オーストラリアwifi事情|海外で使える!Wi-Fiレンタル比較サイト

レンタル前に確認!海外のwifi事情【オーストラリア】

コアラやカンガルー、タスマニアデビルなど独特の生態系や、エアーズロック、グレートバリアリーフなどの雄大な自然がすばらしいオーストラリア。広大な土地を持っているため、都市ごとに雰囲気が異なるのも大きな魅力です。楽しい旅の前に、まずはオーストラリアのWi-Fi事情を見てみましょう。

無料で長時間使えるWi-Fiスポットが多いオーストラリア

広大な土地を持つオーストラリアには、シドニーやアデレードなどの無料で長時間利用できるWi-Fiスポットが多くある大都市もあれば、内陸部などなかなか無線Wi-Fiや高速回線が普及していない場所も多くあります。高速回線に慣れた日本人にとっては多少ストレスを感じることがあるかもしれませんが、都市部では無料Wi-Fiスポットでも4G-LTEの高速回線を利用できるところが多くあるので、混雑していない時間なら非常に快適に利用することができるでしょう。観光する場所やネットを利用する時間を考えて、無料Wi-FiやレンタルWi-Fiの活用を考えてみると良いでしょう。

公共施設で使える無料Wi-Fi

オーストラリアでは主要空港や、図書館、グレードが高いホテルなどで無料Wi-Fiが利用できます。またアデレードでは無料Wi-Fi都市化計画が進んでおり、市内各所の至る所でWi-Fi利用ができるようになってきています。カフェや大型ショッピングセンターのフードコート、マクドナルドなどでも無料のWi-Fiが利用可能です。一部飲食店では時間制限があるので、利用する際には早めに時間の制限や接続方法を確認して計画的に使うようにしましょう。また、無料Wi-Fiスポットのみを利用して渡り歩く場合は、その都度、接続先設定の切り替えが必要になります。飲食店の場合は、ランチやディナータイムなどで混雑していると時間制限内でもほとんど使い物にならないくらい回線が遅くなることがあります。飲食店のWi-Fiでインターネットを快適に利用したいなら、人の少ない時間を選ぶようにしましょう。こうした窮屈な利用制限やWi-Fiスポットごとの接続の切り換えが面倒なら、SIMカードやレンタルWi-Fiの利用がオススメです。

通信で困ったらココ!無料Wi-Fiスポットの紹介

※文中の日本円価格表記は、1A$=86.82円(2017年2月13日現在のレート)で換算しています。

ショッピングセンター内フードコート

シドニーには10ヶ所以上の大型ショッピングセンターがあります。無料Wi-Fiに困ったら、近くのショッピングセンターを探して、フードコートを利用するのもオススメです。多人数が接続していても、比較的速度が落ちにくいフードコートのWi-Fiは、地元の買い物客はもちろん、観光客にとっても非常に便利です。とくに、ウエストフィールド・ショッピングセンターのレベル5フードコートには、世界の高級レストランや一流チェーン店が揃っています。オーストラリアの物価なので日本と比較すると少々高いですが、少し贅沢な時間を過ごしてみるのも良いのではないでしょうか。日本の一風堂も出店しているのでラーメンを食べたくなったときにもオススメですよ。

図書館

お金をかけたくない・長時間利用したいという人にぴったりなのが図書館です。シドニーにはかなりの数の図書館があり、その多くが電源と無料Wi-Fiが使い放題というノマドワーカーや留学生にとって非常に嬉しい環境です。スマホやタブレット、ノートPCなどを持ち込んで、充電しながら作業することができます。ニューサウスウェルズ州立図書館やグリーブ図書館などの他、観光客の多いフェリー乗り場に近いカスタムハウスという図書館にもこうした設備が整っています。サリーヒルズ図書館などでは、ワークショップのイベントをしていることも多いので、何かイベントがないかチェックしてみるのも良いでしょう。

マクドナルド

海外で無料Wi-Fiを使える場所として多くの人が思いつくのはマクドナルドかもしれません。オーストラリアではMacca’s(マッカス)と呼ばれています。メニューは日本と多少異なっていて、自由にバンズや中に挟むトッピングなどを選択して自分好みのバーガーを作ることもできます。また、オーストラリアではセットではなくミールと呼びます。
現地のビッグマックの価格は5.75A$(日本円:約499.22円)。日本のビッグマックは380円なので、比較すると119円ほど差があります。オーストラリアの物価の高さがわかりますね。店内の無料Wi-Fiは、レシートで接続先を確認して利用します。ただ、人が多い時間に行くと繋がらないことも多いのでお店や利用する時間帯は選ぶようにしましょう。

Hungry Jack’s

日本やアメリカではバーガーキングと呼ばれているハンバーガーショップです。オーストラリアに出店する際、すでに同じ名前が使われているお店があったため、Hungry Jack’sという店名になりました。
Hungry Jack’sのWi-Fiには30分の利用時間の制限が設けられており、制限時間を過ぎてからもう一度繋ぐためには2時間以上待つ必要があります。またサイトの閲覧制限があるので、快適にネットサーフィンというわけにはいかないかもしれません。ちょっとした調べ物やSNSの利用くらいがちょうど良いでしょう。価格としては、ワッパー単品が5.10A$(約442.78円)、ミールのスモールサイズが+3.50A$なので、合わせると8.60A$(約746.65円)となります。このように少し高いメニューが多いですが、2.50A$(約217円)のチーズバーガーなど、比較的値段の安いメニューもあります。うまくメニューを選べば出費を抑えることが可能ですよ。

THE COFFEE CLUB

オーストラリアに多くあるコーヒーショップチェーン店です。大体のショッピングセンターなどに入っているので、探すのにそれほど苦労はしないでしょう。コーヒーはもちろん、サンドイッチなどの軽食やクッキー、ケーキなども揃っています。ホットモカは4.50A$(約390.69円)、ホットチョコレートは4.80A$(約416.74円)、紅茶は4A$(約347.28円)、ハーブティーは4.10A$(約355.96円)、カプチーノやカフェラテも4A$(約347.28円)で楽しむことができます。物価の高いオーストラリアでは比較的良心的な価格設定ですし、ショッピングセンター以外の場所にもたくさん店舗があります。すぐ見つかって気軽に利用できるところも、このお店のオススメポイントです。

TOM N TOMS COFFEE

TOM N TOMS COFFEEは、韓国発のコーヒーチェーン店です。注文時に、店員に無料Wi-Fiを利用したい旨を告げるとログインコードの記載されたレシートをくれます。そこから2時間が、無料Wi-Fiの利用可能な時間です。エッグマフィン、バナナブレッド、ベーグルなどの軽食とコーヒーを楽しみながら勉強やノマドワークをしているアジア系のお客さんも多くいます。セットメニューが豊富で、例えばアイスクリームとワッフルにコーヒーのセットなら10.95A$(約950.68円)、人気のバナナブレッドとコーヒーのセットは6.50A$(約564.33円)となっています。

海外旅行者用プリペイドSIMカード~オーストラリア編~

※文中の日本円価格表記は、1A$=86.82円(2017年2月13日現在のレート)で換算しています。

スマートフォンやWi-Fiルーターなど、対応するSIMロックフリー端末があれば比較的安くインターネットや電話が利用できます。オーストラリアで購入できる、旅行者向けのSIMプランや価格についてチェックしてみましょう。

Telstra(テルストラ)

オーストラリアの最大手通信会社、Telstra。接続範囲が広く内陸部でも安定して接続できます。TelstraのSIMカードを利用する際は、スターターキットとして2A$(約173.64円)もしくは30A$(約2,604.6円)のSIMカードを購入した上で、必要に応じてさらに自分に合ったプランを契約することになります。追加契約できるプランは、データ通信容量が3GBの場合は30A$(約2,604.6円)、6GBの場合は40A$(約3472.8円)、8GBの場合は50A$(約4341.0円)となっています。いずれも利用期間は最長28日間です。また、長期間利用する場合は、一定料金をリチャージして必要なだけのデータ通信量と通話時間を追加したり、一定期間、事前にリチャージした料金の範囲内で自由にデータ通信や電話、ショートメッセージなどを利用できるようにしたりすることもできます。
また、空港の自動販売機でTelstraのプリペイド向けモバイルルーターを購入することもできます。このモバイルルーターとスマートフォンがあれば、日本にいるときと同じようにインターネットやメールを利用できます。モバイルルーターは、$99(約8,595.18円)で5GB、30日間利用可能になっています。

Optus(オプタス)

Telstraについでオーストラリアでのシェア2位となるのが、学生やワーキングホリデーで滞在する若者の多くが利用しているOptusです。このOptusの魅力は、プリペイドプランでも各種音楽ストリーミングサービスの通信量が無料になること。これも若者に人気な理由でしょう。
OptusデータSIMには、1日あたり2A$(約173.64円)で500MBまで利用できるプランがあります。さらに2A$(約173.64円)払うとその日に使えるデータ量が500MB増えます。実際は、5日分(10A$(約868.2円))、10日分(20A$(約1,736.4円))といったように、ある程度まとまった期間分をまとめて支払うことにはなりますが、気軽に利用できるプランだと言えるでしょう。また、最長28日間使える30A$(約2,604.6円)・3GB、40A$(約3472.8円)・6GB、50A$(約4341.0円)・8.5GBのプランもあります。いずれも、Optus同士の通話やテキストメッセージの送受信が無料なので、友達同士で契約すれば気兼ねなく好きなだけコミュニケーションを取ることができます。

vodafone(ボーダフォン)

オーストラリアでのシェア3位は、イギリスの携帯会社ボーダフォンです。SIMカードのプランは、28日間有効のプランが30A$(約2,604.6円)で4GB、40A$(約3472.8円)で8GB、50A$(約4341.0円)で11.5GBが利用可能となっています。タイミングが良ければ特定のプランが半額で利用できることもあるようなので、現地到着後、公式サイトで価格をチェックしてみると良いでしょう。Optus同様、Vodafoneも、同じVodafone同士の通話やテキストメッセージの送受信は無料です。

フリーWiFiと比較したときのメリット・デメリット

渡航者でも利用できる図書館のWi-Fiやフードコートの無料Wi-Fiがあり、困ることは少なそうなオーストラリア。そんなオーストラリアでの旅行にレンタルWi-Fiは必要になるのか、レンタルWi-Fiのメリットとデメリットから見ていきましょう。

メリット

・自分専用の回線なので回線が混雑することなく快適に接続可能
・無料Wi-Fiスポットのエリアに縛られることなく、基本的にどこでも接続が途切れずに使える
・複数の接続先の登録やこまめな切り替え(繰り返しのログイン)が不要
・セキュリティがしっかりしているのでビジネス利用でも安心
・接続手順や使い方がわからなくても日本語での電話サポートが受けられる

デメリット

・レンタル費用や受取・返却の手間がかかる
・受取・宅配・返却などに手数料・送料が別途発生することがある
・利用日数でレンタル費用が決まるので使っていない間も料金が発生する
・スマホやタブレットだけでなく、レンタルWi-Fiの充電やバッテリー残量にも注意が必要
・常に持ち歩く必要があるため、荷物が少し増える

まとめ

無料スポットWi-Fiは便利ですが、図書館にもカフェにも営業時間があります。24時間営業のカフェやファストフード店の場合でも時間の制限や、回線の混雑などで接続を快適に行なえないといったケースがあります。常に接続しておきたい、Wi-Fiがないと困るという人は自分専用の回線を常に確保できるレンタルWi-Fiがおすすめです。

その他のWi-Fi利用方法とレンタルWi-Fi利用の比較

海外ローミング

日本で使っているスマートフォンを、海外でもDocomo、au、Softbankの提供するプランで利用する方法です。日本にいるときと同じ感覚で使うことができるメリットはありますが、レンタルWi-FiやプリペイドSIMと比べると、どうしても割高になります。たとえばSoftbankの場合、わずか25MB以上使うだけで2,980円/日かかってしまいます。ヘビーユーザーの人や仕事でインターネットを利用する人などは、とくに注意が必要です。

現地SIMカード

現地空港などで購入でき、比較的安く利用できます。ただしショップによっては日本語での対応が難しいことや、対応するSIMロックフリー端末に制限があって端末を別途購入する必要が出てくる場合があります。端末は中古品で6,000円~新品で20,000円などかかることもあります。原理でSIMロックフリー端末自体を調達する場合は、英語に自信がないとスムーズな調達は難しいかもしれません。SIMロックフリーの端末があるか、長期や連続渡航での滞在が必要な場合にはSIMカードを検討すると良いでしょう。

まとめ

無料Wi-Fi自体はショッピングセンターや図書館など豊富ですが、外出先でのWi-Fi利用となると時間制限が発生します。また物価も高いので現地で無料Wi-Fiカフェを探したり、SIMロックフリーの端末を調達するよりは、結果的にレンタルWi-Fiの方が安くなる可能性もあります。使用する日数が短く、移動が多いスケジュールならレンタルWi-Fiがオススメです。

海外携帯レンタル 詳細・ご予約
海外携帯レンタル 詳細・ご予約
  • イモトのWiFi
  • テレコムスクエア
  • グローバルwifi