく日本国内でも購入可能なものばかりですので、事前に国内で設定まで終わらせておくことも可能です。
なお、SIMカードの利用には、SIMロックのかかっていないスマートフォンやタブレット、Wi-Fiルーターが必要です。

中国移動通信(チャイナ・モバイル)

中国移動通信は中国最大手・世界最大手の通信会社で、2Gによる通信を含む幅広いエリアの通信をカバーしています。しかし、同社は3G通信に同社独自の方式を採用しているため、日本で用意できる多くのスマートフォンは対応していなかったり、通信速度が落ちたりします。実際に利用する場合は、現地でスマートフォンやWi-Fiルーターを調達する必要があるでしょう。
もしiPhone6や6Plus、あるいはnexus6Pをお持ちなら、これらの端末と中国移動香港の10日間・1.5GBのSIMカード(価格:HK$148 (約2,159.32円))を組み合わせることで、金盾政策の影響を受けることなくインターネットを利用することができます。
最大手の中国移動通信がカバーする広いエリアを利用したい方におすすめです。

中国聯合通信(チャイナ・ユニコム)

中国聯合通信は中国の大手通信会社です。こちらも、同社の系列会社・中国聯合通信香港の金盾政策の影響を受けないSIMカードをご紹介します。
同社は、データ通信のみのタイプと通話もできるタイプの2種類のSIMカードを販売しています。
前者には、中国本土と香港に対応した7日間・2GBのSIMカード(HK$150 (約2,188.5円))や、中国と香港に加え、マカオや台湾にも対応した30日間・1GBのSIMカード(HK$199 (約2,903.41円))があります。電話ではなく、LINEやテキストメッセージで連絡を取る場合は、こちらでも問題ないでしょう。
後者は、「跨境王」という商品名で販売されており、香港の電話番号を取得することができます。価格はHK$138 (約2,013.42円)です。こちらは使い切りではなく、あとから料金をリチャージして長期間使い続けることができるので頻繁に中国に渡航する人や長期滞在する人にとくにおすすめです。

レンタルWi-Fiのメリット・デメリット

日本と比較するとカフェや飲食店などの多くで無料Wi-Fiが使える中国。時間制限や場所によっては中国の電話番号が必要などの制限があるものの、利用できる無料Wi-Fiは数多くあります。そんな中国での滞在中にレンタルWi-Fiは必要になるのか、レンタルWi-Fiのメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

・自分専用の回線なので回線が混雑することなく快適に接続可能
・無料Wi-Fiスポットのエリアに縛られることなく、基本的にどこでも接続が途切れずに使える
・複数の接続先の登録やこまめな切り替え(繰り返しのログイン)が不要
・セキュリティがしっかりしているのでビジネス利用でも安心
・接続手順や使い方がわからなくても日本語での電話サポートが受けられる
・VPN(金盾政策の影響を受けない)オプションを付けられる(別途VPNの用意が不要)

デメリット

・レンタル費用や受取・返却の手間がかかる
・受取・宅配・返却などに手数料・送料が別途発生することがある
・利用日数でレンタル費用が決まるので使っていない間も料金が発生する
・スマホやタブレットだけでなく、レンタルWi-Fiの充電やバッテリー残量にも注意が必要
・常に持ち歩く必要があるため、荷物が少し増える

まとめ

中国は領土が広く、ネットのインフラ格差がある場所も多くあります。都心部や主要観光地周辺の飲食店などでは無料Wi-Fiで快適に利用できる場合もありますが、常に繋がる安心を考えるのならレンタルWi-Fiを使うのがオススメです。VPN機能付きのレンタルWi-Fiであれば、日本にいるときと同じように日本のWebサイトが利用できるでしょう。

その他のWi-Fi利用方法とレンタルWi-Fi利用の比較

海外ローミング

自分の携帯電話を日本と同じ感覚で使うことができ、申込不要なプランであればレンタルWi-Fiのような契約や受取・返却の手間もかかりませんが、費用が割高になるというデメリットがあります。各社ともプランとしては1,980円/日でも利用可能ということになってはいますが、わずか25MBほどの利用で2,980円/日になってしまいます。とくにデータを多く利用する人は注意が必要です。

現地SIMカード

SIMフリーのスマートフォンやWi-Fiルーターを用意できれば、レンタルWi-Fiと同じくらい、もしくはより安い価格で安定したネット環境を確保できます。現地の人と同じようにインターネットやメールができるようになるので、とくに長期滞在する人や頻繁に渡航する人にはおすすめです。ただし、普段日本でスマートフォンやインターネットを利用するうえでは不要なSIMカードについての知識が必要になりますし、SIMフリーの端末を用意する手間や費用がかかったり、現地での手続きが必要になったりもするので、そういった情報や現地の言葉に自信のない人にはあまりおすすめできません。

まとめ

レンタルWi-Fiは、無料Wi-Fiと比較して接続切り替えや、混雑や移動での接続が途切れたり時間制限がかかったりすることがなく利用できます。また現地SIMカードと比べた場合は、現地の言葉や文字に難儀することがなく端末を自分で用意する手間を省くことができます。海外ローミングよりは安価に利用できるので、お手頃価格で安心確実なインターネット接続を考えるのならレンタルWi-Fiがオススメです。中国から日本のアプリやサイトを見る場合にはVPN機能やサービスのついたレンタルWi-Fiがオススメですよ。

海外携帯レンタル 詳細・ご予約
海外携帯レンタル 詳細・ご予約
  • イモトのWiFi
  • テレコムスクエア
  • グローバルwifi