イモトのWiFiを中部国際空港(セントレア)で受け取り、返却するまでの流れ

イモトのWiFiを中部国際空港(セントレア)で受け取り、返却するまでの流れ

セントレア

イモトのWiFiでルーターをレンタルする場合、宅配での受け取り以外に空港での受け取りを選ぶことができます。すべての空港で空港受取ができるわけではありませんが、中部国際空港(セントレア)では空港受取が可能です。また、受け取りと同じく、返却についても空港で行うことができます。
ここでは、中部国際空港でレンタルWi-Fiの受け取りと返却を行う場合の流れについてご紹介します。

イモトのWi-Fiについての詳細はこちら

1.レンタルの申し込み

まずは、レンタルの申し込みを行います。イモトのWiFiの申し込みはWeb上の公式サイトからのみとなっていて、電話などでは申し込むことができません。公式サイトの申し込みフォームに必要な情報を入力することで、申し込みが完了となります。それほど時間はかからず、10分程度で申し込みできます。レンタルには申し込み期限があり、空港で受け取る場合と宅配で受け取る場合で異なります。中部国際空港の場合、出発日2日前の17時が申し込み期限です。また、イモトのWiFiはクレジットカードでの前払いが基本であるため、支払いも申込時に行います。

2.中部国際空港での受け取り

出発日当日に、中部国際空港でWi-Fiルーターを受け取ります。カウンターは3階出発ロビーのチェックインカウンターPの手前に設置されています。イモトのWiFiを提供しているエクスコムの専用カウンターであるため、受け取りの際に細かい説明を受けたり、不明点を解消したりといったことができます。また、事前に予約をしていない場合でも、カウンターで当日に申し込みをすることもできます。ただし、空港にルーターの在庫がなければ利用できません。空港以外では、名鉄中部国際空港駅の改札横にもカウンターが設置されています。

なお、空港で受け取りを行う際には空港受取手数料が必要となります。この受取手数料は事前のカード決済に含まれていないため、受け取りの際に支払わなければなりません。手数料は、540円です。

3.返却

中部国際空港では、ルーターの返却を行うこともできます。返却は、受取時と同じくエクスコムのカウンターで行います。カウンターの営業時間は7時~22時となっていますが、24時間利用できる返却BOXが設置されているため、時間にかかわらず返却が可能です。

イモトのWi-Fiについての詳細はこちら

イモトのWiFiのプランはどれを選べばいい?

旅行や出張などで海外に行く際、目的地や期間はさまざまです。そのため、レンタルWiFiを利用する際には、それぞれの条件に合わせたものを選ぶ必要があります。イモトのWiFiではさまざまなプランが用意されているため、多くの状況に対応することができます。以下では、イモトのWiFiのプランについてご紹介します。

3GWiFiプラン/4GLTEプラン

3GWiFiプランは、最もスタンダードなプランです。1カ国のみ、短期間の利用であれば、料金も最も抑えることができます。3GWiFiプランは1日680円~の定額制となっているため、1日にいくらインターネットに接続しても一定の料金を支払うだけで利用できます。200カ国以上に対応していますが、申込時に申告した国以外では利用できない点には注意が必要です。
4GLTEプランは、3GWiFiプランよりも通信速度が早いプランです。3GWiFiプランに比べて対応している国が少なく、また料金も割高になりますが、理論上は3G回線の10倍の速度で通信ができます。大容量ファイルのやりとりなどを行う場合やスピーディにインターネットを利用したい場合におすすめです。

30日パックプラン

3GWiFiプランや4GLTEプランは、1日単位の定額料金制となっています。この場合、1カ月などの長期利用では料金が高くなりがちです。そうした長期利用の場合には、30日パックプランを利用することで最大で約40%OFFとなり、1日あたりの料金を大幅に抑えることができます。長期の海外出張やワーキングホリデー、留学などの際に利用するのがおすすめです。ただし、30日パックプランの料金は30日分であるため、30日を超過する分に関しては通常の料金がかかります。また、前倒しで30日未満で返却した場合でも差額の返金はできないため、その点には注意が必要です。

複数国周遊プラン

上述したプランは、いずれも1カ国で利用する場合のプランです。しかし、旅行や出張の予定によっては、2カ国3カ国と複数の国に訪れることもあります。この場合、上述のプランでは対応できません。複数国に訪れる場合には、周遊プランを利用します。
イモトのWiFiでは香港マカオ周遊プランやヨーロッパ周遊プラン、世界周遊プランなどが用意されており、予定に合わせて選ぶことができます。例えば世界周遊プランの場合、対象国であれば何カ国訪れても1日1,580円でWiFiを利用することができます。対象国は世界200カ国以上であるため、多くの国への渡航に対応できます。

このように、イモトのWiFiではさまざまなプランから自身の予定に合ったものを選ぶことができます。レンタルの申し込みをする前に、プランについても確認しておくべきです。

イモトのWi-Fiについての詳細はこちら

料金プランに関するQ&A

イモトのWiFiの料金プランはさまざまで、選ぶ際に疑問に思うこともいくつか出てきます。そうしたよくある疑問について、以下にQ&A形式でご紹介します。

課金システムはどうなっている?

イモトのWiFiの利用料金は、1日単位の定額料金制です。日本出発~帰国までの期間に対し料金が発生します。日本国内で利用する場合は、WiFiルーターが届いた日~利用終了日までが課金対象期間です。機器のレンタル料金などはかかりません。

返却が遅れた場合の延滞料は?

帰国後2日目以降に返却する場合、延滞料が発生します。1日あたり2,000円(税抜)で、延滞期間が長くなれば延滞料も加算されていきます。

補償制度とは?

イモトのWiFiでは、レンタル期間中のトラブルに対する補償制度が用意されています。盗難や紛失、汚損、破損などで弁償の必要があった場合、補償制度に加入していれば弁償代金が減額あるいは免除となります。補償制度は任意の加入となっていて、2割減額の「あんしんパック」と全額免除の「あんしんパックフル」のどちらかを選べます。

使用していない日も課金される?

イモトのWiFiは定額課金制であるため、仮に1日利用しなかったとしても利用期間中は利用料金がかかります。

受け取りの際に手数料はかかる?

宅配受取では送料が、空港受取では受取手数料がかかります。どちらも1台につき500円(税抜)です。空港受取手数料は、空港カウンターでの受取時に支払います。

予備バッテリーは必要?

イモトのWiFiでレンタルできるルーターは、電源をつないでいない状態で連続2時間~3時間程度稼動できます。それ以上の時間を外で利用する予定がある場合には、予備バッテリーやモバイル充電器の利用をおすすめします。

イモトのWi-Fiについての詳細はこちら