ユーロデータwifi |海外で使える!Wi-Fiレンタル比較サイト

海外wifiをレンタルするなら【ユーロデータwifi】

ユーロデータ basicとは

ユーロデータ Basicは、ヨーロッパ各国を専門にしたレンタルWi-Fi業者です。
ヨーロッパで広く普及している2G~3G回線を利用していることで、広範囲のエリアをカバーできる安定した通信と、安価なレンタル費用が魅力です。
ヨーロッパ全域が一律価格(690円/日)で利用できるので、ヨーロッパ周遊旅行にオススメですよ。
またヨーロッパ留学などの長期滞在には、マンスリープラン(12,000円/月)を利用するとより安い価格で無制限のデータ利用ができます。

どこでも繋がる安定した通信環境

ユーロデータ basicは、ヨーロッパ各国で利用できるWi-Fiルーターのレンタルを専門としており、47ヵ国をカバーしています。
ヨーロッパでは通信モジュールが安かったこともあり、2Gがかなり広い範囲で普及しています。それと比べると、3Gや4G-LTEはまだエリア整備が完全ではありません。
そのためユーロデータ basicでは、回線の速度よりも利用可能なエリアの広さや安定した接続状態を優先して2G、3Gの回線が提供されています。

低コストでデータ使用量は無制限

SNSへの動画や写真のアップ、LINEの通話など普段からネットをよく利用するヘビーユーザーにとってデータ容量は生命線。
利用できるデータ量が少ないと、「データを使い過ぎて、まだ何日も滞在するのにWi-Fiが利用できない!」「無料WI-Fiだけで過ごさないといけない!」なんてことになることもあります。
しかし、嬉しいことにユーロデータbasicには1日の利用データ量制限がありません。しかもヨーロッパのどの国でも日額690円の定額で利用が可能です。
最大10台までWi-Fi機器の接続が可能なので、家族旅行やグループ旅行で利用するのもオススメですよ。
容量無制限なので、同時接続で何も考えず使っても制限はかかりません。
例えば、5人で使って割り勘する場合には、3日の利用でも690円✕3日÷5人=414円。つまり、一人あたり414円で利用できることになります。
定額制でデータの使い過ぎによる高額請求もされないので安心ですね。

受取返却手数料が0円

ユーロデータbasicは受取手数料や送料がかかりません。
基本的には宅配で受取・返却となり、返却の際は専用の返送用封筒を利用して返却します。
空港での受け取りも可能ですが、宅配なら出発の2日前に受け取ることができるので、当日に受け渡しの空港カウンターを探さずに済みますよ。
また、土日祝日の発送もOKなので、日程やスケジュールに合わせて受け取り方法を考えると良いでしょう。

レンタル料金一覧

中国 4G(500MB)
なし/日〜
韓国 4G(500MB)
なし/日〜
台湾 4G(500MB)
なし/日〜
タイ 4G(500MB)
なし/日〜
ハワイ 4G(500MB)
なし/日〜
アメリカ 4G(500MB)
なし/日〜
オーストラリア 4G(500MB)
なし/日〜
香港・マカオ 4G(500MB)
なし/日〜
海外携帯レンタル 詳細・ご予約
海外携帯レンタル 詳細・ご予約
  • イモトのWiFi
  • テレコムスクエア
  • JAL ABC
  • グローバルwifi
  • エクスモバイル

利用者の声

対応が丁寧 40代女性

初めての海外旅行で、Wi-ho!のレンタルWi-Fiを利用しました。 出国前に、カウンターが見つからなかったらどうしようと思っていましたが、羽田空港のカウンターもすぐ見つかりました。 設定の方法を詳しく教えてもらえたので、現地でも無事に自分で設定ができました。 現地では大体どこでも快適に繋がっていて地図も随時チェックできたので、迷子にもほとんどならずに済みましたよ。

アクセス制限も無問題 30代男性

中国へ行ったときに利用させてもらいました。 現地ではマクドナルドなどで無料Wi-Fiも利用しましたが、やはり金盾政策のためアクセスできないサイトも多く便利とは言い難かったので レンタルWi-Fiを持っていったのは正解でした。 普段から如何にSNSやLINE、ウィキペディアなどに頼って生活しているか思い知らされました笑 無料Wi-Fiと違って移動しても接続が途切れず、接続し直さなくてもいいのもありがたかったですね。

ユーロデータbasicの詳細はこちら

海外Wi-Fiの詳細とレンタル料金を調べる